サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『琅邪の虎』 丸山天寿 > 「このミス」完全読破 No.416 | トップページ | 週刊少年ジャンプ読切! 「改造人間ロギイ」 三木有 »

2011年1月22日 (土)

『やぶへび』 大沢在昌 > 「このミス」完全読破 No.417

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.417

 『やぶへび』 大沢在昌

   「このミス」2012年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2011.1.18 ~ 読終:2011.1.19

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2010年12月>

やぶへび (講談社文庫)やぶへび (講談社文庫)
大沢 在昌

講談社 2015-01-15
売り上げランキング : 10435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.262「炎蛹 新宿鮫Ⅴ」以来15年ぶりという大沢在昌の書き下ろし作品です。

 “奥さんを保護した”という連絡を警察から受けた主人公が病院へ駆けつけると、そこには怪我をして記憶喪失となった妻が。

 それだけでも大変な状況なのですが、なんとこの主人公とその妻は、書類上は夫婦でありながら実はこの時が初対面だったのですね。

 なので、この女性(妻)は一体誰でどこに住んでいるのか?、そしてどうしてこんな怪我を負ってしまう状況になってしまったのか?、などなどの謎について2人で調べていくと、次々に意外な真実と危険な陰謀が明かされていくことに.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 本作も、大沢作品の大きな特徴である“日本と中国の裏社会が絡んでくるクライムサスペンス的な要素”が詰まった作品です。

 ただ、これまでの多くの作品が熱くて重厚感ある硬派なハードボイルドなのに対し、本作はかなりの軽快さでスピード感溢れる作風となっているのですよね。

 今回の主人公はちょっと情けなさが感じられるタイプですし、読んでいるとそんな主人公と一緒に休む暇なく次々と状況が変わっていくこの事件の渦中に巻き込まれていくので、読み始めればラストまで一気に読み進めてしまうこと間違いないでしょう。

 まあ他の大沢作品と比べてしまうと、重みや厚みや読み応えの面で物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、エンタメ的な盛り上がりや小ネタの面白さなど本作ならではの魅力が詰め込まれていますし、それでいて従来の大沢作品の魅力もしっかりと組み込まれてもいるのです。

 なので、大沢作品のへヴィーなファンにはもちろんですが、ライトなファンや今まで一冊も読んだことがないという人にこそオススメしたいような、ただ単純に楽しむことができるエンタメハードボイルド作品でしたね。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★★★     主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★     人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★      感涙ウルウル度 : ★★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “大沢在昌” 関連記事 】

  > No.1012 「俺はエージェント」
  > No.0945 「夜明けまで眠らない」
  > No.0781 「雨の狩人」
  > No.0628 「冬芽の人」
  > No.0553 「鮫島の貌 新宿鮫短編集」

  > No.0456 「絆回廊 新宿鮫X」
  > No.0435 「氷の森」
  > No.0426 「狼花 新宿鮫IX」
  > No.0419 「新宿鮫 風化水脈(新宿鮫VIII)」
  > No.0417 「やぶへび」

  > No.0404 「女王陛下のアルバイト探偵(アイ)」
  > No.0400 「灰夜 新宿鮫VII」
  > No.0348 「氷舞 新宿鮫VI」
  > No.0335 「ブラックチェンバー」
  > No.0292 「欧亜純白 ユーラシアホワイト」

  > No.0262 「炎蛹 新宿鮫V」
  > No.0171 「無間人形 新宿鮫IV」
  > No.0075 「屍蘭 新宿鮫III」
  > No.0043 「毒猿 新宿鮫II」
  > No.0027 「新宿鮫」


 「琅邪の虎」丸山天寿 <<< PREV/NEXT >>> 「鳥人計画」東野圭吾

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『琅邪の虎』 丸山天寿 > 「このミス」完全読破 No.416 | トップページ | 週刊少年ジャンプ読切! 「改造人間ロギイ」 三木有 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ