サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「このミステリーがすごい!2011年版」 | トップページ | 「このミス2012年版」月別ランクイン候補作品(2010年12月) »

2010年12月 9日 (木)

「このミス2011年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>

このミステリーがすごい! 2011年版このミステリーがすごい! 2011年版
『このミステリーがすごい!』編集部

宝島社 発売日:2010-12-10
売り上げランキング : 131

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「このミステリーがすごい!2011年版」が発売され、ランキングも発表されたということで、一昨年&昨年と同様にランキング(順位)予想の一人反省会を行って、来年以降の予想に役立てようと思います。

 ただ、今回も反省することが多くなりそうなので、全体的な予想の反省を行う<反省会・総論編>(本記事)と、作品ごとに反省を行う<反省会・各論編>、そして“対象作品を予測し読むこと”自体の反省を行う「対象作品を事前に読んでしまおう!<反省会>」と、やはり昨年と同様に、3回に分けて反省してみたいと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それでまず今回は、「ランキング(順位)予想」の全体的な反省会です。

 ちなみに「このミス」では、20位以内がランク入り、21位以下がランク外となっています。

 さらにちなみに、今年も昨年と同様に30位まで予想を行い、そのうち何作がランクインするか、といった感じでやっていました。


  ☆ > 予想:ベスト10、結果:ベスト10
  ◎ > 予想:ベスト10、結果:ベスト20
  ○ > 予想:ベスト20、結果:ベスト20
  △ > 予想:ベスト30、結果:ベスト20

  ▲ > 予想:ベスト30、結果:21~30位
  ● > 予想:ベスト30、結果:31位以下


 タイトル部分のリンク先は、当ブログの感想ページとなっています。


 < 「このミス2011年版」ランキング(順位)予想 >

 ☆ 01位:悪の教典 / 貴志祐介  > 結果:1位
 ☆ 02位:隻眼の少女 / 麻耶雄嵩  > 結果:4位
 ☆ 03位:マリアビートル / 伊坂幸太郎  > 結果:6位
 ☆ 04位:叫びと祈り / 梓崎優  > 結果:3位
 ☆ 05位:写楽 閉じた国の幻 / 島田荘司  > 結果:2位 

 ● 06位:兇 弾 / 逢坂剛  > 結果:40位
 ☆ 07位:水魑の如き沈むもの / 三津田信三  > 結果:7位
 ▲ 08位:狩久探偵小説選 / 狩久  > 結果:24位
 ● 09位:祈る時はいつもひとり / 白川道  > 結果:投票数0
 ◎ 10位:死ねばいいのに / 京極夏彦  > 結果:12位

 ○ 11位:シューマンの指 / 奥泉光  > 結果:5位
 ○ 12位:琉璃玉の耳輪 / 津原泰水  > 結果:17位
 ● 13位:この国。 / 石持浅海  > 結果:44位
 ● 14位:オーディンの鴉 / 福田和代  > 結果:130位
 ○ 15位:貴族探偵 / 麻耶雄嵩  > 結果:20位

 ○ 16位:小暮写眞館 / 宮部みゆき  > 結果:8位
 ● 17位:バイバイ、ブラックバード / 伊坂幸太郎  > 結果:投票数0
 ● 18位:初陣 隠蔽捜査3.5 / 今野敏  > 結果:62位
 ○ 19位:アルバトロスは羽ばたかない / 七河迦南  > 結果:9位
 ● 20位:魔法使いの弟子たち / 井上夢人  > 結果:55位

 ● 21位:黒と愛 / 飛鳥部勝則  > 結果:31位
 ● 22位:熱 愛 / 香納諒一  > 結果:51位
 △ 23位:丸太町ルヴォワール / 円居挽  > 結果:11位
 ● 24位:見えない復讐 / 石持浅海  > 結果:投票数0
 ▲ 25位:オー! ファーザー / 伊坂幸太郎  > 結果:26位

 ● 26位:セカンド・ラブ / 乾くるみ  > 結果:44位
 ● 27位:撃てない警官 / 安東能明  > 結果:投票数0
 ▲ 28位:光媒の花 / 道尾秀介  > 結果:22位
 △ 29位:綺想宮殺人事件 / 芦辺拓  > 結果:10位
 △ 30位:北帰行 / 佐々木譲  > 結果:15位


 まずは、30位以内に予想した30作品のうち一体どのくらいの作品がベスト20に入ったのか見てみますと(☆◎○△)、結果は15作品。昨年と全く同じ数字です。

 ただ今年の場合は、20位以内にランクインした中で事前に読んでいた作品(=予想の対象となる作品)が15作だったので、これはこれでパーフェクトといってもいいような結果なのですけどね(事前に読んでいなかった作品はあえて予想の対象に入れないことにしていました)。

 それに、正式結果で10位以内に入った全作品を30位以内に入れていたというのも、なかなかの結果だったのではないでしょうか。


 続いて、ベスト20に予想した20作品のうち一体どのくらいの作品がベスト20に入ったのか見てみますと(☆◎○)、結果は12作品。これまた昨年と全く同じ数字です(ちなみに一昨年は11作品でした)。


 次に、ベスト10に予想した10作品のうち一体どのくらいの作品がベスト20に入ったのか見てみますと(☆◎)、結果は7作品。昨年の8作から数字を下げてしまいました.....。

 さらに、ベスト10に予想した10作品のうち一体どのくらいの作品がベスト10に入ったのか見てみますと(☆)、結果は6作品。こちらの方では、5作だった昨年から数字を上げることができました。

 ただ、初めて予想を行った一昨年が7作的中だったので、そのくらいは当てておきたかったですけどねェ。


 続いて、ベスト5に予想した5作品のうち一体どのくらいの作品がベスト5に入ったのか見てみますと、結果は4作品。昨年の2作、一昨年の3作から数字が上がりました。

 しかも、ベスト5から外れた唯一の作品も結果6位だったことを考えれば、このベスト5予想は、順不同で考えればほぼパーフェクトといっていいのではないでしょうかね。これはかなりの嬉しさでした。


 そして肝心要の1位予想ですが、3年目にして初めて的中することができました!

 どうしても2007年版でNo.47「独白するユニバーサル横メルカトル」平山夢明が1位を獲った時のイメージが強く残っていたため、ここ2年は少し捻った1位予想にしていたのですが、結果は普通に本命候補作品が1位となっていたので、今年は素直に予想したのが成功となったようです。


 ちなみに、今年の予想&結果ピタリ賞は、1位の「悪の教典」と7位の「水魑の如き沈むもの」の2作品でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、まずは「このミス2011年版」のランキング(順位)予想」の全体的な反省をしてみました。

 本当はこのくらいの反省でやめておきたいところなのですが、ベスト10に予想した作品が結果投票数0だったり、自信を持ってランクイン予想した作品が驚くほどに票が入らなかったりなど、反省することは尽きないのです。

 なので、そういったことも含めて、作品ごとに反省する<反省会・各論編>を続けて書いてみたいと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2011年版」関連記事】

  > 「このミス2011年版」上半期のランクイン作品仮予想 (10.1.17)
  > 「このミス2011年版」下半期のランクイン作品仮予想 (10.6.14)

  > 「このミステリーがすごい!2011年版」ランキング(順位)予想 (10.11.3)
  > 「このミス2011年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (10.11.1)
  > 「このミス2011年版」投票者なりきりベスト6 (10.11.24)

  > 「2011 本格ミステリ・ベスト10」 (10.12.6)
  > 「このミステリーがすごい!2011年版」 (10.12.8)

  > 「このミス2011年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (10.12.10)
  > 「このミス2011年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (10.12.22)
  > 「このミス2011年版」対象作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (10.12.25)

  > 「この"ランク外作品"がすごい!2011年版」 (10.12.11)

  > 「このミス2011年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(1-5位) (11.1.12)
  > 「このミス2011年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(6-10位) (11.1.23)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 「このミステリーがすごい!2011年版」 | トップページ | 「このミス2012年版」月別ランクイン候補作品(2010年12月) »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ