サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『男たちは北へ』 風間一輝 > 「このミス」完全読破 No.425 | トップページ | 『迎撃せよ』 福田和代 > 「このミス」完全読破 No.442 »

2011年4月24日 (日)

週刊少年ジャンプ読切! 「ハイキュー!!」 古舘春一

週刊少年ジャンプ NO.20・21週刊少年ジャンプ 2011年5月9・16日号 NO.20・21
佐々木尚

集英社 2011
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 * 連載版の「ハイキュー!!」に関してや読切版と連載版との比較などは、週刊少年ジャンプ新連載! 「ハイキュー!!」 古舘春一(12.2.18)の方をご覧ください。


 週刊少年ジャンプ2011年20・21合併号(2011年4月25日発売)に掲載された読切作品が、「ハイキュー!!」です。

 作者の古舘春一(ふるだて・はるいち)は、「王様キッド」で“JUMPトレジャー新人漫画賞”(2008年8月期)の佳作を受賞してWeb掲載という形でデビューし(この作品は現在でもウェブ上で読むことが出来ます→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)、“赤マルジャンプ2009WINTER”に「アソビバ」が掲載されて誌面デビュー。

 そして、“JG1読切祭”のエントリー作品として“本誌2009年28号”に「詭弁学派、四ッ谷先生の怪談」が掲載されて本誌デビューを飾り(週刊少年ジャンプ読切! 「詭弁学派、四ッ谷先生の怪談」 古舘春一参照)、そのリニューアル版「詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。」(2010年)で連載デビュー(週刊少年ジャンプ新連載! 「詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。」 古舘春一参照)と、順調に実績を積み重ねてきました。

 しかしその連載初作品は、一部から熱烈な支持を受けたものの、4ヶ月の連載期間で打ち切りに。

 その後は、今年(2011年)1月に発売された“ジャンプNEXT! 2011WINTER”に「ハイキュー!!」が掲載され(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011WINTER」参照)、そのリニューアル版である本作にて約10か月ぶりの本誌登場となりました。


 内容の方は、学園青春バレーボール漫画です。

 去年まで無名の弱小高だった烏野高校バレーボール部は、春休み中に練習試合でことごとく勝利を収めるほどの絶好調ぶり。

 その原動力となっているのが、4月の入学を前にバレー部に参加している、去年の中総体県準優勝校の天才セッター・影山飛雄で、その精確なトスにより早くも烏野バレー部の司令塔的存在に。

 そして新学期、「バレー部のエースになりに来ました!!」という言葉と共に体育館に登場した新1年の日向翔陽は、162cmの身長ながら驚異のジャンプ力の持ち主。

 しかし、バレーの技術も基礎もない下手くそで.....。


 ちなみに、扉絵に付けられている煽り文は、

もっと上へ もっと先へ もっと高く もっと速く!!

☆熱血! 青春!! バレーボール読切C(センター)カラー47P!!

というものでした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「古舘春一」関連記事】

  > 「ハイキュー!! 番外編」 古舘春一 > 週刊少年ジャンプ読切!  (16.4.25)

  > 「ハイキュー!!」 古舘春一 <JC1巻買い> (12.6.18)
  > 「ハイキュー!!」 古舘春一 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.2.18)
  > 「ハイキュー!!」 古舘春一 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.4.24)
  > 「ハイキュー!!」(ジャンプNEXT! 2011WINTER) (11.1.9)

  > 「詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。」 古舘春一 <JC1巻買い> (10.6.9)
  > 「詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。」 古舘春一 > 週刊少年ジャンプ新連載! (10.3.1)
  > 「詭弁学派、四ッ谷先生の怪談」 古舘春一 > 週刊少年ジャンプ読切! (09.6.8)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 『男たちは北へ』 風間一輝 > 「このミス」完全読破 No.425 | トップページ | 『迎撃せよ』 福田和代 > 「このミス」完全読破 No.442 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ