サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『カササギたちの四季』 道尾秀介 > 「このミス」完全読破 No.432 | トップページ | 「★9以上評価!セレクション」 > 「このミス」完全読破・400冊突破記念企画 »

2011年2月24日 (木)

『放課後はミステリーとともに』 東川篤哉 > 「このミス」完全読破 No.433

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.433

 『放課後はミステリーとともに』 東川篤哉

   「このミス」2012年版 : 31位

   受賞(候補) : (「日本推理作家協会賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 9位

   読始:2011.2.21 ~ 読終:2011.2.21

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2011年2月>

放課後はミステリーとともに (実業之日本社文庫)放課後はミステリーとともに (実業之日本社文庫)
東川 篤哉

実業之日本社 2013-10-04
売り上げランキング : 49333

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 昨年(2010年)に発売されたNo.421「謎解きはディナーのあとで」が突然の大ヒットとなり、一躍売れっ子作家の仲間入りとなった東川篤哉の、2011年新作にして“ブレイク後第一作”です。

 タイトルや表紙、帯に書かれている書店員の推薦コメントなどから「謎解きは~」の続編のように感じてしまいますが、別に続編というわけではなくて、これは“「謎解きは~」の勢いを本作にも!”的な宣伝作戦なのでしょう。

 本作は“霧ヶ峰シリーズ”と題して雑誌に掲載された短編を集めたシリーズ短編集でして、第1話が発表されたのが今から8年前の2003年という、東川作品としては結構歴史あるシリーズなのですね。

 しかもこの第1話は、初めて商業誌から依頼されて書いた作品とのことなので、作者自身としては“実質デビュー作の印象を抱く作品”なのだそうです(「2011本格ミステリ・ベスト10」の“2011年ミステリ作家新作近況会”参照)。

 あと本作は、“鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ(「学ばない探偵たちの学園」「殺意は必ず三度ある」)”の外伝的な位置付けでもあるので、直接的な繋がりはないものの、本作の前や後にこのシリーズ作品も読んでみれば、より楽しむことができるのではないでしょうか。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そんなわけで本作ですが、学園ミステリ作品です。

 主人公は高校の探偵部の副部長で、校内で起きた事件や騒動の謎に迫っていきます。

 東川作品らしいコミカルな雰囲気や漫画的なキャラクターは健在でして、特に主人公の強烈なキャラクターがこの作品の最大の魅力になっていますね。

 強烈キャラはなにも主人公だけではなくて、脇役勢もなかなかインパクトあるキャラ揃いなのですが、話ごとに新たなキャラが入れ替わるように登場してくるので、その出し惜しみのなさが気持ち良いです。

 そしてミステリ的にも、大掛かりなトリックや驚愕するような真相などはないものの、短編らしい小気味良さがありますし、登場人物たちのキャラクターが絶妙に活かされているので、この作品ならではの読み応えがあると思います。

 そんなわけでキャラ的にもミステリ的にも魅力的なシリーズなので、連作集というわけではないですが、収録作を読んでいけばいくほど、このシリーズの虜になること間違いなしですね。

 ちなみに、どの話からでも楽しめる短編集ではありますが、必ず第1話を最初に読んでください(理由は読めばわかります)。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度 : ★★★       おどろおどろ度 : ★
   熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “東川篤哉” 関連記事 】

  > No.709 「探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに2」

  > No.599 「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」
  > No.518 「謎解きはディナーのあとで 2」
  > No.433 「放課後はミステリーとともに」
  > No.421 「謎解きはディナーのあとで」
  > No.090 「もう誘拐なんてしない」


 「カササギたちの四季」道尾秀介 <<< PREV/NEXT >>> 「汝、隣人を愛せよ」福澤徹三

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『カササギたちの四季』 道尾秀介 > 「このミス」完全読破 No.432 | トップページ | 「★9以上評価!セレクション」 > 「このミス」完全読破・400冊突破記念企画 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ