サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「探偵!!セレクション」 > 「このミス」完全読破・300冊突破記念企画 | トップページ | 週刊少年ジャンプ読切! 「ボクのアイドル」 河下水希 »

2010年4月23日 (金)

『蝦蟇倉市事件 2(街角で謎が待っている がまくら市事件)』 秋月涼介・北山猛邦・越谷オサム・桜坂洋・村崎友・米澤穂信 > 「このミス」完全読破 No.315

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.315

 『蝦蟇倉市事件 2』 秋月涼介・北山猛邦・越谷オサム・桜坂洋・村崎友・米澤穂信

   * 文庫化の際に『街角で謎が待っている がまくら市事件』に改題

   「このミス」2011年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2010.4.12 ~ 読終:2010.4.15

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2010年2月>

街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)街角で謎が待っている がまくら市事件 (創元推理文庫)
秋月 涼介 北山 猛邦 越谷 オサム 桜坂 洋 村崎 友 米澤 穂信

東京創元社 2014-12-22
売り上げランキング : 187133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.312「蝦蟇倉市事件 1」に続く、蝦蟇倉市を舞台としたアンソロジーの2巻目です。

 このアンソロジーについての説明は「~ 1」の方にも書いたのですが、わざわざそちらまで見ていただくのは申し訳ないので、説明に関する部分だけ同じ文章をこちらにも書いてみたいと思います(まあ大した説明ではないのですが)。


 複数の作家が競作するアンソロジー作品というのは、収録作品に共通したテーマがあるわけですが、この「蝦蟇倉市事件」にも核となるテーマが2つほどあります。

 まず一つ目は、架空の町である“蝦蟇倉市”を舞台としていることです。

 声を出して読んでみればかわるように“鎌倉市”がモデルとなっているのですが、“名前を少し変えただけでほどんど鎌倉と変わりがない”というパロディ的なものではなくて、“海と山に囲まれた風光明媚で歴史ある街”というイメージ的な部分でモデルにしている感じでしょうか。

 そしてもう一つのテーマというか共通点というのが、参加している作者がいずれも1970年代生まれのミステリ作家ということなのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけでこの2巻では、収録順でいくと北山猛邦・桜坂洋・村崎友・越谷オサム・秋月涼介・米澤穂信という6作家の作品が収録されています。

 この蝦蟇倉市というのは、不可能犯罪が年平均15件も発生するという特徴があるので、収録作のいずれにも不可能犯罪が登場するのですが、1巻と比べるとこの2巻の方が本格ミステリ度は高いように感じましたかね。

 それに、各話には“蝦蟇倉市”という舞台以外にもリンクする部分があるのですが、これもやはり2巻にもなると繋がりの度合いも増してくるので、連作としての面白さもアップしていました。

 そんな収録作品の中でも、米澤穂信の作品が、1巻も含めた他作家の作品とは作風もテーマも雰囲気も違う異色の内容で、それでいて“蝦蟇倉市”だからこその作品となっていたので、このアンソロジーのラストを飾るだけはあるなって感じでしたね(ちなみに、No.817「さよなら妖精」と同じシリーズ作品でもあります)。

 あと越谷オサム作品が、少し前に読んだNo.303「空色メモリ」とのギャップが激しすぎるような問題作だったので、かなり衝撃を受けてしまいました.....。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★       おどろおどろ度 : ★★★
   熱アクション度 : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★★★   感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★★     気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “蝦蟇倉市事件” 関連記事 】

  > No.315 「蝦蟇倉市事件 2」
  > No.312 「蝦蟇倉市事件 1」


  【 “北山猛邦” 関連記事 】

  > No.799 「オルゴーリェンヌ」
  > No.758 「少年検閲官」

  > No.688 「猫柳十一弦の失敗 探偵助手五箇条」
  > No.530 「猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数」
  > No.451 「私たちが星座を盗んだ理由」
  > No.315 「蝦蟇倉市事件 2」
  > No.141 「踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿」


  【 “越谷オサム” 関連記事 】

  > No.315 「蝦蟇倉市事件 2」
  > No.303 「空色メモリ」


  【 “米澤穂信” 関連記事 】

  > No.942 「いまさら翼といわれても」
  > No.872 「真実の10メートル手前」
  > No.828 「王とサーカス」

  > No.817 「さよなら妖精」
  > No.777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」
  > No.748 「満願」
  > No.622 「リカーシブル」
  > No.402 「折れた竜骨」

  > No.366 「ふたりの距離の概算」
  > No.365 「遠まわりする雛」
  > No.315 「蝦蟇倉市事件2(街角で謎が待っている)」
  > No.250 「秋期限定栗きんとん事件」
  > No.227 「追想五断章」

  > No.140 「儚い羊たちの祝宴」
  > No.076 「インシテミル」
  > No.044 「ボトルネック」
  > No.040 「夏期限定トロピカルパフェ事件」
  > No.039 「春期限定いちごタルト事件」


 「兇 弾」逢坂剛 <<< PREV/NEXT >>> 「W―二つの夏」永嶋恵美

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 「探偵!!セレクション」 > 「このミス」完全読破・300冊突破記念企画 | トップページ | 週刊少年ジャンプ読切! 「ボクのアイドル」 河下水希 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ