サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【MDB式“2012年第4節・鹿島戦”プレビュー】 | トップページ | 週刊少年ジャンプ読切! 「恋するエジソン」 渡邉築 »

2012年3月30日 (金)

『デスペラード』 スティーヴ・ブシェミ・コレクション Vol.03

スティーヴ・ブシェミ・コレクション Vol.03

 『デスペラード』   ( 1995年 アメリカ )

  監督 : ロバート・ロドリゲス
  出演 : アントニオ・バンデラス
      サルマ・ハエック
      ホアキン・ド・アルメイダ
      スティーヴ・ブシェミ
      クエンティン・タランティーノ

デスペラード [Blu-ray]デスペラード [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2013-03-06
売り上げランキング : 4228

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 Vol.1&2はすんなり決まったのですが、3本目に紹介する作品をどれにしようかはかなり悩みました。

 一応この“スティーヴ・ブシェミ・コレクション”は、Vol.1から順番に観ていただければ、いつしかあなたもブシェミ好きに!ってなるように紹介していこうと思っています。

 だけどいきなりマイナーな作品を紹介するのもなんだし、だからといってVol.04「アルマゲドン」Vol.05「コン・エアー」なんかをブシェミ初心者が観てもそんなに好きにはならなそうだし.....(「アルマゲドン」の役は逆に嫌いになりそうですからねェ)。

 そんなことを考えた結果、作品がそこそこメジャーで、ブシェミの基本的な魅力がわかるということで、この「デスペラード」を選んでみました。


 この作品は、ロドリゲス監督のデビュー作「エル・マリアッチ」の続編で、後に作られる「レジェンド・オブ・メキシコ」も含めた“マリアッチ3部作”の2作目となります。

 ちなみに、「エル・マリアッチ」は低予算で作られていたこともあり、無名の役者ばかりで後のレギュラーのバンデラスやサルマ・ハエックも出演していないのですが(なので1作目と2・3作目は直接的に繋がっているわけではありません)、1作目とは対称的に3作目ではジョニーデップやミッキー・ロークなど大物が脇を固めるほど豪華なメンバーとなっているのが面白いところですね。

 そして肝心のブシェミですが、実は出演時間はかなり短いです。

 それでも、メインメンバーが出てくる前のオープニングを一人で盛り上げ、その後の本編に観客の興味を引っ張るという大変重要な役割を演じているのです。

 それを何ともブシェミらしい、これぞブシェミの魅力だ!といった感じの素晴らしい演技で魅せてくれるので(役名もそのまま“ブシェミ”だし)、この場面の効果により作品自体の魅力も何倍にも膨れ上がっていますし、出演時間は短くとも、ブシェミ自身のインパクトがとてつもなく大きいのですねェ。

 もちろんブシェミの出ていない部分も、激しく濃厚なアクションシーンやラブシーンがあったり、なんだこりゃ~なとんでもない演出があったりと、ロドリゲス監督らしさ全開のイカした作品なので、(万人向けではなさそうだけど)大いにお薦めしたい作品です。


  > ブシェミ主演度    : ★★
  > ブシェミ魅力度    : ★★★★★
  > ブシェミ悲惨度    : ★★
  > ブシェミインパクト度 : ★★★★
  > 作品好き度      : ★★★★★

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「ファーゴ」 <<< PREV/NEXT >>> 「アルマゲドン」


 【スティーヴ・ブシェミ・コレクション】

  > Vol.01 「レザボア・ドッグス」 (12.2.20)
  > Vol.02 「ファーゴ」 (12.2.23)
  > Vol.03 「デスペラード」 (12.3.30)
  > Vol.04 「アルマゲドン」 (12.8.24)
  > Vol.05 「コン・エアー」 (14.5.14)

« 【MDB式“2012年第4節・鹿島戦”プレビュー】 | トップページ | 週刊少年ジャンプ読切! 「恋するエジソン」 渡邉築 »

07.映画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ