サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『デスペラード』 スティーヴ・ブシェミ・コレクション Vol.03 | トップページ | 【大阪杯&ダービー卿CT(2012年)>予想&結果】 »

2012年3月31日 (土)

週刊少年ジャンプ読切! 「恋するエジソン」 渡邉築

週刊少年ジャンプ 2012年4月16日号 NO.18週刊少年ジャンプ 2012年4月16日号 NO.18
集英社

2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 * 連載版の「恋するエジソン」に関しては週刊少年ジャンプ新連載! 「恋するエジソン」 渡邉築(13.2.1)の方をご覧ください。


 “SPRING SPECIAL!! 春の4連ゴールデン読切シリーズ”の第1弾として週刊少年ジャンプ2012年18号(2012年4月2日発売)に掲載された読切作品が、「恋するエジソン(こいする・エジソン)です。


 作者の渡邉築(わたなべ・きずく)は、赤塚賞(2009年下半期)の佳作を「重装思春機兵ティーンエイザー」で受賞し、“本誌2010年19号”に「メルヘン王子グリム」が掲載されていきなりの本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「メルヘン王子グリム(19号版)」 渡邉築参照)。

 そしてわずか5ヶ月後の“本誌41号”に再び「メルヘン王子グリム」が掲載されると(週刊少年ジャンプ読切! 「メルヘン王子グリム(41号版)」 渡邉築参照)、今度はその2ヶ月後の“本誌51号”に赤塚賞受賞作である「重装思春機兵ティーンエイザー」を掲載(週刊少年ジャンプ読切! 「重装思春機兵ティーンエイザー」 渡邉築参照)。

 その勢いで翌2011年に「メルヘン王子グリム」で初連載を果たすも、わずか18週で打ち切りに(<JC1巻買い> 「メルヘン王子グリム」 渡邉築参照)。

 そして本作にて、連載終了後最初の作品発表&本誌復帰となりました。


 内容の方は、学園発明バスケギャグ漫画です。

 偉大な発明家の孫娘である女子高生の松中スピカは、恋心をエネルギーとして発明品を産み出していく天才発明少女。

 この日も男子バスケ部のキャプテン・明星先輩の練習姿を発明品を使って変態的に観ていたのですが、そんなバスケ部に、次の練習試合に負けたら廃部になるとの知らせが。

 部員が4人しかおらず試合すら出来ないという危機的状況の中、スピカは自ら発明したバスケットマンスーツを使って5人目のメンバーとして試合に出ることに.....。


 なお、扉絵に付けられている煽り文は、

☆恋するパワーが閃きパワー!! 発明パニックギャグ センターカラー25P!!

というものでした。


 投票受付期間:2012.3.31~4.8
 
mapinion.jp


 投票受付期間:2012.4.22~4.29
 
オンラインアンケート

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「渡邉築」関連記事】

  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.1.20)

  > 「恋するエジソン」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.2.1)
  > 「恋するエジソン」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.3.31)

  > 「重装思春機兵ティーンエイザー」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.11.21)

  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 <JC1巻買い>  (11.7.6)
  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.2.20)
  > 「メルヘン王子グリム(41号版)」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.9.13)
  > 「メルヘン王子グリム(19号版)」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.4.12)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 『デスペラード』 スティーヴ・ブシェミ・コレクション Vol.03 | トップページ | 【大阪杯&ダービー卿CT(2012年)>予想&結果】 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ