サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

【MDB式“2012年第9節・浦和戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★5/3(木・祝) 19:00~ J1リーグ第9節・浦和レッズ戦 (埼玉)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 17位  1勝 4分 3敗 勝点  7  7得 9失 得失 -2 」
  浦和  :「  3位  5勝 1分 2敗  勝点 16  11得 7失 得失 +4 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「 12位  1勝 3分 1敗 勝点 6  4得 3失 得失 +1 」
  浦和  :「  6位  3勝 1分 1敗 勝点 10  8得 5失 得失 +3 」


 浦和は、昨年は降格一歩手前の15位でシーズンを終えるなど、不本意な1年となってしまいました。

 そして、昨年まで広島の監督を務めていたペトロヴィッチが就任し、阿部勇樹・槙野智章・ポポなどの補強を行った今年は、開幕戦こそ監督&槙野の古巣である広島に敗れたものの、その後5試合は「4勝 1分 0敗」と好調となり、前節でも名古屋に勝利するなど、昨年とは違ったチームとなっているようです。

 選手では、新潟から移籍した昨年はチーム状態同様に不調でしたが、今年はスタメン出場した4試合中3試合でゴール(計5ゴール)と完全復活したマルシオ・リシャルデスに要注意ですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 浦和戦は、リーグ戦ホームでは「10勝 1分 10敗」と全くの五分ですが、アウェーは「12勝 3分 6敗」と大きく勝ち越しています。

 この傾向は近年は顕著となっていて、リーグ戦ホームでは現在2連敗中なのに対し、アウェーでは4連勝中&5試合負けなしと、アウェーではかなり相性良くなっているのですね。

 とはいえ、浦和戦アウェーで3試合連続ゴール中だった渡邉千真が今年はいないのが少々不安な点でしょうか。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 この試合で無得点だと、4試合連続アウェー無得点となり、「アウェー無得点」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合に勝つと........
   > 5試合“同一カード アウェー連勝”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 6試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で引き分けか負けだと........
   > 6試合連続“アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 4試合連続“同一カード アウェー得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 4試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が出場すると、Jリーグ通算200試合出場を達成します。

 谷口博之が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。


 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算152試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)を抜いてマリノス歴代単独15位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に勝利すると、リーグ戦アウェー通算150勝を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、前節でようやく初勝利をあげることができたわけですが、ここで連勝を飾ってこの勢いをさらに増していきたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:富澤清太郎、 浦和:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:小椋祥平、中町公祐、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  浦和オフィシャル

 【チケット情報】  浦和オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「MF熊谷「もうやばい…」浦和戦で緊張の初先発へ」 (5/3)
   > 「マルキーニョス、今季初のベンチ入りへ…横浜M」 (5/3)
   > 「横浜M・マルキーニョス、浦和戦で復帰へ」 (5/3)
   > 「浦和原口が予告「20歳ラストゴール」」 (5/3)

   > 「マルキーニョス 3日浦和戦で今季初ベンチ入りへ」 (5/1)
   > 「樋口監督、勝率5割戻す…横浜M」 (5/1)


 【TV中継】 (生) 5/03(木) 18:50~  Ch.801/Ch.581/Ch.181
            5/03(木) 19:00~  BS1

        (録) 5/04(金) 22:15~  J SPORTS 1
            5/04(金) 26:30~  Ch.802/Ch.582/Ch.182

            5/06(日) 06:20~  Ch.802/Ch.582/Ch.182
            5/06(日) 08:00~  J SPORTS 1

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第9節・浦和戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月29日 (日)

「ジャンプNEXT! 2012SPRING」掲載の読切作品の中で一番面白かった作品を決める投票を実施中です

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2012SPRING 2012年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2012SPRING 2012年 6/1号 [雑誌]

集英社 2012-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「少年ジャンプNEXT!(ネクスト)2012SPRING」掲載の読切作品の情報をまとめた記事を先日書きましたが(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」)、その中で、一番面白かった作品を決める投票を実施しています。

 その投票ですが、利用している投票サイトの機能では1つの投票に付き6項目までしか作れないので、新人読切作品を2つに分けて第1~2試合と銘打ち、それぞれの1&2位作品(計4作品)とシード2作品(連載経験作家の作品「食戟のソーマ」「四海演武」)の計6作品で決勝戦実施、という方式で行うことにしました。

 第1~2回戦→決勝戦と2度に分けてのアンケートということで、投票数が伸びない可能性が高いため、こうして投票専用の記事を改めて書いてみたのです。

 ちなみに、各読切漫画の説明を簡単に書いてみますが、詳しい内容(というほどでもないかもしれないけど)は週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」をご覧ください(そちらでもこの記事と同じアンケートに投票できます)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


[ シード作品 (連載経験作家の作品) ]

 ★ 食戟のソーマ / 附田祐斗×佐伯俊
              ・料理学校天才対決料理バトル漫画

 ★ 四海演武 / 松本直也
              ・中華武術会剣戟バトル漫画


[ 新人読切作品 ]

 ★ たこあし配線ストリングス / 仙洞田寛
              ・運命の赤い糸学園バトルコメディ漫画

 ★ 時間支配者 / 彭傑
              ・時よ戻れ願望SFサスペンス漫画

 ★ マトリトワーク / 中村充志
              ・夏休み小学生宿題解決ファンタジー漫画

 ★ 機械仕掛けの神父様 / 権平ひつじ
              ・科学vs教会ファンタジーアクション漫画

 ★ 俺と俺と俺と俺の未来 / 大西遼二
              ・未来の俺との人生選択SFコメディ漫画

 ★ ベタプリ / 三原すばる
              ・漫画家&アシスタントのベタギャグ漫画

 ★ 恋愛銀河区石川荘 / 宮島京平
              ・ヒーロー対決純情ラブコメ漫画

 ★ ユミルの魔人 / 石山諒
              ・ゴーレムバトルファンタジー漫画

 ★ メフィーにお願い(性的な意味で) / 木下真太郎
              ・エロで魔力充填マジカルラブコメ漫画

 ★ ニャンキー番長 / 長澤雅
              ・猫使い番長ヤンキーギャグ漫画

 ★ 怪獣の住家 / 赤嶺直樹
              ・不良の巣窟潜入学園青春漫画

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 決勝戦の結果 】

  第1~2試合(下記参照)の各1・2位作品と
  シード作品(連載経験作家作品「食戟のソーマ」「四海演武」)の
  計6作品による決勝戦

 * 投票受付期間:2012.5.1~5.6
 Next2012spr3

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【 第1試合の結果 】

 * 投票受付期間:2012.4.28~4.30
 Next2012spr1


 【 第2試合の結果 】

 * 投票受付期間:2012.4.28~4.30
 Next2012spr2

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2012年のジャンプ増刊」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT! 2012AUTUMN」 (12.10.9)
  > 「ジャンプNEXT! 2012AUTUMN」の中で
           一番面白かった読切作品を決める投票を実施中です (12.10.10)

  > 「ジャンプNEXT! 2012SUMMER」 (12.8.11)
  > 「ジャンプNEXT! 2012SUMMER」の中で
           一番面白かった読切作品を決める投票を実施中です (12.8.11)

  > 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」 (12.4.28)
  > 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」掲載の読切作品の中で
           一番面白かった作品を決める投票を実施中です (12.4.29)

  > 「ジャンプNEXT! 2012WINTER」 (11.12.26)
  > 「ジャンプNEXT! 2012WINTER」掲載の読切作品の中で
           一番面白かった作品を決める投票を実施中です (11.12.26)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
     にほんブログ村       にほんブログ村

【MDB式“2012年第8節・神戸戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★4/28(土) J1リーグ第8節・ヴィッセル神戸戦 (日産ス)


  ○3-1 (前半0-0、後半3-1)  主審:松尾一  観衆:21,045人

  .<得点> 0-1 大屋翼    (神戸・57分)
          1-1 小野裕二  (横浜・71分)
          2-1 谷口博之  (横浜・73分)
          3-1 中澤佑二  (横浜・77分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 富澤清太郎が、この試合2度目の警告を受けて退場となったため、5月3日に行われるJ1リーグ第9節・浦和レッズ戦は出場停止となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 栗原勇蔵が、Jリーグ通算200試合出場にリーチとなりました。

 谷口博之が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなりました。


 ドゥトラが、マリノス所属時リーグ戦通算151試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)と並びマリノス歴代15位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード ホーム連勝」記録 > 4連勝 達成 <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「同一カード ホーム負けなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>


  ・「同一カード ホーム得点」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「勝ちなし」記録 > 10試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「ホーム勝ちなし」記録 > 9試合連続 でストップ <マリノス歴代 記録更新>


  ・「同一カード ホーム無失点」記録 > 3試合連続 でストップ <マリノス歴代 2位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 21,054人

  > ヴィッセル神戸戦ランキング ベスト・4位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、チャンピオンシップ)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第8節終了時 : 15位 (前節 17位)
         < 1勝 4分 3敗  勝点 7 得点 7 失点 9 得失点差 -2 >

 最近5試合(第4~8節) 順位 : 12位 (前節 16位)
         < 1勝 3分 1敗  勝点 6  得点 4 失点 3 得失点差 +1 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「4/28 ヴィッセル神戸戦フォトレポート

 (フォトレポートブログ) 「4/28 ヴィッセル神戸戦イベントフォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「横浜FMが『全員の献身』で初勝利!
                神戸は小川の活躍が光るも連勝ならず


 (カナロコ) 「11戦目でようやく/神戸戦から

 (カナロコ) 「谷口、値千金決勝弾/神戸戦から

 (カナロコ) 「樋口監督「この勝利をきっかけにしたい」/神戸戦から

 (カナロコ) 「初代社長しのび喪章着けプレー/神戸戦から

 (スポニチ) 「今季11戦目でやっと…横浜 お待たせ初勝利!

 (日刊スポーツ) 「横浜8戦目やっと勝った

 (スポーツ報知) 「今季公式戦11試合目で初勝利!3発逆転だ!!

 (サンスポ) 「横浜M、やっと勝った!6分間で3発逆転

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第8節・神戸戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月28日 (土)

【天皇賞・春(2012年)>予想&結果】

< 4月29日に行われる天皇賞・春(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇賞(春)】

 このレースを予想するうえでまずは、前走・阪神大賞典で大きく逸走しながら半馬身差2着まで追い込んできた、今回も断然人気になる4冠馬・オルフェーブルを、軸にするのかどうかを考えねばなりません。

 それでまあ、この馬が来たとしても3連複ではあと2枠も残っているため、他の馬を軸にしてその分を広く買おうかとも思っていましたが、でも結局はやはり、前走でまた別の角度から破格の強さを証明し、東スポの調教評価が高いなど今回も状態が良さそうなオルフェーブルを、素直に◎にすることにしました。

 ただこの馬を軸にするともちろんオッズは低くて、とはいえ人気所相手の数点を買うのもつまらないので、ここはちょっと捻って、オルフェーブルとそれに次ぐ人気となっている3頭(ウインバリアシオン・トーセンジョーダン・ギュスターヴクライ)による組み合わせ計3点はあえて外して、このレースの実績馬3頭(ジャガーメイル・ヒルノダムール・ナムラクレセント)が少なくとも1頭は絡まないと当たらない買い方でいってみましょう。


  ◎ オルフェーブル / 池添謙一 (18)
  ○ ギュスターヴクライ / 蛯名正義 (8)
  ▲ ジャガーメイル / 四位洋文 (5)
  △ ヒルノダムール / 藤田伸二 (15)
  △ ナムラクレセント / 和田竜二 (3)
  △ トーセンジョーダン / 岩田康誠 (16)
  △ ウインバリアシオン / 武豊 (11)

  << 3連複:◎-○▲△(8-11-18、8-16-18、11-16-18は除く) >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ビートブラック     石橋脩  14
 2着 16 △ トーセンジョーダン  岩田康誠 3
 3着 11 △ ウインバリアシオン 武豊    2
 4着 5  ▲ ジャガーメイル    四位洋文  9
 5着 8  ○ ギュスターヴクライ 蛯名正義  4

11着 18 ◎ オルフェーブル    池添謙一  1


 ◎オルフェーブルは、ほぼ最後方に控えた時点でかなり不安になりましたが、案の定な内容&結果となってショックでしたね.....。

 今後のレースでこの馬らしい走りを取り戻してくれればよいのですが.....。


  (3連複:1-11-16 971.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 3/17  17.6%  -28,700円   43.7%

☆12年通算 > 19/69  27.5%   +6,800円  103.3%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●○●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【青葉賞(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【かしわ記念(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2012SPRING 2012年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2012SPRING 2012年 6/1号 [雑誌]

集英社 2012-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “週刊少年ジャンプ読切!”シリーズの外伝的な感じで、この「少年ジャンプNEXT!(ネクスト)2012SPRING」(2012年4月28日発売)に収録されている読切作品とその漫画家の情報をまとめてみようと思います。

 なお、漫画家&作品の情報に関しては、徐々に追記していく予定です。


 ちなみに、この記事の下の方で、面白かった作品に投票するアンケートを実施しているので、どうぞご参加ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ 食戟のソーマ / 附田祐斗×佐伯俊

【 附田 祐斗 (つくだ・ゆうと)】

 ・「牙になる」で“十二傑新人漫画賞”(2006年1月)の十二傑賞を受賞

 ・「牙になる」が“赤マルジャンプ2006SUMMER”に掲載されてデビュー

 ・「57th -フィフティセブンス-」が“赤マルジャンプ2008WINTER”に掲載

 ・「少年疾駆」(2010年)で連載デビュー
  >> 週刊少年ジャンプ新連載! 「少年疾駆」 附田祐斗
  >> <JC1巻買い> 「少年疾駆」 附田祐斗

 ・そして本作に至ります


【 佐伯 俊 (さえき・しゅん) 】

 ・「キミと私の恋愛相談」が“ジャンプNEXT! 2011SPRING”に掲載されてデビュー
  >> 週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SPRING」

 ・そして本作に至ります

 ・成人向け漫画雑誌“COMIC快楽天”などで活躍していた
   tosh(とっしゅ)の別名なのではないかとの噂も


【 食戟のソーマ (しょくげきの・ソーマ)】

 ・料理学校天才対決料理バトル漫画

 ・主人公:遠月茶寮料理学園の最高責任者・薙切えりな
        遠月茶寮料理学園の編入生・幸平創真

 ・卒業できれば一生料理界に君臨できる超名門の遠月茶寮料理学園。
  学園総帥の孫娘であり、生徒にして最高責任者に抜擢された薙切えりな。
  最上の舌を持つ学園の女王に対して、失礼な態度を取る編入生が現れて.....。

 ・煽り文
    この「手」が創る! この「手」が開く!! 新たな料理の可能性!!
    ☆天才と天才はぶつかり合い、さらなる高みへ!
                超熱闘料理バトル読切巻頭カラー50P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ たこあし配線ストリングス / 仙洞田寛

【 仙洞田 寛 (せんどうだ・ひろし) 】

 ・「幸助の恋」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年12月期)”の最終候補

 ・そして本作にてデビューとなりました


【 たこあし配線ストリングス (たこあし・はいせん・ストリングス) 】

 ・運命の赤い糸学園バトルコメディ漫画

 ・主人公:神野を好きな男子高校生・進藤
        誰からも愛される女子高校生・神野千子

 ・神野を好きな気持ちを表に出せない進藤は、
  念願叶って神野と同じ恋ケ滝高校に合格。
  しかし運命の赤い糸が神野と繋がった他の入学者達とバトル勃発.....。

 ・煽り文
    運命の赤い糸、大増量中!?
    ☆あの娘(こ)のハートは誰の手に!? 運命の人争奪バトルコメディ45P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ 時間支配者 / 彭傑

【 彭傑 (ポンジェー) 】

 ・台湾で漫画家として活動(台湾人)

 ・「KIBA&KIBA」(漫画担当、原作:稲垣理一郎)が
             “本誌2010年30号”に掲載されジャンプデビュー
   >> 週刊少年ジャンプ読切! 「KIBA&KIBA」 稲垣理一郎 彭傑

 ・そして本作に至ります(単独作品としては初掲載)


【 時間支配者 (クロノス ルーラー) 】

 ・時よ戻れ願望SFサスペンス漫画

 ・主人公:謎の少年・七霧榊
       交通事故で足を怪我した過去を持つ女子学生・小雪

 ・大時計台の下で強く願えば時間が巻き戻ると噂の永夜町。
  この町に住む小雪は、怪我の影響でダンス部の公演に参加できず後悔の日々。
  そんな小雪の前に、謎の少年・七霧榊が現れて.....。
  

 ・煽り文
    時よ戻れ――お前は美しい!!
    ☆失った心の隙間に忍び寄るは神か悪魔か!?
          加速する時間幻想(タイムファンタジー)奇譚読切47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ マトリトワーク / 中村充志

【 中村 充志 (なかむら・あつし) 】

 ・「ニュルンベルクの川下り」で“ストキン炎ネーム部門(第3回)”の最終候補

 ・「代打中島」が“赤マルジャンプ2009SUMMER”に掲載されデビュー
   >> 週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009SUMMER」

 ・そして本作に至ります


【 マトリトワーク 】

 ・夏休み小学生宿題解決ファンタジー漫画

 ・主人公:自分が楽しむことが全てな小学生・的山吏介(マトリ)
       無口なクラスメート・高野彩子

 ・マトリの周りで、壊れた笛やエプロンが武器に変化する不思議な出来事が。
  犯人と噂される高野の家を訪れると、実は高野は魔族だったことが明らかに。
  人間界で修行中の高野の宿題を、マトリも手伝うことに.....。

 ・煽り文
    さぁ、夏休みを始めよう――
    ☆最終9回で決めろ、最高の夏休み!! ド田舎系満塁ファンタジー読切47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ 機械仕掛けの神父様 / 権平ひつじ

【 権平 ひつじ (ごんだいら・ひつじ) 】

 ・「IBIS」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年1月)”の佳作を受賞
    この作品はWeb掲載されています
        → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 ・「チャコの脱獄論」が“ジャンプNEXT! 2011SUMMER”に掲載されデビュー
   >> 週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SUMMER」

 ・そして本作に至ります


【 機械仕掛けの神父様 (きかいじかけの・しんぷさま) 】

 ・科学vs教会ファンタジーアクション漫画

 ・主人公:化物みたいな容姿の神父・コルマ=グレゴリウス
       科学を学ぶ医者見習い少女・ノア=パウルス

 ・大戦後に、宗教による科学への弾圧が激化した世界。
  自分で調合した治療薬を町民に贈与していたノアが、
  ボルド教会の人間に襲われたその時、コルマ神父に助けられて.....。
  

 ・煽り文
    ☆その男、悪魔か天使か――
         今導かれる真実の道!! 異端ファンタジー読切47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ 俺と俺と俺と俺の未来 / 大西遼二

【 大西 遼二 (おおにし・りょうじ) 】

 ・別名義にて“手塚賞”を受賞

 ・そして本作にてデビューとなりました


【 俺と俺と俺と俺の未来 (おれと・おれと・おれと・おれの・みらい)】

 ・未来の俺との人生選択SFコメディ漫画

 ・主人公:

 ・

 ・煽り文
    掴め! 純白の未来!!
    ☆アイツもコイツも俺だらけ!? 未来選択メタSFコメディ読切47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ 四海演武 / 松本直也

【 松本 直也 (まつもと・なおや) 】

 ・「ネコロマンサー」で“ジャンプ十二傑新人漫画賞(2005年6月期)”の十二傑賞を受賞

 ・「ネコロマンサー」が“赤マルジャンプ2006WINTER”に掲載されデビュー

 ・「ROOM STRANGER」が“赤マルジャンプ2006SUMMER”に掲載

 ・「魔女になった少年」が“赤マルジャンプ2007SPRING”に掲載

 ・「ねこわっぱ!」が“本誌2009年27号”に掲載され本誌デビュー

 ・「ねこわっぱ!」(2009-2010年)で連載デビュー
  >> 週刊少年ジャンプ新連載! 「ねこわっぱ!」 松本直也
  >> <JC1巻買い> 「ねこわっぱ!」 松本直也

 ・そして本作に至ります


【 四海演武 (しかい・えんぶ) 】

 ・中華武術会剣戟バトル漫画

 ・主人公:

 ・


 ・煽り文
    ――血戦の舞台は中華の地! "超弩級剣戟バトル"いざ開戦――!!
    ☆求める名は天下無双!! 超時代剣戟アクション読切Cカラー49P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ ベタプリ / 三原すばる

【 三原 すばる (みつはら・すばる) 】

 ・「オシャレorダイ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年2月期)”の最終候補

 ・「DOORCONBOURO -ドア、こん棒、炉-」で“赤塚賞(2011年下半期)”の佳作を受賞

 ・「DOORCONBOURO -ドア、こん棒、炉-」
             代原として“本誌2012年16号”に掲載されデビュー
  >> 週刊少年ジャンプ読切! 「DOORCONBOURO -ドア、こん棒、炉-」 三原すばる

 ・そして本作にて正式にデビューとなりました


【 ベタプリ 】

 ・漫画家&アシスタントのベタギャグ漫画

 ・主人公:

 ・
  

 ・煽り文
    ☆ベタのベタによるベタのためのベタと見せかけたシュール気味ギャグ読切15P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ 恋愛銀河区石川荘 / 宮島京平

【 宮島京平 (みやじま・きょうへい) 】

 ・「GOD LUCK!」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年5月期)”の佳作を受賞
    この作品はWeb掲載されています
        → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 ・そして本作にてデビューとなりました


【 恋愛銀河区石川荘 (れんあい・ぎんがく・いしかわそう) 】

 ・ヒーロー対決純情ラブコメ漫画

 ・主人公:

 ・
  

 ・煽り文
    地球の未来を守るため 宇宙級(スケール)でラブコメろ!!
    ☆気になるお隣さん(アイツ)は生涯のライバル!?
              四畳半系宇宙戦争ラブコメディ読切47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ ユミルの魔人 / 石山諒

【 石山 諒 (いしやま・りょう) 】

 ・「デコ・ボコ モンスター」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年11月期)”の
                               佳作&久保帯人先生特別賞を受賞
    この作品はWeb掲載されています
        → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 ・そして本作にてデビューとなりました


【 ユミルの魔人 (ユミルの・まじん) 】

 ・ゴーレムバトルファンタジー漫画

 ・主人公:

 ・
  

 ・煽り文
    生きるからには 自分の全てをつぎ込んで クールに行こうぜ――
    ☆その男の名はハンプティ!! ド迫力ゴーレムバトルファンタジー読切47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ メフィーにお願い(性的な意味で) / 木下真太郎

【 木下 真太郎 (きのした・しんたろう) 】

 ・別名義にて“手塚賞”を受賞

 ・そして本作にてデビューとなりました


【 メフィーにお願い(性的な意味で) (メフィーに・おねがい・せいてきな・いみで 】

 ・エロで魔力充填マジカルラブコメ漫画

 ・主人公:

 ・
  

 ・煽り文
    おいでませ!! 俺の魔法少女!!
    ☆キミの願いを叶えちゃう!? ちょっとエッチな欲望系 マジカル☆コメディ読切45P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ ニャンキー番長 / 長澤雅

【 長澤 雅 (ながさわ・みやび) 】

 ・受賞歴はなし

 ・そして本作にてデビューとなりました


【 ニャンキー番長 (ニャンキー・ばんちょう) 】

 ・猫使い番長ヤンキーギャグ漫画

 ・主人公:

 ・
  

 ・煽り文
    ☆最強ヤンキーに秘密アリ!? キャット驚く新感覚番長ギャグ17P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ 怪獣の住家 / 赤嶺直樹

【 赤嶺 直樹 (あかみね・なおき) 】

 ・「嵐のち君」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2010年6月期)”の佳作を受賞
    この作品はWeb掲載されています
        → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 ・そして本作にてデビューとなりました


【 怪獣の住家 (かいじゅうの・すみか 】

 ・不良の巣窟潜入学園青春漫画

 ・主人公:

 ・
  

 ・煽り文
    ――笑え、世界を変えるため。
    ☆いざ潜入、不良の巣窟!! 青春グラフィティー読切47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 決勝戦の結果 】

  第1~2試合(下記参照)の各1・2位作品と
  シード作品(連載経験作家作品「食戟のソーマ」「四海演武」)の
  計6作品による決勝戦

 * 投票受付期間:2012.5.1~5.6
 Next2012spr3

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【 第1試合の結果 】

 * 投票受付期間:2012.4.28~4.30
 Next2012spr1


 【 第2試合の結果 】

 * 投票受付期間:2012.4.28~4.30
 Next2012spr2

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2012年4月27日 (金)

【青葉賞(2012年)>予想&結果】

< 4月28日に行われるテレビ東京杯青葉賞(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【テレビ東京杯青葉賞】

 ここは断然の1番人気となりそうなフェノーメノを◎にしてみましょう。

 これまで4戦して掲示板外が2レースもありますが、ホープフルSは7着ながら0.3秒差、弥生賞は6着ながら0.4秒差と、着順の印象ほどの差はありませんでしたからね。

 それに東京ですでに2勝しているのは強みだと思うし、東スポの調教評価も高いので、素直にこの馬に期待してみることにしました。

 軸が人気馬な分、相手はやや穴狙い目でいってみましょう。


  ◎ フェノーメノ / 蛯名正義 (7)
  ○ サトノギャラント / 横山典弘 (5)
  ▲ タムロトップステイ / 北村友一 (8)
  △ ミルドリーム / 後藤浩輝 (15)
  △ カポーティスター / 田辺裕信 (13)
  △ ジャングルクルーズ / 内田博幸 (1)
  △ ステラウインド / 吉田豊 (10)
  △ ダノンゴールド / 三浦皇成 (17)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7  ◎ フェノーメノ      蛯名正義  1
 2着 12    エタンダール     松岡正海 10
 3着 10 △ ステラウインド    北村宏司 13
 4着 16    ヤマニンファラオ  藤田伸二  8
 5着 8  ▲ タムロトップステイ 北村友一  5


 ◎フェノーメノは期待に応えてくれましたが、2着馬が抜けてしまいました.....。

 3着に入った13番人気馬を押さえていただけに、当てたいところでしたが.....。


  (3連複:7-10-12 485.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 3/16  18.8%  -25,700円   46.5%

☆12年通算 > 19/68  27.9%   +9,800円  104.8%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●●○●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【しらさぎ賞(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【天皇賞・春(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

「このミス2012年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(6-10位)

 「このミステリーがすごい!2012年版」が発売されて早くも4ヶ月以上が経ったので、上位にランクインした作品を読んでみた方も多いのではないでしょうか。

 ただ、ランクインした作品を読んでいくだけというよりも、読んで面白かった作品にタイプが近い本を読んでいく、という方が、どんどんと読む本・好きな本が広がっていくと思うのです。

 なので、「このミス2012年版」のベスト10にランクインした作品にタイプの近いところがある作品を、過去の「このミス」にランクイン(したりしなかったり)した本の中から選んで、「数珠つなぎオススメ本ガイド」として紹介してみたいと思います。

 ただ、1作品につき2作品ずつ紹介していく形なので、“数珠つなぎ”とはいえないかもしれませんが、この企画を何年も続けていけば自然と数珠のように繋がっていくのではないか、ということでご勘弁ください。

 ちなみに、ほとんど同じようなタイプの作品のみを紹介するのはさすがに無理なので、一部分で繋がりのある作品を紹介するような形となります。

 そのため、必ずしも読んだ人が面白く感じた部分がつながっているとは限らないので、その点をご了承した上で参考にしてみてください。


 *タイトル部分のリンク先は、Amazonの詳細ページです

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   6位 : 消失グラデーション / 長沢樹  <感想記事はこちら>


 横溝正史ミステリ大賞受賞作でもある本作は、高校での転落事故(事件)が重要な役割を果たすので、同じように校内での転落事故(事件)が取り扱われた作品を紹介してみましょう。

 まずは、2011年版9位の「アルバトロスは羽ばたかない」。児童養護施設を舞台にしたシリーズの2作目ですが、施設の生徒たちが通う高校での転落事故の謎を探っていく話が、凝った構成で語られていきます。

 2冊目は、1992年版12位の「秋の花」。日本の日常の謎系ミステリの先駆者的存在の“円紫さんと私シリーズ”の3作目である本作は、シリーズ前2作とは作品の傾向がガラリと変わっていて、女子高生の転落死の謎に迫る長編となっています。


  アルバトロスは羽ばたかない / 七河迦南  <感想記事はこちら>

  秋の花 / 北村薫


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   7位 : メルカトルかく語りき / 麻耶雄嵩  <感想記事はこちら>


 謎解き本格ミステリの常識を覆す真相が導き出されるアンチミステリ的作品集ですが、今年は「このミス」にランクインこそしなかったものの同じ講談社ノベルスから似たタイプの異端派本格ミステリ作品が発表されているので、その2作品を紹介してみましょう。

 まずは、「虚構推理 鋼人七瀬」。「本ミス」では4位にランクインした本作は、都市伝説に対し合理的な解釈をぶつけることで解決に導くという、異色の推理が展開されていきます。

 2冊目は、「密室殺人ゲーム・マニアックス」。“密室殺人ゲームシリーズ”の3作目となりますが、今回は外伝的作品ということもあり、「メルカトルかく語りき」と似たタイプの実験的トリックが仕掛けられた作品も収録されています。


  虚構推理 鋼人七瀬 / 城平京

  密室殺人ゲーム・マニアックス / 歌野晶午  <感想記事はこちら>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   8位 : 警官の条件 / 佐々木譲  <感想記事はこちら>


 No.200「警官の血」(2008年版1位)に次いでベスト10入りとなったシリーズ2作目なので、2012年版までにおいてシリーズ全作品が「このミス」でベスト10入りしている佐々木譲のシリーズ(の1作目)を紹介してみましょう。

 まずは、“駐在警官・川久保篤シリーズ”。1作目の「制服捜査」が2位、2作目の「暴雪圏」が8位と、やはり評価の高い警察小説シリーズです。

 続いては、“第二次世界大戦秘話三部作”。1作目の「ベルリン飛行指令」が4位、2作目の「エトロフ発緊急電」も4位、3作目の「ストックホルムの密使」が2位と、全作品が4位以上というハイアベレージなシリーズです。


  制服捜査 / 佐々木譲  <感想記事はこちら>

  ベルリン飛行指令 / 佐々木譲  <感想記事はこちら>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   9位 : 心に雹の降りしきる / 香納諒一  <感想記事はこちら>


 破滅へと向かっていくハードボイルド刑事小説なので、警察官(刑事)が主人公の破滅系&ハードボイルド系作品を紹介してみましょう。

 まずは、同年(2012年版)16位の「引擎 ENGINE」。一匹狼刑事の主人公が狂気をまといながら捜査を行っていく、かなり硬派なハードボイルド作品です。

 2冊目は、2008年版14位の「悪果」。極道以上に極悪な刑事コンビが、関西弁での小気味良い会話と共に暴れまくる犯罪系警察小説です。


  引擎 ENGINE / 矢作俊彦  <感想記事はこちら>

  悪 果 / 黒川博行  <感想記事はこちら>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   9位 : 機龍警察 自爆条項 / 月村了衛  <感想記事はこちら>


 機龍兵などが登場するSF警察小説なので、「このミス」にランクインした近未来が舞台のSF的作品を紹介してみましょう。

 まずは、2006年版16位の「シャングリ・ラ」。多層階空中都市が建設された近未来の東京を舞台にド迫力なアクションが繰り広げられる、一大SFエンタメ大作です。

 2冊目は、2004年16位の「マルドゥック・スクランブル」。SF度がかなり高い近未来舞台設定ですが、その破壊力抜群のアクションシーンに、緊張感が張り詰めるギャンブルシーンなど、「このミス」で評価されたのも大いに納得のジャンルを超えたSFエンタメ大作です。


  シャングリ・ラ / 池上永一

  マルドゥック・スクランブル / 冲方丁  <感想記事はこちら>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「このミス2012年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(1-5位) <<<


 【「数珠つなぎオススメ本ガイド」関連記事】

  > 「このミス2012年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(1-5位) (12.3.9)

  > 「このミス2011年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(1-5位) (11.1.12)
  > 「このミス2011年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(6-10位) (11.1.23)

  > 「このミス2010年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(1-5位) (10.2.14)
  > 「このミス2010年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(6-10位) (10.11.29)


 【「このミステリーがすごい!2012年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2012年版」ランキング(順位)予想 (11.11.3)

  > 「このミス2012年版」上半期のランクイン候補作品 (10.12.1)
  > 「このミス2012年版」下半期のランクイン候補作品 (11.5.18)

  > 「このミス2012年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (11.10.30)
  > 「このミス2012年版」投票者なりきりベスト6 (11.11.19)

  > 「このミステリーがすごい!2012年版」 (11.12.8)
  > 「2012 本格ミステリ・ベスト10」 (11.12.6)

  > 「このミス2012年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (11.12.10)
  > 「このミス2012年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (11.12.12)
  > 「このミス2012年版」対象作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (11.12.16)

  > 「この"ランク外作品"がすごい!2012年版」 (11.12.19)

  > 「このミス2012年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(1-5位) (12.3.9)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年4月26日 (木)

【MDB式“2012年第8節・神戸戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★4/28(土) 16:00~ J1リーグ第8節・ヴィッセル神戸戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 17位  0勝 4分 3敗  勝点 4  4得  8失 得失 -4 」
  神戸  :「 11位  3勝 0分 4敗  勝点 9  8得 12失 得失 -4 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「 16位  0勝 3分 2敗 勝点 3  1得 3失 得失 -2 」
  神戸  :「 17位  1勝 0分 4敗 勝点 3  3得 9失 得失 -6 」


 野沢拓也・橋本英郎・田代有三・高木和道らレギュラークラスの補強を行った今シーズンの神戸は、開幕戦をG大阪相手に勝利で飾ると、続く第2節も札幌相手に勝利と、2連勝という絶好のスタートとなりました。

 しかし第3節以降は、好調チームとの対戦が続いたこともあってか、4試合連続無得点&4連敗と、一転して結果の出ない状況となってしまいました。

 とはいえ前節では、相手の主力中の主力である2人(レアンドロ・ドミンゲス&酒井宏樹)が出場停止で欠場していて、さらには圧倒的にゲームを支配されていたとはいえ、昨年のリーグチャンピオンである柏に3-1で勝利しているので、再び勢いを取り戻していそうで怖いですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 神戸戦は、リーグ戦アウェーでは「5勝 5分 4敗」と五分なのに対し、ホームでは「8勝 3分 3敗」と勝ち越していて、現在リーグ戦ホーム3連勝中と、ホームでの相性は良い感じです。

 近年の対戦成績としては、神戸がJ1に復帰した2007年から2年間は勝ちがなく(0勝 2分 2敗)相性は悪かったですが、2008年第24節以降は前回の対戦(昨年の第21節)で敗れるまで公式戦9試合負けがなく(4勝 5分 0敗)、逆に相性は良くなっていました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 この試合で負けか引き分けだと、11試合連続勝ちなしとなり、「勝ちなし」のマリノス歴代新記録を達成します。

 この試合で負けか引き分けだと、10試合連続ホーム勝ちなしとなり、「ホーム勝ちなし」のマリノス歴代記録を更新します。


 ★今回の試合に勝つと........
   > 4試合“同一カード ホーム連勝”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 5試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で引き分けか負けだと........
   > 11試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 新記録達成)
   > 10試合連続“ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 記録更新)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 10試合連続“同一カード ホーム得点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 4試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が出場すると、Jリーグ通算200試合出場にリーチとなります。

 谷口博之が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなります。


 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算151試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、3月の開幕以来2ヶ月近くも勝ちがないわけですが、なんとか5月に入る前に初勝利をあげておきたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 神戸:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:小椋祥平、中町公祐、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「谷口、4試合ぶりベンチ入り…横浜M」 (4/28)
   > 「俊輔、ボランチも!悪い流れ止める」 (4/28)
   > 「横浜 天気を味方に今季初勝利を目指す!」 (4/28)
   > 「神戸 DF北本で巻き返す!5試合ぶりの先発復帰濃厚に」 (4/28)

   > 「栗原、強行出場へ「痛がっている場合ではない」」 (4/27)
   > 「痛がってられん!横浜M・栗原、強行出場へ」 (4/27)
   > 「【神戸】森岡が大久保代役でFW先発へ」 (4/27)
   > 「神戸17歳DF岩波をPSV獲得も」 (4/27)

   > 「マルキーニョス合流 得点力不足解消へ28日復帰も」 (4/25)
   > 「腰痛のマルキーニョス、全体練習合流…横浜M」 (4/25)
   > 「横浜M・マルキ、全体練習に復帰」 (4/25)
   > 「大久保 右足関節捻挫で離脱、復帰は7月見込み」 (4/25)

   > 「横浜 MF中町は全治4~6週間 」 (4/24)
   > 「木村前監督「理想と現実違う」0勝の横浜Mへカツ!」 (4/24)
   > 「横浜マリノス元社長・高木孝一氏死去」 (4/24)

   > 「横浜M、練習試合で勝利「雰囲気も変わる」」 (4/23)

   > 「【横浜】練習試合で控え組が東京に勝つ」 (4/22)


 【TV中継】 (生) 4/28(土) 13:50~  Ch.801/Ch.581/Ch.181

        (録) 4/29(日) 07:40~  Ch.584/Ch.184
            4/29(日) 10:15~  J SPORTS 1
            4/29(日) 18:20~  Ch.802/Ch.582/Ch.182

            5/01(火) 11:15~  J SPORTS 1

            5/02(水) 04:00~  BS241/Ch.585/Ch.185
            5/02(水) 19:00~  Ch.800/Ch.580/Ch.180

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第8節・神戸戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月25日 (水)

「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」プレイリスト(2012年3月)

 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」Podcastの、2012年3月のプレイリストです

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

  / 配信日 / 収録時間 / “タイトル” /

 リスナー名は敬称略で失礼します


 NEXT >>> プレイリスト(2012年4月)

 プレイリスト(2012年2月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2012年 3月 】

03/07 41:59 “江角さんのコーナーが終了”

[オープニングトーク]
 ・「爆笑問題カーボーイ」の
  "過去の裏番組パーソナリティ呼ぶ企画"に呼ばれず
 ・ミミズグチュグチュにそろそろテコ入れをお願いする
 ・勝ち加藤から本当に話しかけられなくなる
 ・「レコメン」の企画をスタジオだけの盛り上がりと指摘

[貴族のフリートーク]
 ・男爵がアイデア料理(パンドウィッチ)を披露した
  「サタネプ☆ベストテン」を観た三世代同居からのメール
 ・評価したがるリスナーやネット住民の人間性に苦言
  (三世代同居よりも人間として上だと主張)
 ・ウノTに「レコメン」1st作家になっても
  腕が上がったわけではないと指摘
 ・大関マネは最近ウノTを"弟"と呼んでいる
 ・ケンキさんは箱根旅行の前日にR-1初戦(2回戦)で落ちていた
 ・ケンキさんは気持ちを切り替えるための箱根旅行だった
  (2回戦で落ちたのは「ONE PIECE」ネタ
   →箱根で乗った船が海賊船)

[教えて! 山田ルイ53世がセクシー女優に聞きたい10の質問~!!]
 ・ゲスト:成瀬心美(ここみん)
 ・2度目の登場
 ・「スカパー! アダルト放送大賞」の女優賞を受賞
 ・知人から"ルネラジのダウンロードに時間かかる"と言われる
 ・ユニット"me-me"でCDデビュー
  (レコード会社が決まる前にお披露目)
 ・"me-me"は"マル・マル・モリ・モリ"を作った人がプロデュース
 ・男爵はAVでは騎乗位が一番好き
  (長瀬愛の騎乗位が好きだった)
 ・受賞時の心境を語る
 ・男爵はファンになった葵つかさが受賞せずにガッカリ
  (ここみんが受賞直後に葵つかさに"尊敬してます"と言われる)
 ・自分と葵つかさとでテンションが違う男爵に怒る

[江角さんのコーナー]
  〈自分より小食な彼氏に悩む相談者に...〉
  〈血液型で人を判断〉
  〈旦那に暴力受けている相談者に...〉
  〈付き合う人がいつもゲイな相談者に...〉
  〈美大生に...〉

 ・バレーに打ち込んできた江角さんが
  恋愛について分かるわけないと断言
 ・ミミズグチュグチュに
  このコーナーより他番組での宣伝に力を入れるようお願い
 ・読むのに演技力が試されるネタに困る
 ・「ニコジョッキー」は肩の力を抜いた全く力の入っていない仕事
 ・「ニコジョッキー」ではゲイから男爵へのリクエストが多い
 ・"江角さんのコーナー"は今回で最終回

[エンディングトーク]
 ・告知は特になし(ちょこちょこテレビに出ていることを強調)

[エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー]
 ・しろうさん、4日ぶりに人前でしゃべる
 ・エルシャラの事務所との契約が預かりから所属に変更?
 ・しろうさんがついに来たトマトブームを喜ぶ
  (この時点で"好きな野菜はトマト!!"が流行っていれば.....)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

03/14 46:50 “大学時代の知人からのメール届く”

[オープニングトーク]
 ・4月からのルネラジを憂う
  (ルネラジは多く人に好評と自らアピール)
 ・ウノTに他所でルネラジにプラスになる動きをしていないと指摘
  (加藤Dに政治的なことは何も出来ないことも指摘)
 ・今一番欲しいものは"(番組の)枠"
 ・AV女優の清純派を否定(セクシー女優の呼び方にも違和感)

[貴族のフリートーク]
 ・メールを渡される時に
  ウノTと加藤Dに"渡して大丈夫なのか"と心配される
 ・メールの内容を事前に教えてもらえず
  (内容を知っても初見のリアクション出せることをアピール)
 ・男爵の愛媛大学時代の知人・マキちゃんからの思い出メール
 ・北条のモンチッチ海岸について説明
  (若者がSEXまでの過程を高める場所)
 ・サヤカちゃんに告白し振られたエピソードを語る
 ・愛媛に何の思い出もないことを強調
  (上京後の金がない時に助けてくれた知人にしか
   恩義感じていない)
 ・公共の電波を使って友達や思い出を傷つけてばかり
 ・サヤカちゃんに振られたショックで東京NSCに入る
  (一六タルトに指輪入れ渡すもナイフで指輪ごと真っ二つ)
 ・ケンキさんに"ルネラジのゲストには呼ばない"と明言
 ・一発屋芸人が運だけで戦う番組で
  他の出演者に軽蔑された先輩芸人(ゲッツ)について語る
  (トリモチに指先しか付けずに大ブーイング浴びる)

[教えて! 山田ルイ53世がセクシー女優に聞きたい10の質問~!!]
 ・ゲスト:成瀬心美(ここみん)
 ・女優賞受賞でアメリカの新聞に載ったりする
 ・今週も男爵に葵つかさと比較される
 ・お金を掛けているものは特になし(好きな御飯は蒸し野菜)
 ・高校時代の元カレとのプリクラをはまだ捨てていない
 ・男爵は元カノが吹いたシャボン玉のストローもまだ取ってある
 ・よくB専と言われている(元カレは5人中3人がブサイク)
 ・明日撮るのはホロ酔い企画

[この○○芸人どうすか?のコーナー]
  〈テレ東のおかげで生き残ってる芸人〉
  〈愛人いた芸人〉
  〈ああ花のバス芸人〉

 ・ロリィタ族。の愛人は自分ではなく他の芸人だと暴露
 ・「タレント名鑑」の終了を残念がる

[エンディングトーク]
 ・ウノTは"告知はHPで"のくだりに入ると
  バカにした顔が出ている?

[エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー]
 ・しろうさんが一六タルトをフォロー(四国で5番目に美味しい)
 ・しろうさんが四国の美味しい食べ物TOP5を発表
 ・しろうさんがとうとう"トマト!!"を相方に認められる

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

03/21 47:17 “嫁の乳輪がデカくなりビックリ”

[オープニングトーク]
 ・「ぐるナイ」に出演するもほとんど仕事できず
 ・「ぐるナイ」で家賃20万を明かしバッシング受ける
 ・トーク舞踏会ゲストの安田団長と悪口ヘルツがピッタリ合う

[貴族のフリートーク]
 ・間違えてオープニング用の台本を読んでしまう
  (カットを要求も聞き入れられず)
 ・トーク舞踏会に行ったゴルゴサーティワンからの感想メール
 ・ゴルゴサーティワンが
  いつも彼女とトーク舞踏会に来ていたことを知り驚く
 ・文化放送に来たらウノTと大関マネが
  ももクロの話題でニヤニヤキャッキャしていてムカつく
 ・「M-1」の敗者復活で恩を受けてから安田団長をリスペクト
 ・東京マラソンの無理やり感動のノリを観て不愉快に
 ・ひぐち君が走っていた時も感動していなかったことを告白
 ・トーク舞踏会で"嫁の乳輪がデカくなった"と話して
  嫁に夫婦茶碗でこめかみ殴られる
 ・妊婦の乳輪がデカくなることについて興味深々

[教えて! 山田ルイ53世がセクシー女優に聞きたい10の質問~!!]
 ・ゲスト:さとう遥希(はるきち)
 ・プロフィール欄の"特技:お菓子作り"が嘘だとバラす
 ・好きな番組は「ピカルの定理」(男爵、はるきちが嫌いになる)
 ・嫌いな芸人はフルポン村上
 ・ひぐち君は男爵に"左玉長(ひだりたまなが)"と呼ばれている
 ・竿が上に向かってカクッと曲がっている男優に驚く
 ・スカパーアダルト応援隊"AIDL5"についてたどたどしく説明
 ・男爵が早口すぎて付いていけず

[ラテ欄オブザイヤー(最終回)]
  〈劇的ビフォーアフターのラテ欄〉

[第2検索ワード三連発!(最終回)]
  〈小堺一機〉

[この○○芸人どうっすか?のコーナー(最終回)]
  〈首の皮一枚芸人〉

[エンディングトーク]
 ・3月31日に"第3回静岡爆笑市場
  芸人発掘あなたが選ぶお笑いガチバトル!!"にゲスト出演

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

03/28 44:10 “不良役のオファーを受けないよう懇願”

[オープニングトーク]
 ・地方局によっては今回が最終回
 ・文化放送の就職受験を予定しているリスナーからのメール
  (新卒採用ホームページの"どうしても言いたいこと"欄に
   "ルネラジをいじめるな!! 存続させろ!!"と書く)
 ・文化放送内におけるルネラジは
  "イジメられる方にも原因が多々ある"と断言

[貴族のフリートーク]
 ・男爵の子供と石田純一の子供が同級生(同じ誕生年)に
 ・品川駅のホームで痛いお笑いファンの集団の会話を盗み聞き
 ・「ピカルの定理」への出演を目論む
 ・映画「G-ON」に出演
  (男爵にヤンキー映画のオファーがちょいちょい来る)
 ・不良役のオファーを受けないよう懇願
  (不良だった時期は一度も無いから不良の演技は出来ない)

[教えて! 山田ルイ53世がセクシー女優に聞きたい10の質問~!!]
 ・ゲスト:さとう遥希(はるきち)
 ・男爵&ローラの物まねを披露(男爵もローラの物まね披露)
 ・もし世界に男爵しかいなかったら.....
 ・マネージャーへの不満を言いながら男爵をビンタ
 ・"結構お金もらってるんでしょ!?"に"えへっ"で返答
 ・男爵がはるきちに可愛げがないと感じる

[ルネラジアプリ発見!(最終回)]
  〈まおみちゃんゲーム〉

[トーク舞踏会改善委員会(最終回)]
  〈ゲストにピース〉
  〈サンドウィッチマン〉
  〈ロバートを呼ぶ〉

[ルネラジ100物語(最終回)]
  〈狐に脇の下をくすぐられる夢〉

 ・トーク舞踏会の客の99.9%はルネラジリスナー
  (ひぐち君よりウノTとやった方が喜ばれる?)

[エンディングトーク]
 ・3月31日に"第3回静岡爆笑市場
  芸人発掘あなたが選ぶお笑いガチバトル!!"にゲスト出演
 ・昔のルネラジを聞いてみたらまだ希望に満ち溢れていた

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> プレイリスト(2012年4月)

 プレイリスト(2012年2月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2012年の「ルネラジ」関連記事】

  > 超簡易版プレイリスト(2012年) (13.7.16)

  > 簡易版プレイリスト(2012年1-3月) (12.7.25)
  > 簡易版プレイリスト(2012年4-6月) (12.7.17)
  > 簡易版プレイリスト(2012年7-9月) (12.7.18)
  > 簡易版プレイリスト(2012年10-12月) (12.10.3)

  > プレイリスト(2012年1月) (12.1.22)
  > プレイリスト(2012年2月) (12.2.16)
  > プレイリスト(2012年3月) (12.4.25)
  > プレイリスト(2012年4月) (12.5.31)


 その他の年の「ルネラジ」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「髭男爵 山田ルイ53世のルネラジ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村    ラジオ番組 ブログランキングへ

2012年4月24日 (火)

【しらさぎ賞(2012年)>予想&結果】

< 4月25日に行われるしらさぎ賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【しらさぎ賞】

 クラーベセクレタは、いまや交流牝馬重賞の主役の一頭なので、ここよりも当初登録していたかしわ記念の方で観たかったですねェ。

 こちらのメンバーでは実力差がかなり離れていると思うので、まあ確固たる軸が出来るという点では楽になるのですが。

 ただ、相手選びは結構難解なので、紐抜けしないことを祈るばかり.......。

 ちなみに、前日オッズで3連複1番人気の組み合わせ(1-2-4)は外して買う予定です。


  ◎ クラーベセクレタ / 戸崎圭太 (4)
  ○ ギオンゴールド / 和田譲治 (12)
  ▲ リアンローズ / 的場文男 (2)
  △ テイエムヨカドー / 山田信大 (9)
  △ サクラサクラサクラ /森泰斗 (1)
  △ トップレイスター / 坂井英光 (7)
  △ リアライズノユメ / 左海誠二 (6)

  << 3連複:◎-○▲△(1-2-4以外) >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4  ◎ クラーベセクレタ   戸崎圭太  1
 2着 8     ツキノテンシ     石崎駿   4
 3着 3     センゲンコスモ    吉原寛人  7
 4着 11    トーセンベルファム 張田京   10
 5着 2  ▲ リアンローズ     的場文男 2


 ◎クラーベセクレタはさすがの強さで圧勝となりましたが、2・3・4着馬を相手に入れていないという、個人的には盛り上がりようのないレースとなってしまいました.....。


  (3連複:3-4-8 32.3倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 3/15  20.0%  -22,700円   49.6%

☆12年通算 > 19/67  28.4%  +12,800円  106.4%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●●●○● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【マイラーズC&フローラS(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【青葉賞(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年4月23日 (月)

「このミス」完全読破・500冊突破記念企画「このミステリーがすごい!MDB版」 5位>1位

「このミス」完全読破 500冊突破記念企画


   >> 「 このミステリーがすごい!MDB版 」 <<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ”「このミス」完全読破”がついに500冊を突破したということで、100冊突破ごとの記念企画を今回も実施していきたいと思います。

 ちなみに、対象となる500冊について、および“「このミス」完全読破とは一体何なんだ?”といった基本的な部分、または過去の“100冊突破ごとの企画”については、 まとめページである「このミス」完全読破 読破本リストをご覧ください。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして500冊突破記念企画として実施するのは、「このミステリーがすごい!MDB版」。

 これは、これまで読んできた500作品の中から特に面白かったものを50作品選び、それに順位付けをして、カウントダウン方式で発表していこう、という企画です。

 選んだ基準は、単純に“読んで面白かったもの”を順番に選んでいったというだけなのですが、ただ“「このミス」完全読破”を始めた時の自分が完全なるミステリ初心者だったこともあり、読んだ時期によって読んで面白いと思ったタイプやジャンルが大きく変わっているのですね。

 なので、「読んだ当時の評価」ではなく、「今思い返してみて“あれは面白かった”と思う作品」を順番に選んで行くことにしました(したがって、読んだ直後の評価である“★評価”とはあまりリンクしていません)。

 ちなみに、企画名に入っている“MDB”とは、このブログの本元サイトである「マリノス・データ・バンク」の略称です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 5位 : 三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 / 倉阪鬼一郎 】

 

三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 (講談社ノベルス)三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 (講談社ノベルス)
倉阪 鬼一郎

講談社 2009-09-08
売り上げランキング : 82575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「このミス」ランクインこそ逃したものの、“第三回世界バカミス☆アワード”を見事に受賞した作品です。

 まあバカミスなのですが、そんじょそこらのバカミスではありませんでして、作中に仕掛けられたとんでもない仕掛けには唖然茫然とさせられますし、作者の生半可ない努力と苦労がこれ以上ないくらいに感じられるのに、その結果として出来上ったものがかなりバカバカしいものなのですからね。

 それに、作者のバカミスに掛ける執念・情熱・愛情には、感動と感銘と感嘆とを受けずにはいられませんでしたから、“バカミス好きで良かった!”と心から思えるほどに素晴らしすぎる作品でした。

  [ 2010年版 39位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 4位 : 神様ゲーム / 麻耶雄嵩 】

 

神様ゲーム (ミステリーランド)神様ゲーム (ミステリーランド)
麻耶 雄嵩

講談社 2005-07-07
売り上げランキング : 270363

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 装丁や挿絵や字の大きさなど子供向けに作られる“ミステリーランド”から発売された作品です。

 そして中身の方も子供向けのような感じで進んでいくのですが、心臓を直撃するような衝撃的な出来事が起きて以降は、とんでもない展開が繰り広げられて、とても子供には読ませられないような方向にぶっ飛んでいくのです。

 子供向けの外観ととんでもない中身とのギャップや、後味の悪い展開なのにその一方で爽快感もあるなど、いまだに本作を読んだ時に受けた様々な衝撃は、今でも昨日のことのように思い返すことが出来るくらいですからね。

  [ 2006年版 5位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 3位 :イニシエーション・ラブ / 乾くるみ 】

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
乾 くるみ

文藝春秋 2007-04
売り上げランキング : 147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 文庫版のヒットも記憶に新しい“どんでん返しミステリ”の代表的な作品です。

 全くミステリ的でもサスペンス的でもない内容だったのが、最後の2行でそれまでの世界が一変してしまうどんでん返しが炸裂するわけですが、読み終えた直後はあまりピンと来ていませんでした。

 しかししばらくして真相が意味するものが理解出来て驚き、それを知ったうえで再読したらあまりにも多くの伏線が張られていたことがわかりさらに驚愕、さらにはマニアックすぎる仕掛けが施されていることを知ったうえで読んでビックリ仰天するなど、読む度に衝撃が増してくるとんでもない作品でしたね。

  [ 2005年版 12位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2位 : 螢 / 麻耶雄嵩 】

 

螢 (幻冬舎文庫)螢 (幻冬舎文庫)
麻耶 雄嵩

幻冬舎 2007-10
売り上げランキング : 127074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 これで麻耶作品はベスト5に2作品ランクインとなりました。

 典型的な館系本格ミステリで、驚きのどんでん返しも炸裂するものの、それだけではこれほど高い評価にはなりません。

 これと並行してもう一つ別の驚くべき仕掛けが施されているのですが、これがそれまでの自分の常識を粉々に打ち砕くかのようなコペルニクス的転回級の驚きでして、このバカバカしくも感動的なトリックにはいまだに衝撃が心と体に残っているくらいですからね。

  [ 2005年版 11位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 1位 : 葉桜の季節に君を想うということ / 歌野晶午 】

 

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
歌野 晶午

文藝春秋 2007-05
売り上げランキング : 2928

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 というわけで1位は、「このミス」「本ミス」共に1位で、日本推理作家協会賞&本格ミステリ大賞をダブル受賞するなど、一般的な評価もかなり高いこの作品となりました。

 本作は、完全なるミステリ初心者だった時に“「このミス」完全読破”を始めて、最初に読んだ作品でもあるのですが、クライマックスで炸裂するどんでん返しに驚愕したのはもちろん、小説という媒体で、というかこの世の中に、こういったタイプの驚きが存在していたことにも驚いてしまったほどに衝撃を受けてしまいましたからね。

 そしてその衝撃があったからこそ、“「このミス」完全読破”をその後も続ける気持ちになり、その結果として今では500冊を超えるほどのミステリ小説を読破するまでなったわけなのです。

 なので、今の自分がもし本作を初読していたら、そこまでの衝撃を受けなかったかもしれませんが、読んだタイミングも含めて、自分にとっては本作が一番思い出深いし、なくてはならない存在の作品といえるでしょう。

  [ 2004年 1位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「「このミス」完全読破・500冊突破記念企画」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 50位>46位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 45位>41位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 40位>36位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 35位>31位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 30位>26位

  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 25位>21位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 20位>16位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 15位>11位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 10位>6位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 5位>1位

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年4月22日 (日)

【MDB式“2012年第7節・磐田戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★4/21(土) J1リーグ第7節・ジュビロ磐田戦 (ヤマハ)


  ●0-1 (前半0-1、後半0-0)  主審:廣瀬格  観衆:11,965人

  .<得点> 0-1 山田大記  (磐田・35分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 熊谷アンドリューが、Jリーグ初出場を記録しました。


 ドゥトラが、Jリーグ通算150試合出場を達成しました。

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成しました。


 中村俊輔が、マリノス所属時リーグ戦通算211試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独7位となりました。

 ドゥトラが、マリノス所属時リーグ戦通算150試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代16位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「勝ちなし」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「アウェー勝ちなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>


  ・「アウェー無得点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「引き分け」記録 > 3試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「同一カード 負けなし」記録 > 7試合連続 でストップ <マリノス歴代 7位タイ>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第7節終了時 : 17位 (前節 15位)
         < 0勝 4分 3敗  勝点 4 得点 4 失点 8 得失点差 -4 >

 最近5試合(第3~7節) 順位 : 16位 (前節 16位)
         < 0勝 3分 2敗  勝点 3  得点 1 失点 3 得失点差 -2 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「4/21 ジュビロ磐田戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「山田大記の“驚愕”のゴールで磐田が勝利。
             横浜FMは惜しい場面を何度も作るも最後までゴールならず。
                これで今季公式戦10戦未勝利に。


 (カナロコ) 「空中分解の危機に/磐田戦から

 (カナロコ) 「樋口監督「顔を上げてやっていく」/磐田戦から

 (カナロコ) 「開始早々、MF中町が負傷交代/磐田戦から

 (スポニチ) 「横浜 ワースト10試合勝ちなしも監督解任は否定

 (日刊スポーツ) 「横浜開幕から7戦勝ちなし

 (スポーツ報知) 「俊輔「危機感」クラブワースト10戦勝ちなし…横浜M

 (サンスポ) 「横浜Mが開幕7戦未勝利、監督即時解任は否定

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第7節・磐田戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【マイラーズC&フローラS(2012年)>予想&結果】

< 4月22日に行われる読売マイラーズカップ(GII)サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【読売マイラーズカップ】

 好メンバーが揃って面白いレースになりそうですが、実績馬は本番を見据えての走りとなる可能性があることから、予想はより難解となってしまいます。

 それでここは、ダノンシャークを◎にしてみましょう。

 まだ重賞を勝っていないので実績面では他の馬に見劣りしますが、ハンデ戦ながら今回と同じ舞台の京都金杯では2着と好走していますからね。

 それに、右回りでは11回走って馬券圏外は1走のみ、京都では6回走って5連対3着1回と安定感がありますし、脚質にも自在性があるので、この馬に期待することにしました。


  ◎ ダノンシャーク / 福永祐一 (3)
  ○ エイシンアポロン / 池添謙一 (16)
  ▲ リアルインパクト / 岩田康誠 (14)
  △ シルポート / 小牧太 (17)
  △ コスモセンサー / 幸英明 (6)
  △ トーセンレーヴ / ピンナ (1)
  △ ドリームバスケット / 武豊 (10)
  △ トウショウフリーク / 浜中俊 (5)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 17 △ シルポート       小牧太   3
 2着 3  ◎ ダノンシャーク    福永祐一  6
 3着 6  △ コスモセンサー    幸英明   7
 4着 13    ヤマカツハクリュウ 川須栄彦 17
 5着 7     レッドデイヴィス   安藤勝己 8


 シルポートの大逃げは、やはり逃げ馬好きとしては思わず応援してしまう走りで素晴らしかったですが、後方から来て唯一馬券に絡んだのが◎ダノンシャークだったのは本当に嬉しかったですねェ。


  (3連複:3-6-17 79.8倍)  ○的中!  3,000円 → 7,980円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ賞フローラステークス】

 軸馬を決めるのさえ難しいレースで、それでも3頭まで絞ったのですが、そこからどの馬を選んだとしてもその馬だけが馬券圏外になりそうな予感しかしないのですよねェ。

 それでも1頭選ばねばならないわけで、ここはチェリーメドゥーサを◎にしてみましょう。

 前々走のフェアリーSは5着ながらわずか0.1秒差でしたし、新馬戦で敗れたといってもその相手は後にチューリップ賞を制するハナズゴールでしたし、前走・アネモネSの0.8秒差6着は不良馬場が原因だとすれば、これまでは安定した結果を残していると見れますからね。

 スタートすぐにカーブのあるコースで8枠に入ったのも脚質的にそれほど大きな不利にはならないだろうし、これまでマイルしか走っていないのが不安も折り合いは問題ないようなので、開幕馬場で前残り決着にならなければ、直線で粘り強く伸びてくれるのではないでしょうか。

 ちなみに、最終的にこの馬を選んだ1番の決め手というのが、現役時代に応援していたシックスセンスが父馬だ、という私情全開な理由なのですけどね。


  ◎ チェリーメドゥーサ / 田辺裕信 (17)
  ○ セコンドピアット / 石橋脩 (18)
  ▲ ヘレナモルフォ / 柴田善臣 (7)
  △ ミッドサマーフェア / 蛯名正義 (6)
  △ ラスヴェンチュラス / 吉田豊 (4)
  △ アイスフォーリス / 松岡正海 (10)
  △ レッドマーキュリー / 後藤浩輝 (13)
  △ アンアヴェンジド / 杉原誠人 (15)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  △ ミッドサマーフェア  蛯名正義  1
 2着 10    アイスフォーリス  松岡正海  2
 3着 5     ダイワデッセー  武士沢友治 18
 4着 1     ターフデライト    中谷雄太  10
 5着 18 ○ セコンドピアット   石橋脩    7

18着 17 ◎ チェリーメドゥーサ 田辺裕信  6


 直線での瞬発力勝負といった展開になったので、◎馬が直線に入った時に最後方の外側だった時点でもう望みはありませんでしたねェ。


  (3連複:5-6-10 479.0倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 3/14  21.4%  -19,700円   53.1%

☆12年通算 > 19/66  28.8%  +15,800円  108.0%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○●●●●●●● → ○●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【福島牝馬S(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【しらさぎ賞 (2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年4月21日 (土)

週刊少年ジャンプ読切! 「クロス・マネジ」 KAITO

週刊少年ジャンプ 2012年5月14日号 NO.21・22週刊少年ジャンプ 2012年5月14日号 NO.21・22
集英社

2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 * 連載版の「クロス・マネジ」に関しては、週刊少年ジャンプ新連載! 「クロス・マネジ」 KAITO(当ブログ記事)の方をご覧ください。


 “SPRING SPECIAL!! 春の4連ゴールデン読切シリーズ”の第4弾として週刊少年ジャンプ2012年21・22合併号(2012年4月23日発売)に掲載された読切作品が、「クロス・マネジ」です。


 作者のKAITO(カイト)は、休載となった「HUNTER×HUNTER」の代原(予定外に休載となった連載作品の穴埋め的に掲載される読切作品)として“本誌2004年48号”に「ハピマジ」が掲載されデビューとなり、翌年の“本誌2005年15号”でも再び「HUNTER×HUNTER」の代原として「ハピマジ」を掲載。

 続いて、“赤マルジャンプ2007WINTER”に「不恋愛戦隊ハヤタ☆ジョー」、J金未来杯エントリー作品として“本誌2007年40号”に「不恋愛戦隊ハヤタ☆ジョー」を掲載。

 そして“ジャンプNEXT! 2012 WINTER”に「クロス・マネジ」が掲載され(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012WINTER」参照)、これが新世代杯(“ジャンプNEXT! 2012 WINTER”掲載新人読切11作品の中でアンケート投票1位の作品が本誌掲載される企画)で優勝し、そのリニューアル版である本作にて久々の本誌登場となりました。


 内容の方は、学園ラクロス部男子マネージャーラブコメ漫画です。

 何に対しても無気力な男子高校生・櫻井は、偶然にも女子ラクロス部部長・豊口深空の着替えシーンを目撃。

 深空に激怒された櫻井は、許してもらう代わりの条件として、ラクロス部のマネージャーを務めることに。

 最初はマネージャーの仕事を嫌々やっていたものの、ラクロスを一生懸命に楽しんでいる深空の姿を見ているうちに、次第に心を動かされてきて.....。


 大筋の流れは「NEXT版」とそれほど変わりはありませんでしたが、「NEXT版」ではサッカー部を辞めたばかりだった櫻井が「本誌読切版」では元々無所属、櫻井がマネージャーをやる(深空に脅される)きっかけとなったのが「NEXT版」では“互いにズッコケからのパンツガン見”だったのが「本誌読切版」では着替え目撃に、「NEXT版」には登場しなかった早見というキャラが「本誌読切版」では登場、「NEXT版」よりも「本誌読切版」の方が比較的連載を意識したようなラストに、などの違い(変更点)がありましたね。


 なお、扉絵に付けられている煽り文は、

何気ないこの瞬間(トキ)が 一番キラめいてる瞬間(トキ)。

☆無気力少年がスポーツ少女に出会ったら!? 爽快スポーツラブコメ47P!!

というものでした。


 投票受付期間:2012.4.21~4.29
 
Webアンケート mapinion


 投票受付期間:2012.4.22~4.29
 
オンラインアンケート

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「KAITO」関連記事】

  > 「バディストライク」 KAITO > 週刊少年ジャンプ新連載! (15.11.9)

  > 「クロス・マネジ」 KAITO > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.9.13)
  > 「クロス・マネジ」 KAITO > 週刊少年ジャンプ読切! (12.4.21)
  > 「クロス・マネジ」(ジャンプNEXT! 2012WINTER) (11.12.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

【福島牝馬S(2012年)>予想&結果】

< 4月21日に行われる福島牝馬ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島牝馬ステークス】

 久々の福島での重賞開催となりますが、ここはアスカトップレディを◎にしてみましょう。

 何といっても今年に入ってからは京都金杯3着という実績がある馬ですし、休み明けとはいえ状態は良いようだし、過去の休み明けでも結果を出していますからね。

 それにメンバー中唯一の福島勝ち経験馬でもあるので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ アスカトップレディ / 川須栄彦 (15)
  ○ オールザットジャズ / 藤岡佑介 (3)
  ▲ アカンサス / 武豊 (10)
  △ マイネイサベル / 松岡正海 (14)
  △ メーヴェ / 宮崎北斗 (9)
  △ コスモネモシン / 丹内祐次 (2)
  △ トゥニーポート / 松山弘平 (8)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3  ○ オールザットジャズ 藤岡佑介 1
 2着 2  △ コスモネモシン    丹内祐次 4
 3着 10 ▲ アカンサス      武豊    2
 4着 15 ◎ アスカトップレディ  川須栄彦 3
 5着 14 △ マイネイサベル   松岡正海 6


 ◎アスカトップレディは、3着馬とハナ差の4着.....。

 これで東京スプリントに続いて◎馬が4着なので、これはホントに悔しさが募りますねェ。


  (3連複:2-3-10 25.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 2/12  16.7%  -21,680円   39.8%

☆12年通算 > 18/64  28.1%  +13,820円  107.2%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○●○●●●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【東京スプリント(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【マイラーズC&フローラS(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年4月20日 (金)

『幽女の如き怨むもの』 三津田信三 > 「このミス」完全読破 No.534

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.534

 『幽女の如き怨むもの』 三津田信三

   「このミス」2013年版 : 4位

   受賞(候補) : (「日本推理作家協会賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 1位
              「本格ミステリ・ベスト10」 4位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 10位
              「黄金の本格ミステリー」 選出

   読始:2012.4.17 ~ 読終:2012.4.18

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年4月>

幽女の如き怨むもの (講談社文庫)幽女の如き怨むもの (講談社文庫)
三津田 信三

講談社 2015-06-12
売り上げランキング : 11767

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「厭魅の如き憑くもの」、「凶鳥の如き忌むもの」、No.55「首無の如き祟るもの」No.102「山魔の如き嗤うもの」No.255「密室の如き籠るもの」No.291「水魑の如き沈むもの」No.487 「生霊の如き重るもの」に続く、“刀城言耶シリーズ”の8作目です(長編としては6作目)。

 このシリーズは、長編では「首無~」以降の3作品がベスト10入りと「このミス」での評価も高いのですが、ただ「本ミス」になるとさらに「厭魅~」も含めた4作がベスト3入り(「山魔~」が1位)ということで、「このミス」以外でも評価の高い本格ミステリシリーズなのですね。

 なお、各作品で語られる物語はそれぞれ別だし、作中の時系列順に刊行されているわけでもないので、いきなり本作から読んでも特に問題はないと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 戦前・戦中・戦後という三つの時代の、三軒の遊郭で起きた、三人の“緋桜”という名の花魁が絡む、三つの身投げ事件。

 怪異的な謎も含む時を超えた事件に、名探偵・刀城言耶が挑む.....。

 というわけで今回は、遊郭を舞台にした本格ミステリです。

 ただ、冒頭で刀城言耶が語っているように、今回は密室や死体装飾や見立て殺人や凶器消失やアリバイ証明などの現実的な謎がないので、本格ミステリ的には掴み所のない感じで進んでいくのです。

 それに、このシリーズの特徴である、クライマックスにおける多重解決やどんでん返しもないのですね。

 そしてホラー的にも、今回はほとんどが遊郭を舞台としていることもあり、いつものような土俗ホラーとは少し毛色が違うし、全体的なホラー度もやや控えめな感じなので、これまでのシリーズ作品と比べても異色というか方向性の違う仕上がりとなっているのです。

 とはいえ、最終章での謎解きはさすがの鮮やかさですし、それになにより、最終章に至るまでの遊郭を舞台にした遊女たちの物語がとても面白くて、そこに魅力的な謎が絶妙に仕掛けられているので、“遊郭ミステリ”としての読み応えはかなりのものでした。

 なので、これまでのシリーズ作品と同様の魅力を期待して読むよりは、新たな魅力を味わうつもりで読んだ方が、本作の面白さをより深く堪能できるのではないでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★★★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★★★★
   熱アクション度  : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★         人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★★★    感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “三津田信三” 関連記事 】

  > No.777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」
  > No.534 「幽女の如き怨むもの」

  > No.487 「生霊の如き重るもの」
  > No.291 「水魑の如き沈むもの」
  > No.255 「密室の如き籠るもの」
  > No.102 「山魔の如き嗤うもの」
  > No.055 「首無の如き祟るもの」


 「絶海ジェイル」古野まほろ <<< PREV/NEXT >>> 「所轄魂」笹本稜平

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

【MDB式“2012年第7節・磐田戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★4/21(土) 14:00~ J1リーグ第7節・ジュビロ磐田戦 (ヤマハ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 15位  0勝 4分 2敗  勝点 4  4得 7失 得失 -3 」
  磐田  :「  7位  3勝 2分 1敗  勝点 11  9得 7失 得失 +2 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「 16位  0勝 3分 2敗 勝点 3  1得 4失 得失 -3 」
  磐田  :「  5位  3勝 1分 1敗 勝点 10  9得 7失 得失 +2 」


 磐田は、開幕戦こそ昇格組の札幌相手に0-0で引き分けたものの、その後は3連勝と勢いに乗りました。

 ここ最近はリーグ戦2試合勝ちがありませんが、前々節は首位・仙台相手にラスト1プレーまではリードしていましたし(結果は引き分け)、前節の清水との静岡ダービーでは逆転負けを喫したとはいえ、それまでスタメンで起用していた3選手をあえてSUBに回してのものでしたからね。

 それに水曜のナビスコカップでも広島相手に1-0で勝利し、これでナビスコは3戦全勝としているので、マリノスにとっては久々に好調なクラブとのリーグ戦での対戦となるわけです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 磐田戦は、公式戦通算で「25勝 3分 23敗」、リーグ戦通算で「19勝 1分 19敗」、リーグ戦アウェーで「9勝 2分 9敗」と、いずれもほぼ互角の結果となっています。

 最近の成績では、2008年第25節以降リーグ戦では7試合負けなし(5勝 2分 0敗)&2連勝中と相性はかなり良いのですが、今回の舞台であるヤマハスタジアムでは、昨年にようやく勝つまでは、2006年2nd第15節以降の公式戦で6試合勝ちなし(0勝 3分 3敗)と、相性が悪い状態でした。

 あと最近のこのカードの特徴としては、2008年以降のリーグ戦8試合において、マリノスの得点は7、失点はわずかに3(5試合無失点)、どちかが2得点以上したのはたったの1試合だけなど、ロースコア決着がかなり多くなっていますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 この試合で引き分けだと、4試合連続引き分けとなり、「連続引き分け」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 8試合連続“同一カード 負けなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)
   > 5試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で引き分けか負けだと........
   > 9試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位)
   > 5試合連続“アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 4試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 新記録達成)


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 ドゥトラが出場すると、Jリーグ通算150試合出場を達成します。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 谷口博之が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなります。


 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算211試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算150試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に勝利すると、リーグ戦アウェー通算150勝を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、開幕以来公式戦9試合も勝ちがないわけですが、(お互いに若手選手を多く起用した清水戦を除けば)久々に好調な相手との対戦となるので、それで逆にこちらのやりたいサッカーが出来るような展開になれば良いのですけどね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 磐田:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:マルキーニョス、谷口博之、小椋祥平、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  磐田オフィシャル

 【チケット情報】  磐田オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「10戦目で今季1勝だ!…横浜M」 (4/21)
   > 「横浜M・俊輔がエール「頑張れ香川」」 (4/21)
   > 「磐田駒野300試合「いい結果で迎えたい」」 (4/21)

   > 「現状打開に期待!U―23代表・斎藤、21日磐田戦で復帰」 (4/20)
   > 「横浜M・斎藤、どん底チーム救う!」 (4/20)
   > 「ルーキー・熊谷、リベンジ誓った…横浜M」 (4/20)
   > 「川口歩いた!リハビリも順調」 (4/20)


 【TV中継】 (生) 4/21(土) 13:50~  Ch.800/Ch.580/Ch.180
            4/21(土) 14:00~  静岡放送

        (録) 4/22(日) 10:15~  J SPORTS 1

            4/23(月) 12:10~  Ch.803/Ch.583/Ch.183
            4/23(月) 26:20~  Ch.801/Ch.581/Ch.181

            4/24(火) 20:00~  J SPORTS 1

            4/25(水) 04:00~  BS241/Ch.585/Ch.185
            4/25(水) 09:30~  Ch.802/Ch.582/Ch.182
            4/25(水) 21:00~  Ch.584/Ch.184

            4/26(木) 17:30~  Ch.801/Ch.581/Ch.181

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第7節・磐田戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月19日 (木)

【MDB式“2012年ナビスコ予選第3節・清水戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★4/18(水) ナビスコカップ予選リーグ第3節・清水エスパルス戦 (アウスタ)


  ●0-1 (前半0-0、後半0-1)  主審:木村博之  観衆:8,753人

  .<得点> 0-1 アレックス  横浜・76分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 熊谷アンドリューが、公式戦初出場を記録しました。

 ユース所属の喜田拓也(2種登録)が、公式戦初出場を記録しました。


 栗原勇蔵が、マリノス所属時ナビスコカップ通算52試合出場となり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代3位タイとなりました。

 狩野健太が、マリノス所属時ナビスコカップ通算32試合出場となり、川口能活(94-01)を抜いてマリノス歴代単独15位となりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時ナビスコカップ通算31試合出場となり、川口能活(94-01)と並びマリノス歴代16位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ナビスコカップ予選リーグ 第3節終了時 : 6位 (前節 5位)
         < 0勝 1分 2敗  勝点 1 得点 2 失点 4 得失点差 -2 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「4/18 清水エスパルス戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「横浜FMは今の課題がそのまま表われ、
              清水は悪い流れを自ら修正。
                  超ナイスガイのハードワークが勝利の原動力に


 (カナロコ) 「「得点の匂いがしない」/清水戦から

 (スポニチ) 「俊輔ら温存が裏目 横浜、開幕から公式戦9戦勝ちなし

 (日刊スポーツ) 「横浜9戦0勝…球団最悪更新

 (スポーツ報知) 「横浜M、若手起用実らず9戦勝ちなし

 (サンスポ) 「横浜M、シュート数わずか5本

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年ナビスコ予選第3節・清水戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月18日 (水)

『絶海ジェイル Kの悲劇'94』 古野まほろ > 「このミス」完全読破 No.533

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.533

 『絶海ジェイル Kの悲劇'94』 古野まほろ

   「このミス」2013年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.4.9 ~ 読終:2012.4.12

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年1月>

絶海ジェイル Kの悲劇’94 (光文社文庫)絶海ジェイル Kの悲劇’94 (光文社文庫)
古野 まほろ

光文社 2014-01-09
売り上げランキング : 249086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.436「群衆リドル Yの悲劇'93」に続くシリーズ2作目です。

 副題からもわかるように、前作の1年後の話なのですが、直接ストーリーが繋がっているわけではないです。

 それに、舞台設定や主人公2人のキャラクター・関係性は冒頭のやり取りを読むだけで理解できると思うので、いきなり本作から読んでもそれほど問題ないのではないでしょうか。

 ちなみに、“悲劇シリーズ”としては本作の前にNo.478「命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75」も出ているのですが、登場人物や作品舞台など大きな繋がりはないので、特に気にすることはないと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 天才的ショパニストである“イエ先輩”こと八重洲家康は、大戦中に獄死したはずの祖父が生きているという情報を得ることに。

 後輩以上彼女未満の渡辺夕佳、そして情報源でもある音楽雑誌編集長・波乃淵今と共に、祖父が捕えられていた絶海の孤島・古尊島を訪れると、そこには驚くべき事態が待ち受けていて.....。

 といった導入部でして、その後はもちろん本格ミステリを主軸としながら、難攻不落な監獄からの脱獄劇、そしてデスゲーム的展開が絡み合ってくるのです。

 つまり今回はサスペンス的な演出で物語が盛り上げられていくわけですが、それでもやはり主人公が俺様的天才ということもあってか、推理ミステリとしての印象の方が強いし魅力的でしたね。

 そして本格ミステリ的には、今回も「読者への挑戦」があるものの、前作同様にトリックが反則技ギリギリの所を突いてくるトンデモ系なので、読みながら真面目に推理などしない方がよいと思われます。

 あとやはり古野まほろ作品といえば、特徴なのは“まほろ節”とも呼ばれるくアクの強い個性的すぎる表現&文体の数々ですが、“天帝シリーズ”と比べれば物足りなく思うほどに読みやすくなっているとはいえ、それでもやはり独特な癖が文章やキャラクターなどから感じられるので、読む人を選ぶ作品ではありそうですね。


  > 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★★★    鬼畜グログロ度 : ★★★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★★★
   熱アクション度  : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★★★    気軽に読める度 : ★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “古野まほろ” 関連記事 】

  > No.533 「絶海ジェイル Kの悲劇'94」
  > No.478 「命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75」
  > No.436 「群衆リドル Yの悲劇'93」


 「パラダイス・ロスト」柳広司 <<< PREV/NEXT >>> 「幽女の如き怨むもの」三津田信三

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

【東京スプリント(2012年)>予想&結果】

< 4月18日に行われる東京スプリント(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スプリント】

 昨年は100万馬券が出るほどに荒れたレースであるうえに、昨夏以降に完全復活を遂げたスーニは前走で馬券圏外となっているし、3走前までダート全連対していたサマーウインドが昨秋以降の出走となるなど、一筋縄ではいかないレースとなりそうですね。

 そんな中でここは、セレスハントを◎にしてみましょう。

 成績にムラがある馬ではありますが、なんといっても昨年のこのレースの覇者ですし、昨秋のJBCスプリントでも5着ながら0.4秒差(2着のセイクリムズンとは0.2秒差)と、大井1200mでは比較的安定していますからね。

 それに、桜花賞→皐月賞と人気馬で勝てなかった福永祐一が直後の交流重賞を伏兵馬で勝つ、といった展開もありそうな感じがするので、ちょっと思い切ってこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ セレスハント / 福永祐一 (12)
  ○ セイクリムズン / 岩田康誠 (7)
  ▲ スーニ / 川田将雅 (4)
  △ ダイショウジェット / 柴山雄一 (14)
  △ フジノウェーブ / 坂井英光 (1)
  △ サマーウインド / 藤岡佑介 (16)
  △ ナイキマドリード / 川島正太郎 (15)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7  ○ セイクリムズン  岩田康誠   1
 2着 1  △ フジノウェーブ   坂井英光   5
 3着 8     スターボード    戸崎圭太   7
 4着 12 ◎ セレスハント    福永祐一   4
 5着 15 △ ナイキマドリード 川島正太郎 8


 ◎セレスハントは最後に追い込んできたのですがあと一歩届きませんでした.....。

 それにしても、10歳になっても交流重賞で2着に入ってしまうフジノウェーブには本当に凄いですねェ。


  (3連複:1-7-8 63.7倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 2/11  18.2%  -18,680円   43.4%

☆12年通算 > 18/63  28.6%  +16,820円  108.9%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●○●○●●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【皐月賞(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【福島牝馬S(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年4月17日 (火)

『パラダイス・ロスト』 柳広司 > 「このミス」完全読破 No.532

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.532

 『パラダイス・ロスト』 柳広司

   「このミス」2013年版 : 16位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
                 (小説ランキング) 23位
              「本格ミステリ・ベスト10」 25位

   読始:2012.3.28 ~ 読終:2012.4.3

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年3月>

パラダイス・ロスト (角川文庫)パラダイス・ロスト (角川文庫)
柳 広司 森 美夏

角川書店 2013-06-21
売り上げランキング : 11251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.162「ジョーカー・ゲーム」No.243「ダブル・ジョーカー」に続く、“D機関シリーズ”の3作目です。

 1作目が日本推理作家協会賞&吉川英治文学新人賞をダブル受賞するなど、柳広司の代名詞的な人気シリーズなのですが、「このミス」においても2作共に2位と絶大な評価を受けているシリーズとなっています。

 そしてこのシリーズ作品はいずれも短編集の形式で、シリーズを通しての基本設定なども作品ごとに分かりやすく説明されているので、いきなり本作から読んでもそれほど問題ないでしょうね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「誤算」「失楽園」「追跡」「暗号名ケルベロス(前篇・後篇)」の短編3作と中編1作を収録。

 戦中の日本や外国を舞台に、スパイ養成学校“D機関”で鍛えられたスパイたちの活躍が描かれていきます。

 やはりスパイ小説ということで、スリル溢れる駆け引きや読み合い・騙し合いが繰り広げられるわけですが、切れ味鋭い心理戦&情報戦は相変わらずの読み応えだし、スパイたちの超人的な能力とそれが絶妙に活かされたストーリー展開はさすがの一言です。

 そんな玄人好みな内容でありながらも読みやすいという、前2作と変わらぬ魅力が存分に詰め込まれているので、このシリーズが好きな人ならば安心して楽しむことができるのではないでしょうか。

 ただ、前作のラストでは全体を通しての物語の大きなターニングポイントとなる展開だったこともあり、本作でそこから続く新たな展開を期待してしまうと、マンネリとまではいかないものの物足りなさを感じてしまうかもしれないですね。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★       鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “柳広司” 関連記事 】

  > No.806 「ラスト・ワルツ」
  > No.787 「ナイト&シャドウ」
  > No.679 「楽園の蝶」
  > No.532 「パラダイス・ロスト」
  > No.520 「怪談」

  > No.463 「ロマンス」
  > No.339 「キング&クイーン」
  > No.243 「ダブル・ジョーカー」
  > No.172 「虎と月」
  > No.162 「ジョーカー・ゲーム」


 「帰りなん、いざ」志水辰夫 <<< PREV/NEXT >>> 「絶海ジェイル」古野まほろ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年4月16日 (月)

【MDB式“2012年ナビスコ予選第3節・清水戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★4/18(水) 19:00~ ナビスコカップ予選リーグ第3節・清水エスパルス戦 (アウスタ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームのJ1リーグの成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 15位  0勝 4分 2敗  勝点 4  4得 7失 得失 -3 」
  清水  :「  6位  4勝 0分 2敗  勝点 12  8得 6失 得失 +2 」

 続いて両チームのナビスコカップの成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 5位  0勝 1分 1敗  勝点 1  2得 3失 得失 -1 」
  清水  :「 2位  1勝 0分 0敗  勝点 3  1得 0失 得失 +1 」


 清水は、現在公式戦4連勝中と好調です。

 その4連勝のうち、先週土曜のリーグ第6節以外は全て1-0での勝利ということで、先制点を手堅く守り抜くサッカーで勝ち星を伸ばしてきました。

 しかし先週土曜のリーグ第6節では、リーグ戦無敗だった磐田相手に一度は先制されながらも逆転しての勝利ということで、得点を奪い返す勝負強さも備わってきたようですね。

 ちなみに、清水の今シーズンの公式戦ホームゲームは、4戦全勝となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 清水戦は、公式戦通算で「19勝 11分 22敗」、リーグ戦通算で「17勝 9分 18敗」とほぼ互角の成績なのですが、リーグ戦ホームで「5勝 6分 12敗」、アウェーで「12勝 4分 6敗」と、両チーム共に“ホームで弱くアウェーで強い”という傾向となっています。

 そしてここ最近でも、アウェーでは2007年以降の5年間で公式戦7試合負けなしで、その前も2002~2005年の4年間で公式戦4試合負けなし、つまりはここ10年の公式戦アウェー12試合でわずか1敗と、アウェーでの相性はかなり良いです。

 ただ、ここ5年間の公式戦7試合の内訳を見てみると「1勝 7分 0敗」となっているので、負けていない一方で勝ててもいないのですけどね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 小林祐三が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 谷口博之が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなります。


 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算52試合出場となり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代3位タイとなります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算37試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算34試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算32試合出場となり、川口能活(94-01)を抜いてマリノス歴代単独15位となります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算31試合出場となり、川口能活(94-01)・狩野健太と並びマリノス歴代15位タイとなります(狩野健太が出場した場合は16位タイ)。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算29試合出場となり、井原正巳(93-99)・那須大亮(02-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、公式戦8試合を終えていまだ勝利がない状況となっていますが、この試合に勝利することで週末のリーグ戦に向けて自信を取り戻したいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:齋藤学、 清水:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:マルキーニョス、天野貴史、谷口博之、小椋祥平

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  清水オフィシャル

 【チケット情報】  清水オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「熊谷プロ初先発に気合 18日ナビスコ杯・清水戦」 (4/18)
   > 「ユース出身・松本&熊谷で1勝呼び込む…横浜M」 (4/18)
   > 「横浜M・熊谷アンドリュー、18日プロ初先発」 (4/18)

   > 「俊輔温存!ナビスコよりリーグ戦…横浜M」 (4/17)
   > 「ゴトビ監督に迷いなし!「石毛は100%先発します」」 (4/17)
   > 「清水ゴトビ監督 石毛先発明言」 (4/17)
   > 「【清水】枝村、肉離れで全治3、4週間」 (4/17)

   > 「横浜・下條本部長、指揮官解任を否定も…予断許さず」 (4/16)
   > 「チーム首脳、改めて樋口監督の解任は「ない」…横浜M」 (4/16)


 【TV中継】 (生) 4/18(水) 18:50~  Ch.800/Ch.580

        (録) 4/19(木) 06:40~  Ch.802/Ch.582

            4/20(金) 22:30~  Ch.584

            4/23(月) 12:00~  Ch.800/Ch.580

            4/26(木) 14:10~  フジテレビNEXT

            5/06(日) 25:40~  Ch.584

            5/08(火) 14:00~  フジテレビNEXT

            5/14(月) 14:10~  フジテレビNEXT

            5/15(火) 19:00~  Ch.805/Ch.583

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年ナビスコ予選第3節・清水戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月15日 (日)

【MDB式“2012年第6節・大宮戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★4/14(土) J1リーグ第6節・大宮アルディージャ戦 (ニッパ球)


  △1-1 (前半0-0、後半1-1)  主審:家本政明  観衆:7,101人

  .<得点> 1-0 小野裕二  (横浜・53分)
          1-1 長谷川悠  (大宮・82分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 松本翔が、Jリーグ初出場を記録しました。


 ドゥトラが、Jリーグ通算150試合出場にリーチとなりした。

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなりました。


 ドゥトラが、マリノス所属時公式戦通算206試合出場となり、河合竜二(03-10)を抜いてマリノス歴代単独15位となりました。

 中村俊輔が、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代7位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で引き分けたため、9試合ホーム勝ちなしとなり、「ホーム勝ちなし」のマリノス歴代記録を更新しました。


 <記録更新>

  ・「勝ちなし」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 2位>

  ・「ホーム勝ちなし」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「引き分け」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「無得点」記録 > 4試合連続 でストップ <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「ホーム無得点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「無失点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 9位タイ>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第6節終了時 : 15位 (前節 14位)
         < 0勝 4分 2敗  勝点 4 得点 4 失点 7 得失点差 -3 >

 最近5試合(第2~6節) 順位 : 16位 (前節 14位)
         < 0勝 3分 2敗  勝点 3  得点 1 失点 4 得失点差 -3 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「4/14 大宮アルディージャ戦フォトレポート

 (フォトレポートブログ) 「4/14 大宮アルディージャ戦イベントフォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「横浜FMのWボランチ、大宮のラファエルが
                      各々いい仕事をするもドロー決着


 (カナロコ) 「開幕6戦未勝利、クラブワースト更新 いばらの道どこまで…/大宮戦から

 (カナロコ) 「FW小野、芸術的先制弾も…/大宮戦から

 (カナロコ) 「MF中村「自分も含めて単純なミスが多い」/大宮戦から

 (スポニチ) 「樋口監督解任へ…横浜 クラブワーストの開幕6戦勝ちなし

 (日刊スポーツ) 「V率0%…横浜6戦未勝利

 (スポーツ報知) 「3戦連続ドロー!公式戦8試合勝ちなし

 (サンスポ) 「小野ゴールも…横浜M、公式戦8戦勝ちなし

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第6節・大宮戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【皐月賞(2012年)>予想&結果】

< 4月15日に行われる皐月賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【皐月賞】

 牡馬クラシックの1戦目となりますが、単勝1番人気でも(これを書いている時点で)3倍台ということで、今年はなかなかの混戦となっているようです。

 なので軸馬を決めるだけでもかなり悩ましいのですが、最終的には(これを書いている時点で)9番人気という穴馬・メイショウカドマツを◎にすることにしました。

 この馬はまだ重賞好走経験のない逃げ馬ではあるものの、弥生賞を制したコスモオオゾラとも0.1秒差の接戦を演じたことがありますし、その弥生賞でも出遅れながら逃げたのに0.5秒差に収めていますし、前走も今回1番人気候補のワールドエース相手に0.3秒差と、逃げ馬にしては着差的には安定しています。

 それに、5レース連続で2000mを走っていてそのうち中山では4レースと今回の舞台を走り慣れているし、父馬はこのレースを10番人気で制したダイワメジャー、そしてこのレースで毎年のように穴を開けている若葉S組と、強調材料はありますからね。

 もちろん、絶対の自信を持っての◎、というよりは、運良く3着以内に逃げ粘ってくれれば.....というくらいの自信ではあるのですが、ただ人気のどの馬を◎にしてもあまりしっくり来なかったこともあり、それでも無難に行くよりは“外れて元々”の勝負に出ることにしたのです。

 なので、まあとりあえず出遅れることなく、直線の途中まででもいいから“もしかしたら.....”と思わせるような走りを期待したいですね。


  ◎ メイショウカドマツ / 藤岡康太 (4)
  ○ ディープブリランテ / 岩田康誠 (6)
  ▲ ワールドエース / 福永祐一 (9)
  △ アダムスピーク / ピンナ (2)
  △ グランデッツァ / M.デムーロ (18)
  △ ゴールドシップ / 内田博幸 (14)
  △ コスモオオゾラ / 柴田大知 (15)
  △ トリップ / 田辺裕信 (3)
  △ ベールドインパクト / 藤岡佑介 (7)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14 △ ゴールドシップ    内田博幸  4
 2着 9  ▲ ワールドエース   福永祐一  2
 3着 6  ○ ディープブリランテ 岩田康誠  3
 4着 15 △ コスモオオゾラ   柴田大知  6
 5着 18 △ グランデッツァ    M.デムーロ 1

 8着 4  ◎ メイショウカドマツ  藤岡康太  11


 予想では「直線の途中まででもいいから“もしかしたら.....”と思わせるような走りを期待~」と書いたわけですが、残り1ハロンの時点でも勝ち馬に次ぐ2番手に付けていたのですから、この展開にはもうすっかり興奮状態に.....。

 まあそこから後続の馬たちに次々と抜かれていったものの、馬場が悪い中あれだけ速いペースを引っ張っていったにも関わらずこれだけの見せ場を作ってくれたので、馬券は外れたとはいえレース後には不思議と清々しい気持ちでいっぱいになっちゃいました。

 ただそれでも、レース前にも危惧していたことではあったのですが、ゼロスが掛かり気味に競って来ないで控えるか早めに前に行ってくれていれば、もっと興奮するような展開になっていたんじゃないかな~とも思ってしまいますねェ。

 あとは、南関所属でのラスト騎乗を生で観た内田博幸が、こんな大舞台で見事な騎乗で勝利したというのも、馬券は外れたとはいえやはり嬉しかったです。


  (3連複:6-9-14 20.5倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 2/10  20.0%  -15,680円   47.7%

☆12年通算 > 18/62  29.0%  +19,820円  110.7%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●○●○●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【アンタレスS&中山グランドJ(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【東京スプリント (2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年4月14日 (土)

週刊少年ジャンプ読切! 「無刀ブラック」 野々上大二郎

週刊少年ジャンプ 2012年4月30日号 NO.20週刊少年ジャンプ 2012年4月30日号 NO.20
集英社

2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 * 連載版の「無刀ブラック」に関しては週刊少年ジャンプ新連載! 「無刀ブラック」 野々上大二郎(13.5.17)の方をご覧ください。


 “SPRING SPECIAL!! 春の4連ゴールデン読切シリーズ”の第3弾として週刊少年ジャンプ2012年20号(2012年4月16日発売)に掲載された読切作品が、「無刀ブラック(むとう・ブラック)です。


 作者の野々上大二郎(ののうえ・だいじろう)は、"野々上友弘"名義で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2010年3月)”の佳作を「rhapsody in blow -ラプソディー イン ブロウ-」で受賞(「rhapsody in blow」はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて“ジャンプNEXT! 2010SUMMER”に「浮雲」が掲載されてデビューを果たし(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2010SUMMER」参照)、“本誌2011年02号”に「サジタリ」が掲載され本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「サジタリ」 野々上大二郎参照)。

 そして本作にて、2度目の本誌読切掲載となりました。


 内容の方は、合気道時代活劇漫画です。

 黒い羽織に眼鏡の浪人・黒月雪路の元に、優男に見合わぬ腕相撲の強さを噂に聞いた花岡組組長の息子・信造が登場。

 組を割った天竜が、強引な地上げやイカサマ賭博で幅を利かせ始め、街が腐っていく一方なため、落とし前をつける喧嘩を仕掛ける予定の信造は、その助太刀を雪路に依頼。

 組長・花岡源六の“暴力で解決したくない”という考え方に同調した雪路は、相手の力を受け流して動きを制する“合気”が真髄となる黒月流柔術を使って、天竜とその手下達に立ち向かうことに.....。


 なお、扉絵に付けられている煽り文は、

月天心(つきてんしん) 愛(かな)しき途(みち)を通りけり

☆月夜が照らす修羅の道!! 暗闘活劇読切Cカラー47P!!

というものでした。


 投票受付期間:2012.4.14~4.22
Muto


 投票受付期間:2012.4.22~4.29
Springsp

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「野々上大二郎」関連記事】

  > 「ももものがたり トシ春と友達編」 野々上大二郎
           > ジャンプGIGA 2018 SUMMER vol.1 (18.5.17)

  > 「帰ってくれアラトラマン」 野々上大二郎 > ジャンプNEXT! 2014 vol.1 (14.2.17)

  > 「無刀ブラック」 野々上大二郎 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.5.17)
  > 「無刀ブラック」 野々上大二郎 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.4.14)

  > 「サジタリ」 野々上大二郎 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.12.12)

  > 「浮雲」(ジャンプNEXT! 2010SUMMER) (10.8.16)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2012年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

【アンタレスS&中山グランドJ(2012年)>予想&結果】

< 4月14日に行われるアンタレスステークス(GIII)中山グランドジャンプ(J・GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アンタレスステークス】

 昨年の覇者(昨年までは京都で開催)のゴルトブリッツは、やはり断然人気となるだけあってこのメンバーでは抜けていそうですが、ただこの馬は負ける時は馬券圏外、というイメージがあるので、ここはシルクシュナイダーを◎にしてみましょう。

 前走・マーチSは、重賞未勝利ながらも重いハンデを背負ったうえに1番人気に推され、7着に敗れ期待を裏切ったわけですが、それでも0.4秒差なので着順ほど負けていないですからね。

 それに今回は走り慣れた関西でのレースですし、馬体重が回復しているのであれば、今度は結果を出してくれるのではないかと思うのです。


  ◎ シルクシュナイダー / 福永祐一 (7)
  ○ ゴルトブリッツ / 川田将雅 (11)
  ▲ ニホンピロアワーズ / 幸英明 (3)
  △ トーセンアドミラル / 高倉稜 (2)
  △ ダイシンオレンジ / M.デムーロ (5)
  △ ライブコンサート / 和田竜二 (6)
  △ デスペラード / 武豊 (9)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11 ○ ゴルトブリッツ     川田将雅 1
 2着 12    アイファーソング   川須栄彦 11
 3着 7  ◎ シルクシュナイダー  福永祐一 3
 4着 4     クリールパッション  津村明秀 13
 5着 3  ▲ ニホンピロアワーズ 幸英明   2


 ◎シルクシュナイダーは最後に3着に来てくれたのですが、2着馬が抜けてしまいました.....。

 そしてこの2着馬は、最後の相手1頭をどちらにしようか迷って結局外してしまった方の馬だったので、最後の選択で万馬券を逃してしまう2月頃の自分が戻って来てしまったかのようでしたねェ。

 本当にこういった外し方が一番悔しい.....。


  (3連複:7-11-12 206.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【中山グランドジャンプ】

 マジェスティバイオが断然の人気となっていますが、やはり何が起きてもおかしくない障害レースですし、しかも前日夜から降り続く雨の中でのレースとなるので、ここはあえて他の馬を狙っていこうかとも思っていました。

 ただ、他の馬にはそれぞれなんかしらの不安材料があって強くは推せない感じなので、ここは素直にマジェスティバイオを◎でいきましょう。

 これまで障害では10回走って馬券圏を外したのは障害デビュー戦のみ(それでも4着)という抜群の安定感がありますし、昨年末の中山大障害覇者というこれ以上ない実績もありますからね。

 相手も人気馬中心ですが、4番人気のクランエンブレムよりも当レース連対経験馬2頭を選んだのと、3連複1番人気の組み合わせはあえて外すことがどう出ますでしょうか.....。


  ◎ マジェスティバイオ / 柴田大知 (9)
  ○ キングジョイ / 西谷誠 (5)
  ▲ バシケーン / 五十嵐雄祐 (12)
  △ メルシーモンサン / 黒岩悠 (1)
  △ バアゼルリバー / 小坂忠士 (7)
  △ アグネスラナップ / 北沢伸也 (4)

  << 3連複:◎-○▲△(4-7-9は除く) >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9  ◎ マジェスティバイオ   柴田大知 1
 2着 7  △ バアゼルリバー    小坂忠士 2
 3着 6     コスモソユーズ     平沢健治 8
 4着 8     トーセンオーパス   横山義行 6
 5着 2     テイエムブユウデン  林満明   12


 ◎マジェスティバイオは、さすがの強さでしたね。まだ5歳馬ですし、このまま順調に活躍してくれればいいのですが。

 ただ馬券的には、3着馬が抜けて外れ.....。まあ、3~8着馬はいずれも相手に入れていない馬だったので、全く惜しくも何ともなかったのですけどね。


  (3連複:6-7-9 25.3倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 2/9   22.2%  -12,680円   53.0%

☆12年通算 > 18/61  29.5%  +22,820円  112.5%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●○●○●● → ●●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【クラウンC(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【皐月賞(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年4月13日 (金)

「このミス」完全読破・500冊突破記念企画「このミステリーがすごい!MDB版」 10位>6位

「このミス」完全読破 500冊突破記念企画


   >> 「 このミステリーがすごい!MDB版 」 <<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ”「このミス」完全読破”がついに500冊を突破したということで、100冊突破ごとの記念企画を今回も実施していきたいと思います。

 ちなみに、対象となる500冊について、および“「このミス」完全読破とは一体何なんだ?”といった基本的な部分、または過去の“100冊突破ごとの企画”については、 まとめページである「このミス」完全読破 読破本リストをご覧ください。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして500冊突破記念企画として実施するのは、「このミステリーがすごい!MDB版」。

 これは、これまで読んできた500作品の中から特に面白かったものを50作品選び、それに順位付けをして、カウントダウン方式で発表していこう、という企画です。

 選んだ基準は、単純に“読んで面白かったもの”を順番に選んでいったというだけなのですが、ただ“「このミス」完全読破”を始めた時の自分が完全なるミステリ初心者だったこともあり、読んだ時期によって読んで面白いと思ったタイプやジャンルが大きく変わっているのですね。

 なので、「読んだ当時の評価」ではなく、「今思い返してみて“あれは面白かった”と思う作品」を順番に選んで行くことにしました(したがって、読んだ直後の評価である“★評価”とはあまりリンクしていません)。

 ちなみに、企画名に入っている“MDB”とは、このブログの本元サイトである「マリノス・データ・バンク」の略称です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 10位 : 丸太町ルヴォワール / 円居挽 】

 

丸太町ルヴォワール (講談社文庫)丸太町ルヴォワール (講談社文庫)
円居 挽

講談社 2012-09-14
売り上げランキング : 70437

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 円居挽のデビュー作にして、「このミス」とは馴染みのない“講談社BOX”から発売されたのに11位にランクインしたほどの評価を得た作品です。

 中盤から開始される私的裁判が、大胆な推理と論理の応酬により展開が目まぐるしく変わって迫力満点でしたし、とにかくサービス過剰なほどのどんでん返しの連発が素晴らしすぎで、読んでいる間はニヤニヤが止まらないほどに楽しめましたからね。

  [ 2011年版 11位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 9位 : ディスコ探偵水曜日 / 舞城王太郎 】

 

ディスコ探偵水曜日〈上〉 (新潮文庫)ディスコ探偵水曜日〈上〉 (新潮文庫)
舞城 王太郎

新潮社 2011-01
売り上げランキング : 212740

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 舞城王太郎の集大成的なSFミステリ超大作です。

 多ジャンルごった煮状態といった感じの作品なのですが、とにかくストーリーも本格ミステリ部分もSF部分も、自分の想像しうる領域を遥かに凌駕するほどに怒涛の展開が繰り広げられて、それに対して成す術なく翻弄され圧倒されまくりでしたからねェ。

  [ 2009年版 9位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 8位 :容疑者Xの献身 / 東野圭吾 】

 

容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾

文藝春秋 2008-08-05
売り上げランキング : 2005

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 “探偵ガレリオシリーズ”の3作目にして、「このミス」「本ミス」「文春」全て1位&直木賞受賞&本格ミステリ大受賞賞という数々の偉業を成し遂げた作品です。

 当時の自分はまだ本格ミステリの面白さにあまり気付いていませんでしたが、それでもアリバイトリックなどには素直に驚かされましたし、なによりクライマックスでは心の底から感動の涙を流してしまったので、東野圭吾の凄さを最初に実感できた作品でもありましたね。

  [ 2006年版 1位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 7位 : アルバトロスは羽ばたかない / 七河迦南 】

 

アルバトロスは羽ばたかないアルバトロスは羽ばたかない
七河 迦南

東京創元社 2010-07-27
売り上げランキング : 154829

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 No.368「七つの海を照らす星」に続く、シリーズ2作目です。

 児童養護施設を舞台にした日常の謎的なミステリ部分も前作共々かなり好きなのですが、本作のクライマックスにおけるまさかの展開には、その瞬間に本を読んでいることを忘れてしまい、現実の世界で感情を鷲掴みにされたような衝撃を受けてしまったほどでしたからね。

  [ 2011年版 9位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 6位 : 生ける屍の死 / 山口雅也 】

 

生ける屍の死 (創元推理文庫)生ける屍の死 (創元推理文庫)
山口 雅也

東京創元社 1996-02
売り上げランキング : 163677

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 山口雅也のデビュー作で、「過去10年のベスト20」(1998年版で実施)で1位、「20年のベスト・オブ・ベスト」(2008年に実施)で2位ににランクインするなど、長きに渡って「このミス」で評価されている作品です。

 “死者が甦る”世界における葬儀屋での殺人事件(つまり被害者も容疑者も探偵役も皆"甦った死者")というとんでもない設定なのですが、そんなぶっ飛んだ展開には圧倒されっぱなしでしたし、それでも本格ミステリとしてキッチリと完成されていることも驚きでしたからねェ。

 本格ミステリの面白さに最初に気付かせてくれた作品の一つでもあるので、自分にとってはかなり思い出深い作品となっています。

  [ 1989年 8位 ]    << この作品の感想記事はこちら >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミステリーがすごい!MDB版」 5位>1位

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「「このミス」完全読破・500冊突破記念企画」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 50位>46位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 45位>41位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 40位>36位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 35位>31位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 30位>26位

  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 25位>21位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 20位>16位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 15位>11位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 10位>6位
  > 「このミステリーがすごい!MDB版」 5位>1位

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年4月12日 (木)

【MDB式“2012年第6節・大宮戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★4/14(土) 14:00~ J1リーグ第6節・大宮アルディージャ戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 14位  0勝 3分 2敗  勝点 3  3得  6失 得失 -3 」
  大宮  :「 13位  1勝 1分 3敗  勝点 4  4得 10失 得失 -6 」


 ここ最近は、ナビスコカップも含めれば4試合連続でリーグ戦未勝利クラブ同士の対戦となっていましたが、今回の対戦相手である大宮は第2節ですでに初勝利をあげています。

 しかし、第3節では仙台相手に4失点、そして前節ではC大阪相手に3失点と惨敗の試合が多く、前節終了後にはサポーターからの大ブーイングと鈴木監督の責任を追及する声が上がったそうです。

 なので今回の試合も、監督の去就にも影響して来そうな調子の悪いクラブ同士の対戦となるのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 大宮は、マリノスが最も苦手とする天敵クラブでして、リーグ戦では初対戦の2005年以降9試合も勝ちがありませんでした(0勝 4分 5敗)。

 しかし、リーグ戦アウェーでは「0勝 5分 2敗」といまだ勝ちがないのに対し、ホームでは「2勝 1分 4敗」で、そのうちここ3年では「2勝 0分 1敗」と、勝てるようになってきていますからね。

 そしてホームの会場でも、日産スタジアムでの公式戦では「1勝 1分 3敗」と分が悪いのに対し、今回の舞台でもあるニッパ球では「4勝 0分 2敗」で1試合平均2得点以上と、大宮相手としてはかなり相性の良いスタジアムとなっています(ちなみに大宮戦リーグ初勝利を決めたのもニッパ球での試合でした)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 この試合で負けか引き分けだと、9試合連続ホーム勝ちなしとなり、「ホーム勝ちなし」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で無得点だと、5試合連続無得点となり、「連続無得点」のマリノス歴代記録を更新します。


 ★今回の試合で引き分けか負けだと........
   > 8試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位)
   > 9試合連続“ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 3試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 1位タイ)


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 5試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)
   > 3試合連続“ホーム無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 2試合連続“ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 ドゥトラが出場すると、Jリーグ通算150試合出場にリーチとなります。

 谷口博之が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなります。


 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時公式戦通算206試合出場となり、河合竜二(03-10)を抜いてマリノス歴代単独15位となります。

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、またもやリーグ戦でなかなか結果が出ていないクラブ同士の対戦となりますが、この後は現在調子の良いクラブとの対戦が増えてくることもあり、まずはここで初勝利をあげておきたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 大宮:なし

 【U-19代表参加のため欠場】  マリノス:なし、 大宮:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:マルキーニョス、谷口博之、小椋祥平、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「U―19代表MF熊谷、大宮戦でプロデビューの可能性」 (4/14)
   > 「横浜M・アンドリュー、大宮戦で初ベンチ入り」 (4/14)
   > 「俊輔FK弾宣言…横浜M」 (4/14)

   > 「大宮 21日“さいたまダービー”にMF東が帰ってくる!」 (4/14)
   > 「大宮MF東が五輪金メダルヘア披露」 (4/14)
   > 「右足首をねん挫の東、遠征メンバー落ち…大宮」 (4/14)

   > 「小野、14日・大宮戦で「点取る」…横浜M」 (4/13)
   > 「横浜M・小野、初白星につながる得点誓う」 (4/13)
   > 「【大宮】チョ横浜戦「絶対勝つ」」 (4/13)

   > 「GK六反、顔面ポスト直撃!歯3本折れた…横浜M」 (4/12)

   > 「俊輔&大黒、14日・大宮戦出場ピンチ…横浜M」 (4/11)
   > 「横浜Mまた負傷者…大黒が右足痛、練習回避」 (4/11)
   > 「横浜M・俊輔ヒヤリ…右足首に違和感」 (4/11)

   > 「斎藤 負傷でU―23代表外れる、大前代替招集」 (4/8)
   > 「小椋、右肩脱臼で6か月離脱も…横浜M」 (4/8)


 【TV中継】 (生) 4/14(土) 13:50~  TBSチャンネル

        (録) 4/16(月) 04:00~  Ch.801/Ch.581/Ch.181

            4/17(火) 18:00~  Ch.802/Ch.582/Ch.182
            4/17(火) 22:15~  J SPORTS 1

            4/19(木) 09:00~  J SPORTS 1

            4/20(金) 12:30~  Ch.584/Ch.184
            4/20(金) 21:30~  Ch.802/Ch.582/Ch.182

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第6節・大宮戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月11日 (水)

『帰りなん、いざ』 志水辰夫 > 「このミス」完全読破 No.531

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.531

 『帰りなん、いざ』 志水辰夫

   「このミス」1991年版 : 6位

   受賞(候補) : (「直木三十五賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2011.12.11 ~ 読終:2012.3.19

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本(講談社文庫) <1993年7月>

帰りなん、いざ (新潮文庫)帰りなん、いざ (新潮文庫)
志水 辰夫

新潮社 2008-06-30
売り上げランキング : 560384

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 シミタツこと志水辰夫は、「このミス」創刊期のランクイン常連作家でした。

 創刊された1988年には今から思うと意外に感じるコメディ作品No.263「こっちは渤海」で初ランクインを果たし、翌1989年にはNo.408「深夜ふたたび」でトップ10入りして、翌年の1991年版では本作で3年連続ランクイン。

 そしてさらに翌年の1992年版においてついにNo.30「行きずりの街」で1位に輝くわけなのですね(ちなみに翌1993年版には「滅びし者へ」が12位となり、創刊号から5年連続ランクイン)。

 そんなわけで本作ですが、タイトルは陶淵明の詩「帰去来辞」の冒頭部分“帰去来兮(帰りなんいざ)”からとられていて、内容の方もこの詩がモチーフとなっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 自称翻訳家の稲葉雅行が新たな住処としたのは、山奥にひっそりと存在する小さな村。

 他所者に厳しい住民たちとの生活が始まるも、東京の地上げ屋から狙われているこの村には謎めいた過去があり、稲葉はその過去に絡んだ事件に巻き込まれていって.....。

 というわけで、主人公が事件に巻き込まれたり自ら探っていったりするハードボイルド的作品なのですが、その多くの部分が山奥の村を舞台にしていて、そこでの生活や恋物語などが描かれていくので、作中からもどことなくのんびりというか緩やかな印象が感じられました。

 それでもクライマックスでは激しさと強烈さとが合わさった迫力あるシーンが展開されていくので、さすがの読み応えがありましたね。

 なので、同じ恋愛が絡むハードボイルド的作品といえども翌年に1位となる「行きずりの街」とは全くと言っていいほど読み応えは異なるのですが、鮮やかな文体と熱い物語というシミタツの魅力はどちらの作品でも変わらず堪能できるのではないでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★         おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★★       主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★      人間味ドラマ度 : ★★★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “志水辰夫” 関連記事 】

  > No.531 「帰りなん、いざ」
  > No.408 「深夜ふたたび」
  > No.263 「こっちは渤海」
  > No.030 「行きずりの街」


 「猫柳十一弦の後悔」北山猛邦 <<< PREV/NEXT >>> 「パラダイス・ロスト」柳広司

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年4月10日 (火)

【クラウンC(2012年)>予想&結果】

< 4月11日に行われるクラウンカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【クラウンカップ】

 羽田盃のトライアルレースですが、同じく羽田盃の優先出走権が得られる2週前に行われた京浜盃と比べると、こちらは重賞好走経験馬が1頭もいないということもあり小粒なメンバーといった感じです。

 なので相手馬はもちろん軸馬を決めるのすらかなり難解なのですが、ここは牝馬のシラヤマヒメを◎でいってみましょうか。

 この馬はこれまでダートで7回走って馬券圏を外したのは最後方からの位置取りになってしまったフローラCのみという安定感がありますし、南関転入後の3戦はいずれも牡馬を相手にして馬券に絡んでいるので、初の左回りさえ克服できればここでも勝負になるのではないですかね。


  ◎ シラヤマヒメ / 左海誠二 (12)
  ○ コンテパルティロ / 森泰斗 (9)
  ▲ コスモランチャー / 戸崎圭太 (8)
  △ キタサンツバサ / 繁田健一 (5)
  △ ベルモントシェリー / 川島正太郎 (4)
  △ キョウエイロブスト / 山崎誠士 (1)
  △ ビッグライト / 石崎駿 (2)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5  △ キタサンツバサ   繁田健一  1
 2着 2  △ ビッグライト      石橋脩   6
 3着 1  △ キョウエイロブスト  山崎誠士 3
 4着 10    ハテンコウ      坂井英光 10
 5着 8  ▲ コスモランチャー   戸崎圭太 7

 9着 12 ◎ シラヤマヒメ     左海誠二 4


 やはりこんな結構強い雨の中でのレースで牝馬を◎にするのは無理がありましたかねェ。

 なんか予想を終えた時にも、結果が出たら“センスのない予想だったな~”と思うことになるんじゃないかな~と考えていたのですが、そっちの予想だけ当たっても嬉しくありません.....。


  (3連複:1-2-5 29.0倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 2/7   28.5%  -6,680円   68.2%

☆12年通算 > 18/59  30.5%  +28,820円  116.3%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●◎●●●○●○● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【桜花賞(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【アンタレスS&中山グランドJ(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年04月の記事一覧

 2012年4月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01日 : 【MDB式“2012年第4節・鹿島戦”データボックス】

02日 : 【MDB式“2012年ナビスコ予選第2節・札幌戦”プレビュー】

03日 : 【マリーンC(2012年)>予想&結果】

04日 : 「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年4月)
04日 : GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (CD+DVD)

05日 : 【MDB式“2012年ナビスコ予選第2節・札幌戦”データボックス】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06日 : 【MDB式“2012年第5節・新潟戦”プレビュー】
06日 : 【阪神牝馬S&ニュージーランドT(2012年)>予想&結果】

07日 : 「バナナマンのバナナムーン」本編&Podcast プレイリスト(2012年4月)
07日 : 週刊少年ジャンプ読切! 「DOUBLE BULLET」 平方昌宏

08日 : 【桜花賞(2012年)>予想&結果】
08日 : 【MDB式“2012年第5節・新潟戦”データボックス】

09日 : 『猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数』 北山猛邦 > 「このミス」完全読破 No.530

10日 : 2012年04月の記事一覧
10日 : 【クラウンC(2012年)>予想&結果】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日 : 『帰りなん、いざ』 志水辰夫 > 「このミス」完全読破 No.531

12日 : 【MDB式“2012年第6節・大宮戦”プレビュー】

13日 : 「このミス」完全読破・500冊突破記念企画
                    「このミステリーがすごい!MDB版」 10位>6位

14日 : 【アンタレスS&中山グランドJ(2012年)>予想&結果】
14日 : 週刊少年ジャンプ読切! 「無刀ブラック」 野々上大二郎

15日 : 【皐月賞(2012年)>予想&結果】
15日 : 【MDB式“2012年第6節・大宮戦”データボックス】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16日 : 【MDB式“2012年ナビスコ予選第3節・清水戦”プレビュー】

17日 : 『パラダイス・ロスト』 柳広司 > 「このミス」完全読破 No.532

18日 : 【東京スプリント(2012年)>予想&結果】
18日 : 『絶海ジェイル Kの悲劇'94』 古野まほろ > 「このミス」完全読破 No.533

19日 : 【MDB式“2012年ナビスコ予選第3節・清水戦”データボックス】

20日 : 【MDB式“2012年第7節・磐田戦”プレビュー】
20日 : 『幽女の如き怨むもの』 三津田信三 > 「このミス」完全読破 No.534

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21日 : 【福島牝馬S(2012年)>予想&結果】
21日 : 週刊少年ジャンプ読切! 「クロス・マネジ」 KAITO

22日 : 【マイラーズC&フローラS(2012年)>予想&結果】
22日 : 【MDB式“2012年第7節・磐田戦”データボックス】

23日 : 「このミス」完全読破・500冊突破記念企画
                    「このミステリーがすごい!MDB版」 5位>1位

24日 : 【しらさぎ賞(2012年)>予想&結果】

25日 : 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」プレイリスト(2012年3月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26日 : 【MDB式“2012年第8節・神戸戦”プレビュー】

27日 : 「このミス2012年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(6-10位)
27日 : 【青葉賞(2012年)>予想&結果】

28日 : 週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」
28日 : 【天皇賞・春(2012年)>予想&結果】

29日 : 【MDB式“2012年第8節・神戸戦”データボックス】
29日 : 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」掲載の読切作品の中で
                     一番面白かった作品を決める投票を実施中です

30日 : 【MDB式“2012年第9節・浦和戦”プレビュー】

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2012年3月の記事一覧 <<   >> 2012年5月の記事一覧


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月 9日 (月)

『猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数』 北山猛邦 > 「このミス」完全読破 No.530

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.530

 『猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数』 北山猛邦

   「このミス」2013年版 : 45位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 18位
              「黄金の本格ミステリー」 選出

   読始:2012.3.6 ~ 読終:2012.3.18

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : ノベルス <2011年12月>

猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 (講談社文庫)猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 (講談社文庫)
北山 猛邦

講談社 2015-03-13
売り上げランキング : 357567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.451「私たちが星座を盗んだ理由」で「このミス」初ランクインを果たした北山猛邦の新作です。

 大学の探偵助手学部に通うクンクンとマモルは、2年生時のゼミ選択で希望する人気ゼミに入ることが出来ず、二人共に知名度ゼロの猫柳ゼミ行きが決定。

 ゼミへ挨拶に行ってみると、そこに現れた探偵・猫柳十一弦は、意外にも若くて頼りない感じの女性。

 彼女の下で立派な探偵助手になれるのかと今後への不安を抱えつつも仲良し3人組になっていくのですが、そんな中で名門ゼミとの合同研修が決まり、研修地である“孤島の館”へと向かうことに.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、探偵助手学部に関わる事件が描かれた本格ミステリ作品です。

 この探偵助手学部というのは、探偵ではなく“探偵助手”になることを目指している学生のための学部でして、実際に活躍している探偵が教授となって探偵学を指導するという、この作品オリジナルの学部となっています。

 そして主人公たちが所属するゼミの研修地である孤島の館が台風のために孤立化し、連続殺人事件が繰り広げられるという、まさに館系本格ミステリの定番的な展開となっていくのですが、この事件に巻き込まれるのが探偵と探偵助手候補生ということもあって、登場人物たちは全員がある程度の探偵的知識を持ち得ているのです。

 なので、館系本格ミステリの舞台設定やトリックなどある意味舞台裏ともいうべき部分にも触れながら、考察を交えた推理合戦が行われていくので、館系本格ミステリ作品を多く読んでいる人ほど楽しむことが出来るのではないでしょうか。

 とはいえ、ガチガチな本格ミステリに仕上がっているわけではありませんでして、学生たちのやり取りは青春ミステリ的だし、主人公である女探偵のキャラクターなど最近流行りのユーモアミステリのような感じがあるので、(本格ミステリとユーモアミステリの)どちらか一方の要素のみを期待してしまうと少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、どちらの要素もOKなのであれば、シリーズ化を強く望むくらいに好きになるに違いないでしょうね。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★★★    鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★         おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★         人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★          感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★       気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “北山猛邦” 関連記事 】

  > No.799 「オルゴーリェンヌ」
  > No.758 「少年検閲官」

  > No.688 「猫柳十一弦の失敗 探偵助手五箇条」
  > No.530 「猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数」
  > No.451 「私たちが星座を盗んだ理由」
  > No.315 「蝦蟇倉市事件 2」
  > No.141 「踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿」


 「星月夜」伊集院静 <<< PREV/NEXT >>> 「帰りなん、いざ」志水辰夫

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年4月 8日 (日)

【MDB式“2012年第5節・新潟戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★4/7(土) J1リーグ第5節・アルビレックス新潟戦 (東北電ス)


  △0-0 (前半0-0、後半0-0)  主審:佐藤隆治  観衆:15,854人

  .<得点> 0-0

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 富澤清太郎が、Jリーグ通算200試合出場(J2も含む)を達成しました。

 小林祐三が、J1リーグ通算150試合出場を達成しました。

 中村俊輔が、マリノス所属時公式戦通算250試合出場を達成しました。


 ドゥトラが、マリノス所属時公式戦通算205試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代15位タイとなりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時公式戦通算172試合出場となり、那須大亮(02-07)を抜いてマリノス歴代単独22位となりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で無得点だったため、4試合無得点となり、「連続無得点」のマリノス歴代新記録を達成しました。


 <記録更新>

  ・「勝ちなし」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 2位>

  ・「アウェー勝ちなし」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「引き分け」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「同一カード アウェー勝ちなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>


  ・「無得点」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「アウェー無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「無失点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード アウェー連敗」記録 > 3連敗 でストップ <マリノス歴代 4位タイ>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第5節終了時 : 14位 (前節 14位)
         < 0勝 3分 2敗  勝点 3 得点 3 失点 6 得失点差 -3 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「4/7 アルビレックス新潟戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「リーグ戦未勝利同士の一戦は、
                 ともに不完全燃焼の内容でスコアレスドロー。


 (カナロコ) 「クラブ史上ワースト…4試合連続無得点/新潟戦から

 (カナロコ) 「小椋が負傷退場/新潟戦から

 (カナロコ) 「兵藤「気持ちの焦りが、精度を欠いた」/新潟戦から

 (スポニチ) 「攻撃陣沈黙…横浜 クラブワーストの4戦連続無得点

 (日刊スポーツ) 「横浜4戦0点 ドゥトラ復帰もダメ

 (スポーツ報知) 「最悪の4戦連続0点!開幕5戦白星なし

 (スポーツ報知) 「小椋、右肩脱臼で6か月離脱も

 (サンスポ) 「横浜M、相手崩せず5試合勝利なし

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第5節・新潟戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【桜花賞(2012年)>予想&結果】

< 4月8日に行われる桜花賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【桜花賞】

 3歳重賞というのは、キャリアの少ない馬たちのレースということもあって、古馬重賞とは若干予想法というか予想の基準が違ってくるのですが、果たして3歳重賞における自分の予想は見当違いになってはいないか?といったところを、牝馬クラシックの1戦目となるこのレースの予想前に振り返ってみました。

 自分の3連複での予想方法が固まってきた(去年までは枠連派でした)今年の共同通信杯以降の3歳重賞(南関重賞は除く)の予想結果をみてみると、10レース中半数以上の6レース的中で、そのうち2レースが万馬券ということで、3歳重賞の予想は自分としてはかなり上出来な成績となっていたのです。

 それで自分が3歳重賞予想の時に何を重視しているのかといいますと、それは“上がりタイム”。

 まあ古馬重賞でも重視してはいるのですが、ただ3歳重賞というは、後にGI戦線で活躍する馬と条件戦すら勝ち上がれない馬とが一緒に走るので、古馬重賞よりも力の差が出やすくて、その差が上がりタイムによって計れるのではないかな~と気付いたのですね。

 具体的には、連続して34秒台以下の上がりを繰り出している馬を狙うのですが、やはり後々GI戦線で活躍するような馬というのは、この時期のレースでは常に34秒台以下の上がりを出していることが多いように感じるのです(具体的な検証など行っていませんが)。

 そんな“上がり重視予想”が3歳重賞に限ってはこれまでのところ上手くいっているようなので、このレースもそんな感じで予想していきたいと思いますが、それで結局◎に選んだのは、1番人気のジョワドヴィーヴル

 断然1番人気だった前走・チューリップ賞は勝てずに期待を裏切ったとはいえ、それでも3着には来ているわけですし、休み明けを叩かれたうえに東スポの調教評価も高いとなれば、前走以上の走りを見せてくれるのは間違いないでしょう。

 さらにはこのレースでは相性の良い外枠に入ったので、今回も勝てなかったとしても3着以内は確保してくれるだろうということで、伏兵馬にも該当する馬がいたのでそちらを狙っても良かったものの、素直にこの馬に期待することにしたのです。

 ただ今回はかなりの混戦状態だと思うので、仮に◎馬が来たとしても、相手が抜けてしまいそうで怖いですねェ。


  ◎ ジョワドヴィーヴル / 福永祐一 (17)
  ○ サンシャイン / M.デムーロ (4)
  ▲ ヴィルシーナ / 内田博幸 (15)
  △ ジェンティルドンナ / 岩田康誠 (10)
  △ アイムユアーズ / ピンナ (11)
  △ イチオクノホシ / 田辺裕信 (9)
  △ プレノタート / 安藤勝己 (12)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10 △ ジェンティルドンナ  岩田康誠 2
 2着 15 ▲ ヴィルシーナ     内田博幸 4
 3着 11 △ アイムユアーズ    ピンナ   3
 4着 13    サウンドオブハート 松岡正海  5
 5着 7     メイショウスザンナ  武豊    11

 6着 17 ◎ ジョワドヴィーヴル  福永祐一 1


 ◎ジョワドヴィーヴルは、ほぼ最後方の位置取りで、直線に入る時も大きく外に膨れて距離的ロスがかなり大きかったので、これでは例えGI級の力があったとしても厳しいですよねェ。

 まあ、長々と予想を書いてしまった時点で“これは外れたかな.....”と思いましたが、案の定な結果でした.....。


  (3連複:10-11-15 51.1倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 2/6   33.3%  -3,680円   79.6%

☆12年通算 > 18/58  31.0%  +31,820円  118.3%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●◎●●●○●○ → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【阪神牝馬S&ニュージーランドT(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【クラウンC(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年4月 7日 (土)

週刊少年ジャンプ読切! 「DOUBLE BULLET」 平方昌宏

週刊少年ジャンプ 2012年4月23日号 NO.19週刊少年ジャンプ 2012年4月23日号 NO.19
集英社

2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “SPRING SPECIAL!! 春の4連ゴールデン読切シリーズ”の第2弾として週刊少年ジャンプ2012年19号(2012年4月9日発売)に掲載された読切作品が、「DOUBLE BULLET(ダブル・バレット)です。


 作者の平方昌宏(ひらかた・まさひろ)は、“十二傑新人漫画賞(2005年8月期)”の十二傑賞を「刀無」で受賞し、“赤マルジャンプ2006WINTER”にその「刀無」が掲載されてデビュー。

 続いて“本誌2006年41号”に「TEAM MADE」が掲載されて本誌デビューを果たし、さらにはJ金未来杯エントリー作品として“本誌2008年41号”に「クロガネ」を掲載。

 そして本作にて、約3年半ぶりの作品発表となりました。


 内容の方は、ポリスアクション漫画です。

 国家最大級の警備システムを持つアストレア警察署に新任となり、やる気に満ち溢れる新人婦警・霧島カナコ。

 しかし配属されたのは、セクハラ変態軟派男・識崎弾丸(タマル)とマグナム発砲堅物男・バレット=ホークスの超問題児コンビが上司となる広報課。

 上司二人に振り回されつつも、ビラ配りなど期待していたのと違う仕事内容に不満を抱くカナコの前に、市中を暴走する装甲車が現れて.....。


 なお、扉絵に付けられている煽り文は、

正義の街が揺らぐ時、 “二発の弾丸(ダブルバレット)”は放たれる!!

☆常識破りのコンビ参上!! 痛快ポリスアクション読切Cカラー47P!!

というものでした。


 投票受付期間:2012.4.7~4.15
 
オンラインアンケート


 投票受付期間:2012.4.22~4.29
 
オンラインアンケート

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「平方昌宏」関連記事】

  > 「東の大和と西のリリー」 平方昌宏 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.5)

  > 「ベストブルー」 平方昌宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (15.7.6)
  > 「ベストブルー」 平方昌宏 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.1 (14.2.16)

  > 「31HEROES」 平方昌宏 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.9.30)

  > 「新米婦警キルコさん」 平方昌宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.11.16)

  > 「DOUBLE BULLET」 平方昌宏 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.4.7)

  > 「いぬまるだしっ」 大石浩二 <JC1巻買い> (09.2.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2012年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2012年4月)

 「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」本編(ラジオ)&Podcastの、2012年4月のプレイリストです

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

 内容を細かく書いてしまうと、これから聴く方の楽しみを奪ってしまうことになるので、話に出てくる主なキーワードを並べるだけにしてみました(ただ最近はある程度詳しく書くようになってきたので、未聴の方はネタバレにご注意ください)


 / 放送日(収録日) / 本編 or P-C(Podcast) / 放送(収録)時間 /
 / “タイトル” / 「キーワード」(『』はメッセージ(メール)テーマ) /

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 この時期に配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2012年 4月 】


04/06 本編 2:00:00 “設楽が激動の1週間を振り返る”

 「"ノンストップ!!"1週目を終えての感想」「酔っ払いながら初回
 生放送を観ていて途中で寝ちゃう日村(直後収録の"ブログ刑
 事"に遅刻)」「日村には大好評(ライトなバラエティー番組)」「日
 村が毎日"ノンストップ!!"を観ながら自己嫌悪」「日村が出演す
 るなら(夏休み中の代理?)」「文化人タレントとの絡み」「曲対決
 (×日村:どうにもとまらない~ノンストップ/山本リンダ vs ○設
 楽:Heavenly Star/元気ロケッツ)」『まさかのプレッシャーを感じ
 てしまった瞬間』「"ノンストップ!"初回の"おはようございます!"
 が日村の予想通り」「金曜のスーツが"みなさん"で買ったスー
 ツではなかった」「設楽が"笑っていいとも"にやっぱり遅刻
 (今後も無理をしない方針)」「日村はド緊張(放送直前に出演者
 で円陣)」「設楽は金曜に解放感(TBSに入る時にニヤニヤ)」
 「オークラが"ノンストップ!"終了直後のフジテレビ内で一服中
 に人前で屁こく」「"みなさん"の沖縄男気ジャンケンでビンタ祭
 り(清原にビンタする設楽&小川直也から何発もビンタ受ける日
 村)」「来週から始まる新コーナー:スピリッツ音頭の告知」「バラ
 エティー番組でカメラに抜かれる時のプレッシャー」「美容院で
 話しかけられたくない設楽」「この仮説どうですか?」「"芯食った"
 は設楽独特の言葉?」「設楽が"オールスター感謝祭"でピリオド
 チャンピオンに」「曲対決(×日村:きよしのズンドコ節/氷川きよ
  vs ○設楽:CANDY CANDY/きゃりーぱみゅぱみゅ)」


04/06 P-C 0:48:19 “設楽が激動の
                  1週間を振り返る・Podcast版”

 「本編終了からPodcast収録までの間でついに疲れが出た設楽
 ("ノンストップ!"1週目最終日&生番組3連発)」「"いいとも"でア
 ルタ入りする時に出待ちされる設楽」「生放送のプレッシャーを
 感じさせない設楽(中継出演のジョナサンはド緊張)」「酔っ払い
 ながら"ノンストップ!"初回放送を観ていて途中で寝ちゃった日
 村」「"いいとも"前の打ち合わせやリハーサル中も緊張してい
 た日村」「"いいとも"オープニングのメンタリスト・DaiGoとの絡
 みでドギマギする日村」「"ノンストップ!"のスタッフに入ってい
 るオークラ」「"ノンストップ!"での設楽は恵まれた環境」「アンジ
 ャッシュ児嶋もパネラー出演」「児嶋へのイジリを午前中仕様
 にする設楽(なぜか児嶋も午前中仕様)」「田原総一朗や小島
 慶子との絡み」「日村は"ノンストップ!"を大絶賛」「ライブとオリ
 ンピックが重なる夏のことを考えて心配する設楽」「架空の話
 で設楽にプレッシャーかける日村(そのうち"ノンストップ!"に超
 大物ゲスト来る?)」「日村が出演する可能性&出方」「解放感に
 向かっている設楽(この後髪切る予定)」「理解していない時の
 返しに困る日村」「"いいとも"後説に初参加」

 「2012年4月6日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/13 本編 2:00:00 “『何やってんだよ』”

 「疲れている設楽(水曜ですでに疲れが出る)」「北朝鮮ミサイル
 失敗」「声のトーンが低い設楽」「控室での設楽の疲れ切った
 寝方」「早い段階で緊張が表に出なくなった設楽」「"いいとも"
 の開始前にまだ緊張する日村」「曲対決(○日村:スタートライ
 ン/海援隊 vs ×設楽:春よ来い/松任谷由実)」「若くして売れ
 ているハライチ」「来週はスペシャルウィーク:設楽の誕生日企
 画(設楽にお世話になっているK&関係ないのにちょくちょくやっ
 て来るOがゲスト予定)」「来週は前番組"LINDA!"にも生出演」
 「ヒムペキ兄さん(きゃりーぱみゅぱみゅを入れることで若い女
 子にもウケルようにした"前略、道の上より/一世風靡セピア")」
 「来週の"バナナ炎"のノープランロケは超面白い」「日村が小
 山に髪型の相談(横を刈り上げ)」「スピリッツ音頭」「曲対決(×
 日村:バンザイ~好きでよかった~/ウルフルズ vs ○設楽:
 くら/ケツメイシ)」


04/13 P-C 0:42:04 “日村のパンツ泥棒願望”

 「オークラがトークテーマを考案(プライベートな時間で何をやっ
 ている時が楽しいのか)」「日村が楽しい時:車での移動(運転)」
 「運転中にオシッコしたくなって"ノンストップ"の中継コーナー
 収録中の店でトイレ借りようか考える日村」「本編収録直前まで
 寝ていた設楽」「設楽の 明日(休日)の予定」「設楽に可愛い女
 の子の写真を見せてくるオークラ」「日村とオークラの変態性の
 違い」「日村のパンツ泥棒願望(誰もいない楽屋に永作博美の
 下着が干してあったら...)」「設楽もオークラも逮捕」「来週の本
 編は設楽の誕生日企画(最近設楽にちょくちょくお世話になっ
 ているK&関係ないのにちょくちょくやって来るOがゲスト予定)」
 「ケンコバ&井戸田と夜桜を見に行った日村」「桜の見える店で
 食事した設楽」「日本語ペラペラの外国人の店員(テリー・ゴ
 ディ似)」「"ノンストップ"のジョナサンは英語をしゃべれない」
 「オークラが嫌いな芸能人(名前はピー音で隠す)」

 「2012年4月13日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/20 本編 2:00:00 “設楽統30代最後のバースデーパーティー”

  ゲスト:児嶋一哉(アンジャッシュ)
       高橋健一(キングオブコメディ)
  生電話ゲスト:森山直太朗
           大地洋輔(ダイノジ)

 「設楽誕生日記念オープニング」「前番組"LINDA!"にも生出演」
 「今年も森山直太朗が生電話でバースデーソング&"さくら"披
 露(オークラが咳で邪魔する)」「設楽のしもべ・児嶋&高橋登場」
 「先週告知していたO(ダイノジ大地)がダブルブッキングのため
 代わりに高橋がゲストに」「大地が生電話で謝罪」「児嶋&高橋
 がいかに設楽に感謝の気持ちがないのかを検証」「児嶋から
 のプレゼント(Vita)」「高橋からのプレゼント(スリープトラッカー)」
 「2人からのプレゼントはリスナーへ」『設楽統を喜ばすここで出
 来るイベント』「児嶋vs高橋vs日村で面白い顔対決」「100%ロ
 ーラの真似対決」「設楽のいい所言い合う対決」「設楽が喜びそ
 うなカミングアウト対決」「おかしタイム(設楽が好きそうなおかし
 を買って来る対決)」「スピリッツ音頭」「おかし対決はトッポの児
 嶋が勝利」「名曲汚し対決(児嶋:"フライングゲット/AKB48"vs
 高橋:"PONPONPON/きゃりーぱみゅぱみゅ"vs日村:"睡蓮花
 /湘南乃風"vs設楽:"PONPONPON/きゃりーぱみゅぱみゅ")」
 「2人からのプレゼントはスタッフが買ったものだった」「総合的
 に一番ダメだった児嶋がプレゼント代払う」「児嶋&高橋は
 Podcastにも出演」


04/20 P-C 0:55:48 “児嶋&高橋を交えてのビンタ論争”


  ゲスト:児嶋一哉(アンジャッシュ)
       高橋健一(キングオブコメディ)

 「いつもと違って感謝の気持ちを伝え合う」「有吉のラジオでブ
 レイクの秘訣を自分の手柄のように語っていた児嶋(設楽の名
 前をまた出さなかった児嶋を問い詰める)」「有吉の番組のディ
 レクターも務める辻くんに当時の状況を聞く」「児嶋の言い訳」
 「収拾つかないのでビンタで決着?」「日村・児嶋・高橋・オーク
 ラの中から1人選んでビンタ案」「5分後に投票案」「ゴネる児嶋」
 「試しに現状の投票結果を確認」「ビンタの代替案を考える」
 「辻くんもエントリー」「5人で試し指差し」「5分後に指差しで決
 定」「5分間の押し付け合い論争」「ラスト30秒&15秒のリハーサ
 ル指差し確認」「ビンタを受ける人決定」「設楽がハッピーバー
 スデービンタ決行」

 * 関連する回については、ゲスト出演回リスト(2012年)参照

 「2012年4月20日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/27 本編 2:00:00 “『そうじゃねぇんだよ』”

 「GW突入」「"ノンストップ"前に設楽が児嶋に先週Podastで強
 く攻めすぎたと声かける」「井上和香の結婚に日村ショック(手
 の届かない存在ではなかった?)」「日村が"みなさん"でダイエ
 ットドッキリ(二の線出る&さすがのリアクション)」「今日の設楽
 の仕事は5本(いいとも直後に2本)」「"設楽に仕事をやらさせ
 過ぎだ"と小山に注意する日村」「先週のラジオ終わりに仕事
 で上海に行った設楽」「設楽はMC芸人4位」「"ノンストップ"の
 ギャラが予想よりだいぶ低かった設楽」「曲対決(○日村:ラス
 トソング/吉岡秀隆 vs ×設楽:楽しい夜更かし/大滝詠一)」
 「年収億を断固否定する設楽」「一番忙しのは小山?」「なぞな
 ぞの強い人・弱い人」「ももクロがクレイジーなほど好きなキン
 コメ高橋」「ヒムペキ兄さん(長嶋茂雄的擬音を織り込んで天才
 ぶりを強調した"田園/玉置浩二")」「スギちゃんに会ったら小さ
 かった」「スピリッツ音頭」「この仮説どうですか?」「かけたい曲
 対決(○日村:ラストソング/吉岡秀隆 vs ×設楽:楽しい夜更
 かし/大滝詠一, あえて1回目と同じ曲で対決)」


04/27 P-C 0:26:49 “もし9連休もらえたら”

 「もし9連休もらえたら」「温泉のレディースパック」「旅館での食
 事(日光ロケのホテルでの朝食バイキング)」「ベガス好き設楽」
 「9連休あったらオークラが行きたい所ベスト3:京都・ハワイ・イ
 タリア(歴史好きオークラ)」「シティボーイズのライブの脚本を書
 いたオークラ」「シティボーイズの稽古」「日村からゴルフシュー
 ズの誕生日プレゼントをもらった設楽」「設楽をゴルフに誘う日
 村」「来月は日村の40歳の誕生日(設楽からのプレゼントは?)」
 「設楽が楽屋で寝ようとしたら大きい音でテレビを観始めた日
 村(そのまま先に寝ちゃう日村)」

 「2012年4月27日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2012年5月)

 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2012年3月) <<< PREV

 

『ももクロChan』Presents ももいろクローバーZ 試練の七番勝負2012『ももクロChan』Presents ももいろクローバーZ 試練の七番勝負2012
ももいろクローバーZ スターダストプロモーション

太田出版 2012-04-27
売り上げランキング : 161904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2012年の「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2011-2012年) (13.1.28)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2012年) (12.1.10)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2012年) (12.1.9)

  > 曲対決リスト(2012年1-4月) (15.2.6)
  > 曲対決リスト(2012年5-8月) (15.3.13)
  > 曲対決リスト(2012年9-12月) (15.7.5)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年1月) (12.1.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年2月) (12.2.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年3月) (12.3.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年4月) (12.4.7)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年5月) (12.5.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年6月) (12.6.2)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年7月) (12.7.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年8月) (12.8.4)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年9月) (12.9.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年10月) (12.10.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年11月) (12.11.23)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年12月) (12.12.16)


 その他の年の「バナナムーンGOLD」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月 6日 (金)

【阪神牝馬S&ニュージーランドT(2012年)>予想&結果】

< 4月7日に行われるサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)ニュージーランドトロフィー(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】

 結構狙いたい馬が多いのですが、ここはレディアルバローザを◎にしてみましょうか。

 前走・中山牝馬Sではまさかの逃げが決まって勝利したわけですが、単に展開がハマっただけというよりは、自在性のあるところを見せた、と評価した方が良いのではないかと思うのです。

 それに阪神開催だった昨年の中山牝馬Sを制し、朝日CCでは牡馬相手にクビ差3着と好走するなど、阪神コースとの相性はかなり良いので、この馬に期待してみましょう。


  ◎ レディアルバローザ / 浜中俊 (9)
  ○ エーシンリターンズ / 川田将雅 (14)
  ▲ マルセリーナ / M.デムーロ (10)
  △ スプリングサンダー / 四位洋文 (2)
  △ アパパネ / 岩田康誠 (16)
  △ チャームポット / 柴山雄一 (6)
  △ フミノイマージン / 太宰啓介 (7)
  △ アンシェルブルー / 池添謙一 (8)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 15    クィーンズバーン   藤岡佑介  11
 2着 10 ▲ マルセリーナ     M.デムーロ 2
 3着 7  △ フミノイマージン   太宰啓介   4
 4着 14 ○ エーシンリターンズ 川田将雅   9
 5着 2  △ スプリングサンダー 四位洋文   1

10着 9  ◎ レディアルバローサ 浜中俊    5


 ◎レディアルバローサは、直線に入った時にちょうど前が開けていたので、あとは伸びてくるだけ.....、と期待したのですが、鋭い脚を見せることは出来ませんでしたねェ。

 まあ、逃げ勝ったクィーンズバーンは相手に入れていなかったので、早い段階で“これま◎馬が来たとしてもダメだ.....”と諦めなければならなかったわけですが。


  (3連複:7-10-15 444.7倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ニュージーランドトロフィー】

 NHKマイルCのトライアルレースですが、ここはセイクレットレーヴを◎にしてみましょう。

 今回が初重賞ではあるものの、オープンで2戦続けて連対していますし、今回と同じ中山マイル戦で好走経験済みなのも心強いです。

 それに、中山→東京とコースが変わりながらも連続して33秒台の上がりを繰り出している鋭い脚があるので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ セイクレットレーヴ / 横山典弘 (3)
  ○ レオンビスティー / 国分恭介 (11)
  ▲ カレンブラックヒル / 秋山真一郎 (4)
  △ オリービン / C.デムーロ (16)
  △ ホーカーテンペスト / 北村宏司 (15)
  △ サドンストーム / 勝浦正樹 (1)
  △ ブライトライン / 安藤勝己 (5)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4  ▲ カレンブラックヒル 秋山真一郎 1
 2着 3  ◎ セイクレットレーヴ 横山典弘   2
 3着 5  △ ブライトライン    安藤勝己   4
 4着 16 △ オリービン      C.デムーロ 3
 5着 1  △ サドンストーム    勝浦正樹  5


 人気上位5頭で掲示板を占めるという堅い決着となりましたが、3着馬は最後の相手1頭をどの馬にしようか迷った末にギリギリで入れた馬だったこともあり、当たってホッとしましたねェ。


  (3連複:3-4-5 19.8倍)  ○的中!  3,000円 → 7,920円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 2/5   40.0%   -680円   95.5%

☆12年通算 > 18/57  31.6%  +34,820円  120.4%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○●●◎●●●○ → ●○
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【マリーンC(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【桜花賞(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

【MDB式“2012年第5節・新潟戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★4/7(土) 15:00~ J1リーグ第5節・アルビレックス新潟戦 (東北電ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 14位  0勝 2分 2敗  勝点 2  3得 6失 得失 -3 」
  新潟  :「 16位  0勝 1分 3敗  勝点 1  3得 6失 得失 -3 」


 新潟は、今年は黒崎監督になって3シーズン目で、矢野貴章が1年半ぶりに復帰するなどしたのですが、リーグ戦は開幕から3連敗という、結果の出ないスタートとなってしまいました。

 全敗対決となった前節のG大阪戦で引き分けてようやく勝ち点を得たものの、水曜に行われたナビスコカップでは清水相手に敗れているので、マリノス同様に開幕から続く泥沼を抜け出せないでいるようですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 新潟戦は、公式戦通算で「9勝 3分 7敗」、リーグ戦通算で「7勝 2分 7敗」と五分の成績となっています。

 ただ、リーグ戦ホームでは「5勝 1分 2敗」なのに対し、アウェーでは「2勝 1分 5敗」と、お互いにアウェーで分が悪くなっていますね。

 そしてここ最近の成績でも、ホームでは2連勝中&3試合負けなしなのに対し、アウェーでは3連敗中&4試合勝ちなしとなっているので、ホーム・アウェーの相性はさらに特化されているような感じでしょうか。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 この試合で無得点だと、4試合連続無得点となり、「連続無得点」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で引き分けか負けだと........
   > 7試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位)
   > 4試合連続“アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 5試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合に負けると........
   > 4試合“同一カード アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 3位タイ)


 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 3失点以上”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で4失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4失点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 4試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 新記録達成)
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 富澤清太郎が出場すると、Jリーグ通算200試合出場(J2も含む)を達成します。

 小林祐三が出場すると、J1リーグ通算150試合出場を達成します。

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算250試合出場を達成します。

 谷口博之が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなります。


 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算172試合出場となり、那須大亮(02-07)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に勝利すると、リーグアウェー通算150勝を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、これでナビスコカップも含めれば4試合連続でリーグ戦未勝利対決となりますが、樋口監督の進退問題も浮上してきていることもあり、なんとしてでもここで初勝利を決めたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 新潟:なし

 【U-19代表参加のため欠場】  マリノス:なし、 新潟:鈴木武蔵

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:マルキーニョス、谷口博之、
                        天野貴史、熊谷アンドリュー

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  新潟オフィシャル

 【チケット情報】  新潟オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「今季初勝利に自信…樋口監督「問題は徐々に改善しつつある」」 (4/6)
   > 「崖っぷち横浜M・樋口監督、新潟戦が正念場」 (4/6)

   > 「横浜 谷口 練習中にけが 全治3週間」 (4/5)


 【TV中継】 (生) 4/07(土) 14:50~  スカイ・A sports+
            4/07(土) 15:00~  NHK新潟

        (録) 4/08(日) 05:00~  Ch.803/Ch.583/Ch.183
            4/08(日) 10:45~  スカイ・A sports+
            4/08(日) 12:30~  J SPORTS 1

            4/09(月) 24:15~  スカイ・A sports+
            4/09(月) 27:10~  Ch.801/Ch.581/Ch.181

            4/10(火) 15:20~  Ch.584/Ch.184

            4/11(水) 09:00~  J SPORTS 1

            4/13(金) 13:15~  スカイ・A sports+

            4/14(土) 04:50~  Ch.802/Ch.582/Ch.182

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第5節・新潟戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月 5日 (木)

【MDB式“2012年ナビスコ予選第2節・札幌戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★4/4(水) ナビスコカップ予選リーグ第2節・コンサドーレ札幌戦 (ニッパ球)


  ●1-2 (前半0-2、後半1-0)  主審:福島孝一郎  観衆:7,148人

  .<得点> 0-1 大島秀夫  (札幌・06分)
          0-2 榊翔太    (札幌・45+2分)
          1-2 松本翔    (横浜・68分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 齋藤学が、ナビスコカップ通算2回目の警告を受けたため、4月18日に行われるナビスコカップ予選リーグ第3節・清水エスパルス戦は出場停止となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 狩野健太が、マリノス所属時公式戦通算150試合出場を達成しました。


 兵藤慎剛が、マリノス所属時公式戦通算171試合出場となり、那須太亮(02-07)と並びマリノス歴代22位タイとなりました。

 狩野健太が、マリノス所属時公式戦通算150試合出場となり、鈴木健仁(93-98)を抜いてマリノス歴代単独28位となりました。

 狩野健太が、マリノス所属時ナビスコカップ通算31試合出場となり、川口能活(94-01)と並びマリノス歴代15位タイとなりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時ナビスコカップ通算30試合出場となり、三浦文丈(93-98)・榎本達也(97-06)と並びマリノス歴代17位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 松本翔が、公式戦初ゴールを記録しました。


  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ナビスコカップ予選リーグ 第2節終了時 : 5位 (前節 3位)
         < 0勝 1分 1敗  勝点 1 得点 2 失点 3 得失点差 -1 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「4/4 コンサドーレ札幌戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「札幌がカウンター2発で今季初勝利!
                 横浜FMは後半優勢も追い上げ切れず


 (カナロコ) 「自信喪失が気掛かり/札幌戦から

 (スポニチ) 「開幕から6戦未勝利 横浜 樋口監督が解任危機

 (日刊スポーツ) 「横浜唯一勝ちなしも前向き

 (日刊スポーツ) 「横浜 6試合白星なし

 (日刊スポーツ) 「横浜誕生日コンビ意地の1発

 (スポーツ報知) 「松本翔のプロ1号も横浜M惜敗

 (サンスポ) 「横浜M・樋口監督、厳しい表情

 (サンスポ) 「横浜M・樋口監督解任の可能性浮上

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年ナビスコ予選第2節・札幌戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月 4日 (水)

GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (CD+DVD)

GO FOR IT,BABY-キオクの山脈-(初回限定盤)(DVD付)GO FOR IT,BABY-キオクの山脈-(初回限定盤)(DVD付)
B’z 松本孝弘 稲葉浩志

バーミリオンレコード 2012-04-04
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “春の台風”ともいうべき大嵐の中、フラゲ日である4月3日(火)に、B'zの記念すべき50枚目のシングル「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」を購入してまいりました。

 それにしても、シングルなのにほぼ1,800円というのは、考えてみれば高すぎですよねぇ。ミニアルバムの「FRIENDS」が1,500円だったことを思えば余計に.....。

 ただそれはその分特典が豪華になっているということでして、特典DVDには「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」のMUSIC VIDEOに加えて、B'z 1DAY LIVE at SHIBUYA-AX(“アルバム「C'mon」封入の応募カード”および“ペプシネックスSUMMERキャンペーン”での抽選に当たった人のみが参加できた1夜限りのプレミアムライブ)のライブ映像が3曲(「さよなら傷だらけの日々よ」「イチブトゼンブ」「Liar! Liar!」)入っているのですね。


 それでまずはCD1曲目の「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」ですが、発売の1週間以上前からB'zのOfficial YouTube ChannelでMUSIC VIDEOをフルで観ることができ(GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (MV)参照)、何度も観て(聴いて)いたこともあって、新鮮味はあまりありませんでした。

 なので、発売前にYoutubeにMUSIC VIDEOをフルで上げてしまうのではなく、やはりしばらくはショートバージョンを上げるくらいの方がいいのではないかな~と改めて思ってしまいましたね。

 あとはやっぱりMUSIC VIDEOの映像的インパクトがかなりのものだったので、どうしても音だけだと物足りなさを感じてしまったりもしたのですが、それでも繰り返し何度も聴いていても全く飽きていないので、そのうちに物足りなさは消えてしまうでしょう。

 2曲目の「仄かなる火」は、切ないながらも力強く歌い上げるバラードですが、サビのメロディがある洋楽の歌のサビと同じように聴こえてしまったので、その時点で自分的にはちょっとイマイチ。

 3曲目の「流星マスク」は、爽快感と疾走感が溢れるポップな歌で、新たな環境が始まる今の季節に合った“元気をもらえるソング”といえるのではないでしょうか。

 というわけで、収録されている3曲がいずれもタイプが違っていることもあり、3曲を通してのバランスが良くて、ついつい繰り返し聴いてしまいますねェ。

 そしてさらに発売当日(4月4日)には、ワールドワイドリリースとなるゲームソフト「ドラゴンズドグマ」の主題歌「Into Free -Dangan-」「さまよえる蒼い弾丸」のリ・レコーディング英語詞バージョン)がiTunes Storeで配信スタートという嬉しい情報も急に入ったので(もちろんすぐにダウンロードしました)、しばらくはこの4曲をひたすら聴き続ける毎日が続くことでしょう.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」関連記事】

  > GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (MV) (12.3.26)
  > GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- / B'z (CD+DVD) (12.4.4)


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年4月)

 もう4年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2013年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを発売された月別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、“作者の過去実績”や“なんとなくの前評判”を元に、推測されるランクインの可能性ごとに3段階に分けて並べています。

 ちなみに、これを書いている時点では作品をまだ読んでいない状況になると思うので、この3段階の分類は、作品を読んだ上で決めたものではありませんので、その点ご了承ください。

 なお、読んだ上でのランクイン予想に関しましては、「このミス2013年版」上半期のランクイン候補作品の方をご覧ください。 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年4月発売の最有力候補っぽい作品 <<


 【 幽女の如き怨むもの / 三津田信三 】
 

幽女の如き怨むもの (ミステリー・リーグ)幽女の如き怨むもの (ミステリー・リーグ)
三津田信三

原書房 2012-04-17
売り上げランキング : 10701

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  > 戦前、戦中、戦後にわたる三軒の遊郭で起きた
  > 三人の花魁が絡む不可解な連続身投げ事件。
  > 誰もいないはずの階段から聞こえる足音、
  > 窓から逆さまに部屋をのぞき込むなにか……。
  > 大人気の刀城言耶シリーズ最新書き下ろし長編!


 “刀城言耶シリーズ”の8作目です(長編作品としては6作目)。

 「このミス」初ランクインとなった3作目No.55「首無の如き祟るもの」以降は、長編作品は3作すべてトップ10入りという安定した高評価を得ているシリーズなので、今回もトップ10入りはもちろんのこと、内容次第では1位候補にも躍り出る可能性はあるのではないでしょうか。


 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
              >> No.534 『幽女の如き怨むもの』 三津田信三


 【 「このミス」20位以内ランクイン実績 】
   * タイトル部分のリンク先は、当ブログの感想ページです

   > 「首無の如き祟るもの」  2008年版 5位
   > 「山魔の如き嗤うもの」  2009年版 8位
   > 「水魑の如き沈むもの」  2011年版 7位


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年4月発売の有力候補っぽい作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」20位以内ランクイン作品数


   双頭のバビロン / 皆川博子 (4作)  <感想記事はこちら>
   玩具店の英雄 座間味くんの推理 / 石持浅海 (4作)  <感想記事はこちら>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年4月発売の候補っぽい作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」20位以内ランクイン作品数


   語りつづけろ、届くまで / 大沢在昌 (15作)
   猫背の虎 動乱始末 / 真保裕一 (8作)  <感想記事はこちら>
   和解せず / 藤田宜永 (6作)
   ペトロ / 今野敏 (5作)
   新月譚 / 貫井徳郎 (3作)  <感想記事はこちら>
   ドッグマザー / 古川日出男 (2作)
   太陽は動かない / 吉田修一 (1作)  <感想記事はこちら>
   サファイア / 湊かなえ (1作)
   ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1 / 本多孝好 (1作)
   起終点駅 / 桜木紫乃 (1作)
   呼ぶ山 夢枕獏山岳短篇集 / 夢枕獏 (1作)
   マカリーポン / 岩井志麻子 (1作)
   死 命 / 薬丸岳
   ココロ・ファインダ / 相沢沙呼
   誰がための刃 レゾンデートル / 知念実希人  <感想記事はこちら>
   闇の伴走者 醍醐真司の猟奇事件ファイル / 長崎尚志  <感想記事はこちら>
   リライト / 法条遥  <感想記事はこちら>
   名探偵になりたくて / 保科昌彦
   棟居刑事の見知らぬ旅人 / 森村誠一
   12オクロック・ハイ 警視庁捜査一課特殊班 / 安東能明
   立花美樹の反逆 THANATOS / 汀こるもの
   名被害者・一条(仮名)の事件簿 / 山本弘
   ファミ・コン! / 鏑矢竜
   トネイロ会の非殺人事件 / 小川一水
   原爆ドーム 0磁場の殺人 / 吉村達也
   キリストゲーム / 一田和樹
   Re: 返信 / 野島伸司
   雲をつかむ話 / 多和田葉子
   そよかぜキャットナップ / 靖子靖史
   ヨコハマ関内署 刑事部屋 / 松本賢吾
   クロスマッチ 止まらない心臓 / 大山尚利
   猫除け 古道具屋 皆塵堂 / 輪渡颯介
   赤ちゃんはまだ夢の中 / 青井夏海
   くるくるコンパス / 越谷オサム
   さよならが君を二度殺す / 黒井卓司
   日本橋時の鐘殺人事件 / 風野真知雄
   ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件 / 七尾与史

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  NEXT >>> 「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年5月)

  「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年3月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年4月 3日 (火)

【マリーンC(2012年)>予想&結果】

< 4月4日に行われるマリーンカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マリーンカップ】

 降雪のため開催中止となったエンプレス杯(の前日販売)で人気となっていた3頭が揃い踏みとなったため、仕切り直しの一戦といった感じもありますが、それ以外にもダートではいまだ連を外していない南関3歳馬・エミーズパラダイスも参戦してくるなど、なかなか面白くなりそうなレースです。

 ただ、エンプレス杯の時と比べるとクラーベセクレタエミーズパラダイス以外の南関馬は伏兵とまではいかなそうだし、さすがに堅い決着になるのではないかな~と思うのですよね。

 なのでここは、人気上位6頭のうちアイアムアクトレスメモリアルイヤーはあえて外して、ミラクルレジェンドを軸にした3連複でいってみたいと思います。


  ◎ ミラクルレジェンド / 岩田康誠 (1)
  ○ クラーベセクレタ / 戸崎圭太 (3)
  ▲ プレシャスジェムズ / 武豊 (10)
  △ エミーズパラダイス / 的場文男 (5)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1  ◎ ミラクルレジェンド   岩田康誠 1
 2着 3  ○ クラーベセクレタ   戸崎圭太 2
 3着 10 ▲ プレシャスジェムズ  武豊    4
 4着 5  △ エムーズパラダイス 的場文男 5
 5着 11    アイアムアクトレス  川田将雅  3


 ようやく牝馬交流重賞も堅い決着となりました。

 意外にも単勝3番人気になっていたアイアムアクトレスが先行したまま残ってしまうかと心配ではありましたが、結局自分の印順に決着となりまして、でも嬉しいというよりはヤレヤレって感じでしたかねェ。


  (3連複:1-3-10 3.2倍)  ○的中!  3,000円 → 6,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年04月 > 1/3   33.3%  -2,600円   71.1%

☆12年通算 > 17/55  30.9%  +32,900円  119.9%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○○○●●◎●●● → ○
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【大阪杯&ダービー卿CT(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【阪神牝馬S&ニュージーランドT(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年4月 2日 (月)

【MDB式“2012年ナビスコ予選第2節・札幌戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★4/4(水) 19:30~ ナビスコカップ予選リーグ第2節・コンサドーレ札幌戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 14位  0勝 2分 2敗  勝点 2  3得 6失 得失 -3 」
  札幌  :「 17位  0勝 1分 3敗  勝点 1  2得 5失 得失 -3 」


 札幌は、昨シーズンは最終節にてJ2リーグ3位となり、J1昇格を決めました。

 しかし4年ぶりとなるJ1でのシーズンは、開幕から4試合勝ちなしで現在3連敗中と、苦しい試合が続いています。

 とはいえ、開幕戦ではその後に3連勝して現在2位に付けている磐田相手に引き分けていますし、そこから3連敗中とはいえ全て1点差の接戦となっています。

 それに、守備を固めてのカウンターを戦術としているということもあり、これまで結果が出ていないとはいえ、現在絶不調中のマリノスにとってはかなり手強い相手となるでしょうね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 札幌戦は、公式戦通算で「10勝 1分 1敗」で、現在公式戦6連勝中&11戦負けなしと、かなり相性の良い相手です。

 ただ唯一の敗戦が、ナビスコカップのニッパ球(三ツ沢)でのホームゲームということで、今回と舞台設定が重なっているのが少し気になってしまいますね。

 なお、札幌戦で先制されたのは半数以上の7試合もあるのですが、そのうち5試合で逆転勝ちとなっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算250試合出場を達成します。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算150試合出場を達成します。


 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算171試合出場となり、那須太亮(02-07)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算150試合出場となり、鈴木健仁(93-98)を抜いてマリノス歴代単独28位となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算52試合出場となり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代3位タイとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算34試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算31試合出場となり、川口能活(94-01)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算30試合出場となり、三浦文丈(93-98)・榎本達也(97-06)・狩野健太と並びマリノス歴代16位タイとなります(狩野健太が出場した場合は17位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、開幕から公式戦5試合を消化しても内容・結果共に芳しくない状況が続きますが、どんな形であれ1勝出来れば内容の方も伴ってくるかもしれないので、この試合は何としてでも勝利という結果を望みたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 札幌:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:マルキーニョス、天野貴史、谷口博之、
                       金井貢史、熊谷アンドリュー、ドゥトラ(未登録)

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「谷口、右足首捻挫で2戦欠場へ…横浜M」 (4/4)
   > 「横浜M・谷口、捻挫で離脱「ポキッと音がした」」 (4/4)
   > 「札幌 ナビスコ杯横浜戦で10代選手5人が先発へ」 (4/4)

   > 「札幌 10代5人先発も!今季未勝利のチームを救う」 (4/3)
   > 「奈良、公式戦全部出る! 中3日も志願先発…札幌」 (4/3)
   > 「【札幌】天候悪化を考慮、関東へ早め移動」 (4/3)
   > 「札幌 MF山本が全治4~5週間」 (4/3)

   > 「札幌前「俊輔さんの前でFK蹴りたい」」 (4/2)
   > 「前、右足首痛から復帰!2日チームに完全合流…札幌」 (4/2)

   > 「【札幌】石崎監督DVDで敗戦糧に」 (4/1)

   > 「横浜 DFドゥトラの出場NG…移籍証明書間に合わず」 (3/31)


 【TV中継】 (生) 4/04(水) 19:20~  スカチャン2

        (録) 4/05(木) 19:00~  スカチャン1

            4/06(金) 12:50~  スカチャン0
            4/06(金) 16:00~  BS241

            4/09(月) 04:00~  BS241
            4/09(月) 14:10~  フジテレビNEXT

            4/16(月) 04:20~  BS241

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年ナビスコ予選第2節・札幌戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年4月 1日 (日)

【MDB式“2012年第4節・鹿島戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★3/31(土) J1リーグ第4節・鹿島アントラーズ戦 (日産ス)


  △0-0 (前半0-0、後半0-0)  主審:飯田淳平  観衆:22,126人

  .<得点> 0-0

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 比嘉祐介が、Jリーグ初出場を記録しました。


 小野裕二が、J1リーグ通算50試合出場を達成しました。

 小林祐三が、J1リーグ通算150試合出場にリーチとなりました。

 中村俊輔が、マリノス所属時公式戦通算250試合出場にリーチとなりました。


 中澤佑二が、マリノス所属時リーグ戦通算288試合出場となり、上野良治(94-07)を抜いてマリノス歴代単独2位となりました。

 栗原勇蔵が、マリノス所属時リーグ戦通算195試合出場となり、野田知(93-98)を抜いてマリノス歴代単独9位となりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で引き分けたため、8試合連続ホーム勝ちなしとなり、「ホーム勝ちなし」のマリノス歴代記録を更新しました。


 <記録更新>

  ・「勝ちなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「ホーム勝ちなし」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>


  ・「無得点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「ホーム無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「失点」記録 > 12試合連続 でストップ <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「ホーム失点」記録 > 8試合連続 でストップ <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「同一カード ホーム失点」記録 > 7試合連続 でストップ <マリノス歴代 2位タイ>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第4節終了時 : 14位 (前節 15位)
         < 0勝 2分 2敗  勝点 2 得点 3 失点 6 得失点差 -3 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「3/31 鹿島アントラーズ戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「両チームが渇望した白星は奪えずも、勝利への地固めに一歩ずつ前進


 (カナロコ) 「積極性欠くも一歩前進/鹿島戦から

 (カナロコ) 「GK飯倉「守りは最低限ゼロを」/鹿島戦から

 (スポニチ) 「黄金期再現ならず…横浜 未勝利対決はスコアレスドロー

 (日刊スポーツ) 「俊輔「我慢が必要かも」

 (スポーツ報知) 「零封も守備陣改善の兆し

 (サンスポ) 「横浜M、シュート3本…攻撃機能不全

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第4節・鹿島戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ