サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【ロジータ記念&北海道2歳優駿&ローレル賞(2011年)>予想&結果】 | トップページ | 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」プレイリスト(2011年11月) »

2011年11月 9日 (水)

『魔女は甦る』 中山七里 > 「このミス」完全読破 No.464

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.464

 『魔女は甦る』 中山七里

   「このミス」2012年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2011.7.15 ~ 読終:2011.7.16

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2011年5月>

魔女は甦る (幻冬舎文庫)魔女は甦る (幻冬舎文庫)
中山 七里

幻冬舎 2013-08-01
売り上げランキング : 17915

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 中山七里は、“「このミス」大賞”出身作家です。

 「さよならドビュッシー(応募時のタイトルは『バイバイ、ドビュッシー』)」で“第8回「このミス」大賞(2010年版)”を受賞したわけですが、なんとこの年には、もう一つの応募作「災厄の季節(後に『連続殺人鬼カエル男』とタイトルを変えて発売)」も同時に最終候補に残っていたのです。

 同一人物が複数の作品を同時に応募することはよくあるものの、複数の作品が最終候補にまで残ることは滅多にないことだそうで、この時の2作品の場合は、全くタイプの違う作品で、それでいてどちらも高レベルにあったため、異例の2作同時最終候補となったのですね。

 そんな輝かしい経歴を持つ新人作家なわけですが、本作は初の宝島社以外から発売された作品となります。

 とはいえ本作も“「このミス」大賞”とは大いに関係していまして、受賞の2年前となる“第6回「このミス」大賞(2008年版)”で最終候補に選ばれていた作品なのです。

 つまりは、“「このミス」大賞”に応募した3作品が書籍化されたことになるので、これはよくよく考えてみるととんでもないことですよねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 物静かな田園地帯で、骨と肉片のみという酷い状態となったバラバラ死体が発見されたところから、物語は始まります。

 真相へと迫っていくにつれて不気味な様相を見せてくるこの事件に対し、捜査一課の刑事である主人公が、自らの心の傷を深めつつ立ち向かっていくのです。

 というわけで刑事ものではあるのですが、冒頭に出てくるバラバラ死体もそうですし、その後にもグロテスクな展開に進んでいくので、どちらかというとサイコスリラーな感じの作品でした。

 もちろんミステリ的な展開や仕掛けはあるものの、残虐的な描写や後味の悪いクライマックスなど、ホラー的な印象の方が強いと思うので、受賞作である音楽ミステリ「さよならドビュッシー」とは違って、読む人を選ぶ作品といえるのではないですかね。

 とはいえ、こういったジャンルが苦手な人にもとりあえず読ませてしまうほどの力がある作品だと思うので、ホラー系ミステリが好きな方はもちろんですが、受賞作が面白かったという人も、怖いもの見たさで読んでみてはいかがでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★      鬼畜グログロ度 : ★★★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★      おどろおどろ度 : ★★★★★
   熱アクション度  : ★★★     主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★
   衝撃バカミス度 : ★★★★    気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “中山七里”関連記事 】

  > No.717 「追憶の夜想曲」

  > No.694 「七色の毒」
  > No.665 「切り裂きジャックの告白」
  > No.577 「静おばあちゃんにおまかせ」
  > No.516 「贖罪の奏鳴曲」
  > No.464 「魔女は甦る」


 「ロマンス」柳広司 <<< PREV/NEXT >>> 「ブック・ジャングル」石持浅海

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 【ロジータ記念&北海道2歳優駿&ローレル賞(2011年)>予想&結果】 | トップページ | 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」プレイリスト(2011年11月) »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ