サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 週刊少年ジャンプ読切! 「メルヘン王子グリム(2010年41号版)」 渡邉築 | トップページ | 週刊少年ジャンプ新連載! 「LIGHT WING」 神海英雄 »

2010年9月15日 (水)

『100人館の殺人』 山口芳宏 > 「このミス」完全読破 No.359

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.359

 『100人館の殺人』 山口芳宏

   「このミス」2011年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2010.8.27 ~ 読終:2010.8.27

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2010年3月>

100人館の殺人100人館の殺人
山口 芳宏

東京創元社 2010-03-24
売り上げランキング : 368929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 “○○館の殺人”といえば、綾辻行人の諸作品を始めとして、本格ミステリの定番的なタイトルです。

 それで本作は“100人館”。今までにありそうでなかった“館”なのですね。

 “100人館”というだけありまして、殺人事件が起きた館には100人近い人物がいて、つまりは容疑者が100人、被害者候補も100人いるという、とんでもない作品なのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まあとにかく魅力的な設定なのですが、ただこれで本格的な本格ミステリを期待してしまうと、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

 というのも、作者の過去の作品を読んだ人ならわかると思いますが、基本的にパロディー的だったりバカミス的な作風の作家さんなのですよね。

 なので本作も、殺人事件が起こる割には結構ユルい雰囲気があるし、別に100人もいなくても成立しそうな内容なのです。

 ただ、それを踏まえた上で読んだなら、本格的な本格ミステリとはまた違った気楽に楽しめる魅力を味わえるのではないでしょうか。

 それに、冒頭にあるざっと6ページにも渡る登場人物一覧がもうとんでもないインパクトなので、これを見るだけでも充分な価値がありますからね。


  > 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★★    鬼畜グログロ度 : ★★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★★★       主キャラ魅力度 : ★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★★     気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “山口芳宏” 関連記事 】

  > No.359 「100人館の殺人」
  > No.157 「豪華客船エリス号の大冒険」


 「シューマンの指」奥泉光 <<< PREV/NEXT >>> 「スリープ」乾くるみ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 週刊少年ジャンプ読切! 「メルヘン王子グリム(2010年41号版)」 渡邉築 | トップページ | 週刊少年ジャンプ新連載! 「LIGHT WING」 神海英雄 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ