サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『密室殺人ゲーム・マニアックス』 歌野晶午 > 「このミス」完全読破 No.481 | トップページ | 『小説あります』 門井慶喜 > 「このミス」完全読破 No.482 »

2011年9月16日 (金)

【MDB式“2011年第26節・G大阪戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★9/18(日) 18:00~ J1リーグ第26節・ガンバ大阪戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 まずは両チームのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 2位  15勝 5分 5敗  勝点 50  36得 22失 得失 +14 」
  G大阪 :「 1位  16勝 5分 4敗  勝点 53  63得 41失 得失 +22 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「 4位 3勝 1分 1敗 勝点 10   4得 3失 得失 +1 」
  G大阪 :「 1位 4勝 1分 0敗 勝点 13  16得 5失 得失 +11 」


 G大阪は、シーズン序盤こそ、ACLの関係で2試合も消化が少ないこともあって中位に甘んじていました。

 しかし、第16節からの17試合でわずか1敗(12勝 4分 1敗)と安定した成績を続けていることもあって、延期試合を消化すると同時に上位に参戦し、現在では4強の中でも頭一つ抜けて首位となっています。

 好調の要因となっているのが、G大阪の伝統ともいうべき攻撃力でして、特に7月から加入したラフィーニャは、9試合で8得点という驚異の決定力で大暴れしていますからね。

 一方で守備の方は、開幕から18試合も完封がないなど脆さを見せていたのですが、現在は3試合連続で無失点中と安定してきているので、これはちょっと隙などない完璧に近いチームになっているのかもしれません.....。

 ちなみに、この試合は1位vs2位の首位決戦となりますが、「リーグ最多得点 vs リーグ最少失点」という対称的なチーム同士の対戦で、最近5試合の成績を見ても、どちらも好成績なのにもかかわらず、G大阪が16得点なのに対してマリノスは4得点と、本当に対称的なのですねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 G大阪戦は、リーグ戦通算で「24勝 5分 14敗」と勝ち越していますが、アウェーでは「10勝 3分 9敗」とほぼ五分なのに対し、ホームでは「14勝 2分 5敗」と大きく勝ち越しています。

 そしてそのホームの中でも、ニッパ球での公式戦通算は「6勝 1分 6敗」なのに対し、今回の舞台である日産スでは「9勝 1分 2敗」と大きく勝ち越しているのですね。

 ただ、名前が“横浜国際総合競技場”だった時代には「6戦全勝」でしたが、“日産スタジアム”に名称変更された後は「3勝 1分 2敗」(そのうち1勝は、その試合は勝ったもののトーナメントは敗退)なので、それほど相性良くななくなってしまった感じですねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 ★今回の試合に勝つと........
   > 8試合“ホーム連勝”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 8試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 8試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 波戸康広が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算150試合出場を達成します。

 天野貴史が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 中村俊輔が出場すると、Jリーグ通算200試合出場にリーチとなります。


 波戸康広が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算150試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 渡邉千真が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 渡邉千真が4得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、首位決戦の大一番となりますが、勝てば勝ち点で並び、負ければ差が6に広がってしまうので、残り試合数を考えれば、この試合の結果は優勝に向けてかなり重要となってきそうです。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 大阪:なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス:谷口博之(2回目)、中澤佑二、金井貢史

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:波戸康広、中村俊輔、森谷賢太郎

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > “無敗神話”だ!首位攻防戦で青山が再び先発へ (9/17)
   > “俊輔、24日仙台戦で復帰目指す (9/17)

   > 首位攻防へ頼もし!栗原18日G大阪戦「大丈夫」 (9/16)
   > G大阪西野監督、横浜戦は大黒警戒 (9/16)


 【TV中継】 (生) 9/18(日) 17:50~  スカチャン181

        (録) 9/19(月) 05:00~  スカチャン183

            9/20(火) 05:00~  スカチャン185
            9/20(火) 23:00~  スカチャン183

            9/21(水) 20:00~  J SPORTS 1

            9/22(木) 05:30~  スカチャン185
            9/22(木) 25:30~  J SPORTS 1

            9/23(金) 05:00~  スカチャン182

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2011年第26節・G大阪戦”データボックス】

« 『密室殺人ゲーム・マニアックス』 歌野晶午 > 「このミス」完全読破 No.481 | トップページ | 『小説あります』 門井慶喜 > 「このミス」完全読破 No.482 »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ