サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『天網 TOKAGE2 特殊遊撃捜査隊』 今野敏 > 「このミス」完全読破 No.302 | トップページ | 『空色メモリ』 越谷オサム > 「このミス」完全読破 No.303 »

2010年3月29日 (月)

週刊少年ジャンプ読切! 「アラタのツクモガミ」 片山陽介

週刊少年ジャンプ №17週刊少年ジャンプ№17 2010年4月12日号
佐々木尚

集英社 2010
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2号連続とびっきりの新人読切第2弾として、週刊少年ジャンプの2010年17号に掲載された読切作品が、この「アラタのツクモガミ」です。

 作者の片山陽介(かたやま・ようすけ)は、トレジャー新人漫画賞(2007年9月期)の佳作を「STANDARD」で受賞してWeb掲載という形でデビュー(この作品は現在でもウェブ上で読むことが出来ます→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 そして赤マルジャンプ2008SPRINGに「マジコロ~Magic Colosseum~」が掲載されて誌面でのデビューを果たし、本作にてジャンプ本誌初登場となりました。

 なお、扉絵の隣のページの「担当編集からのメッセージ」に“過去に2度、赤マル掲載を果たしながらも....”と書かれているので、赤マルに掲載された作品が「マジコロ~Magic Colosseum~」以外にあと1作品あるようですね。


 内容の方は、憑依バトルアクション漫画です。

 男子高校生・朝倉新太は、幼なじみ・麻生千春の家の蔵掃除を手伝うことになったのですが、蔵の中にあったつづらの蓋を開けたところ、そこから魔物のようなものが飛び出てきました。

 それは百年の年月を経ると器物が命を宿し動き始めるという“ツクモガミ(憑喪神)”で、つづらは人間に対し憎しみを抱くツクモガミを封印したものだったのです。

 封印が解かれたツクモガミは千春を捕らえ逃げたことから、新太は印籠に命が宿ったツクモガミ・五百蔵カブトと共に、千春を助けるために立ち上がるのでした.....。

 ツクモガミは物が命を宿した存在ということで、その種類もタイプも豊富なために多くのツクモガミを生み出せそうなので、読切用というよりは連載を意識した設定のように感じました。

 あと、バトルアクションがメインなのですが、新太とカブトの喧嘩しつつも協力し合うという関係によって、コミカルな演出となっていましたね。


 ちなみに、扉絵に付けられている煽り文は、

解かれた封印、囚われた姫、
      ……そして男達の煩悩!?

☆惚れた女のためならば、たとえ火の中水の中!!
       野郎と野郎のチグハグダッグバトル読切45P!!

というものでした。


 

  投票受付期間:2010.3.29~4.19

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2010年前半の読切」関連記事】

 < 超待望の新作読切祭 >
  > 「魔境旅行師グラム」 西義之 (10.6.14)
  > 「マインズ」 村田雄介 (10.6.21)
  > 「KIBA&KIBA」 稲垣理一郎 彭傑 (10.6.28)

  > 「ボクのアイドル」 河下水希 (10.4.26)

  > 「メルヘン王子グリム(2010年19号版)」 渡邉築 (10.4.12)

 < とびっきりの新人読切 >
  > 「デビル☆クラッチ」 青戸成 (10.3.20)
  > 「アラタのツクモガミ」 片山陽介 (10.3.29)

 < ウィンタースペシャル新人読切 >
  > 「戦国ARMORS」 榊ショウタ (10.2.1)
  > 「HACO」 斎藤修 (10.2.8)
  > 「死にかけ戦士!! 痩身マン」 根田啓史 (10.2.15)

 < X'mas&お年玉超豪華読切プレゼント >
  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 (09.12.14)
  > 「宇宙のSPARROW」 高橋一郎 (09.12.21)
  > 「フタガミ☆ダブル」 矢吹健太朗 (10.1.4)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 『天網 TOKAGE2 特殊遊撃捜査隊』 今野敏 > 「このミス」完全読破 No.302 | トップページ | 『空色メモリ』 越谷オサム > 「このミス」完全読破 No.303 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ