サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『奇面館の殺人』 綾辻行人 > 「このミス」完全読破 No.517 | トップページ | 【ニューイヤーC(2012年)>予想&結果】 »

2012年1月30日 (月)

<JC1巻買い> 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将

ST&RS─スターズ─ 1 (ジャンプコミックス)ST&RS─スターズ─ 1 (ジャンプコミックス)
ミヨカワ 将 竹内 良輔

集英社 2011-11-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2011年11月期(11月4日発売)のJC(ジャンプコミックス)1巻が、「ST&RS -スターズ-」です。

 新連載作品の人気のバロメーターでもある“一桁話数で2度目のセンターカラー”をゲットし、11話でもセンターカラーとなったことから、アンケートも好調なのかと思われました。

 しかし、次の12話でいきなり掲載順が最下位に急落すると、その後も最下位付近が定位置となってしまったので、この1巻が出るまでに打ち切りにはならなかったものの、早期打ち切りの可能性は大いにあり得る状況なのかもしれません。

 ジャンプでは珍しい宇宙飛行士育成漫画というジャンルで、第1話もネット上ではなかなか好評だったように思うのですが、その第1話を超えるようなインパクトを2話以降で生み出せなかったということなのでしょうか。

 それでこの1巻収録部分を読み直したうえであくまで結果論として考えてみますと、宇宙飛行士育成学校という普段馴染みのない舞台で、さらにそこに白舟真帆の能力を始めとして非現実的な要素が加えられていたため、なかなか作品世界に入っていき辛くなっていたのではないかと思うので、中高生が共感できたり自分も宇宙飛行士を目指している気分に浸れるような現実的な要素をもう少し土台として作られていたら良かったのではないでしょうかねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単行本ならではの特典ですが、まず帯の表は、表紙と繋がった絵の上に「これが週刊少年ジャンプの宇宙飛行士マンガ!!」と、表紙絵に合わせて横向きに書かれています。

 裏帯の方は、第1話の扉絵をバックに、作品の説明が少々。

 カバーを外した部分は、カバー絵の鉛筆画が表裏ぶち抜きで描かれていますね。

 中身の方ですが、各話の間には、白舟真帆、宙地渡、星原めぐる、マルカ・ニコラエヴナ・マイゼール、ユリア・イヴァノヴナ・マイゼール、深水・フィッツジェラルド・嵐の、宇宙飛行士候補生志願書風プロフィール(氏名・性別・生年月日・国籍・身長・体重・学歴・趣味特技等・クラブ活動・自己アピール等)が、各1ページ。

 本編の後には、3本の4コマ漫画が掲載された「ST&RS -スターズ- 番外編」

 白舟真帆、星原めぐる、宙地渡、スリーピングモノリス、フィフィー・コリンズ、ラビット1のラフ画(制作段階の別容姿絵も含む)が書かれた「ST&RS ラフスケッチ」が計3ページ。

 Staff(川口幸範・松浦準・羽田豊隆)、コミックス担当編集、担当編集(吉田幸司)、Special Thanksの名前が掲載されたスタッフ紹介が1ページ。

 そして巻末には、2巻(2012年1月発売予定)の予告が2ページ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「竹内良輔」関連記事】

  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 (11.7.3)
  > <JC1巻買い> 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 (12.1.30)

  > 「ジャンプNEXT! 2010SPRING」(白舟くんと天体系彼女) (10.5.1)

  > <JC1巻買い> 「フープメン」 川口幸範 (10.5.1)


 【「ミヨカワ将(三代川将)」関連記事】

  > 「返信願望!」 西尾維新×ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.4)

  > 「EGG KNOCKER」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.7.3)
  > 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 <JC1巻買い>  (12.1.30)

  > 「血風学級怪」 三代川将 > 週刊少年ジャンプ読切! (09.4.20)


 【「2011年の“JC1巻買い”」関連記事】

  > 「クロガネ」 池沢春人 (12.6.14)

  > 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 (12.1.30)

  > 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶 (12.1.27)

  > 「戦国ARMORS」 榊ショウタ (11.8.16)
  > 「magico」 岩本直輝 (11.7.9)
  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 (11.7.6)
  > 「DOIS SOL(ドイソル)」 村瀬克俊 (11.6.5)

  > 「LIGHT WING」 神海英雄 (11.1.14)
  > 「әnígmә【エニグマ】」 榊健滋 (11.1.2)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

« 『奇面館の殺人』 綾辻行人 > 「このミス」完全読破 No.517 | トップページ | 【ニューイヤーC(2012年)>予想&結果】 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ