サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「風と雲と私/熊谷幸子」 > 懐かしの90年代・中小ヒット曲集 vol.05 | トップページ | 【シルクロードS(2012年)>予想&結果】 »

2012年1月27日 (金)

<JC1巻買い> 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶

奇怪噺 花咲一休 1 (ジャンプコミックス)奇怪噺 花咲一休 1 (ジャンプコミックス)
河田 悠冶 小宮山 健太

集英社 2011-09-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2011年9月期(9月2日発売)のJC(ジャンプコミックス)1巻が、「奇怪噺 花咲一休」です。

 金未来杯優勝という勲章を引っ提げての連載デビューとなったもの、わずか15週で打ち切りとなってしまいました。

 しかも、翌年の金未来杯開催中に打ち切りになるという、なんとも皮肉な結果に.....(ちなみにこの1巻の発売と同じ週に連載終了)。

 連載が始まる前、それこそ読切版が金未来杯エントリー作品として本誌掲載された時から、“読切としては面白いけれど連載には向いていない”という評価を多く見かけましたが、それを踏まえて連載用に修正した部分が、結果的にマイナスになったのではないかな~と個人的には思ってしまいました。

 “連載に向いていない”というのは、とんち問答がメインのオムニバス形式である、そしてそのとんちのネタが高いレベルで続くのか、といった部分にあったと思うのですが、一休とカルマの出会いから始まるストーリーの流れを作ることで、とんち部分に比重をかけない構成に変えたのでしょう。

 ただ、それによってエピソードごとの色合いというか区切りがわかりにくく、途中参入読者に優しくない作りになってしまったのではないかと感じたのです。

 読切の2作品はオムニバスという形式だからこその魅力があったように思ったので、まずは一休とカルマの基本的な設定と、1~3話くらいで完結するシンプルなストーリー&見栄えのするとんちで、たまたまその週のジャンプを読んでみたという人でも楽しめるようなオムニバス形式にしておいて、そのうちに一休とカルマの出会いエピソードやそれぞれにおける旅の目的といった過去話が明かされていくなど、次第に物語が広がっていく(その頃には中編が登場してみたり)といった作りの方が、この作品の魅力が伝わりやすくなったのではないかと、読切版が好きだった自分は考えてしまいますねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単行本ならではの特典ですが、まず帯の表は、表紙と繋がった絵の上に「『とんち』問答(バトル)物語 開幕!!」と書かれています。

 裏帯の方は、一休の絵を中央に、1巻に出てくる問答(質問)3題がそれぞれ1コマの絵と共に書かれています。

 カバーを外した部分は、カバーと同じ絵。

 中身の方ですが、各話の間には、前の話に関連した1コマ漫画(ラフ画)が計6つ(その他に単行本ならではの特典は特になし)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「小宮山健太」関連記事】

  > 「スモーキーB.B.」 小宮山健太 河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ新連載!  (13.5.24)

  > 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.5.15)
  > 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶 <JC1巻買い> (12.1.27)

  > 「奇怪とんち噺 花咲一休」(赤マルジャンプ2010WINTER) (10.1.10)
  > 「奇怪とんち噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠也
     > 週刊少年ジャンプ読切! (10.7.26)


 【「河田悠冶」関連記事】

  > 「大量殺人光線武田」 山本広大 河田悠冶 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.5 (14.9.15)

  > 「ある朝起きたら」 西尾維新×河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.4)

  > 「スモーキーB.B.」 小宮山健太 河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ新連載!  (13.5.24)

  > 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶
           > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.5.15)
  > 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶 <JC1巻買い> (12.1.27)

  > 「奇怪とんち噺 花咲一休」(赤マルジャンプ2010WINTER) (10.1.10)
  > 「奇怪とんち噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠也
           > 週刊少年ジャンプ読切! (10.7.26)


 【「2011年の“JC1巻買い”」関連記事】

  > 「クロガネ」 池沢春人 (12.6.14)

  > 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 (12.1.30)

  > 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶 (12.1.27)

  > 「戦国ARMORS」 榊ショウタ (11.8.16)
  > 「magico」 岩本直輝 (11.7.9)
  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 (11.7.6)
  > 「DOIS SOL(ドイソル)」 村瀬克俊 (11.6.5)

  > 「LIGHT WING」 神海英雄 (11.1.14)
  > 「әnígmә【エニグマ】」 榊健滋 (11.1.2)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

« 「風と雲と私/熊谷幸子」 > 懐かしの90年代・中小ヒット曲集 vol.05 | トップページ | 【シルクロードS(2012年)>予想&結果】 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ