サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「このミス2010年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(1-5位) | トップページ | 『巡査の休日』 佐々木譲 > 「このミス」完全読破 No.282 »

2010年2月15日 (月)

週刊少年ジャンプ読切! 「死にかけ戦士!! 痩身マン」 根田啓史

週刊少年ジャンプ NO.11週刊少年ジャンプ2010年3月1日 NO.11
集英社

2010
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 3号連続ウィンタースペシャル新人読切第3弾として、週刊少年ジャンプの2010年11号に掲載された読切作品が、この「死にかけ戦士!! 痩身マン」です。

 作者の根田啓史(ねだ・ひろふみ)は、赤塚賞(2007年下半期)の佳作を「お母さんはスパイ」で受賞し、赤マルジャンプ2009WINTERに「死にかけ戦士!! 痩身マン」が掲載されてデビュー。

 その後は、赤マルジャンプ2009SPRINGに「世直し伝説!! 世奈押郎」が掲載され、そのリニューアル版である同名作「世直し伝説!! 世奈押郎」が金未来杯にエントリーされてジャンプ本誌初掲載となりました(週刊少年ジャンプ読切! 「世直し伝説!!世奈押郎」 根田啓史 参照)。

 そして、以前に赤マルジャンプに掲載された「死にかけ戦士!! 痩身マン」のリニューアル版にて、今回2度目のジャンプ本誌登場となったのです。


 内容の方は、貧弱で死にかけなヒーローが悪を退治する、正義のヒーローギャグ漫画です。

 悪人に捕えられたコスプレアイドル・マミがピンチを迎えた時に颯爽と現れたのが、すでに死にかけのヒーロー・痩身マン。

 そんな状態にありながらも、自らの身を削り、何度も瀕死の状態に陥りつつ、悪人と闘い続けます。

 ヒーローらしくないヒーローと変態的な悪人によるくだらなくてバカバカしいバトルを描いているので、一昔前のギャグ漫画といった感じで、懐かしくもあり今の時代に読むと新鮮でもありましたね。

 ただ、「世直し伝説!!世奈押郎」と比較すると、“ヒーローもの漫画の王道”から主人公ヒーローのキャラクターをらしくないものに変えることで笑いを生み出すタイプ(痩身マン)よりも、シチュエーションを変えることで笑いを生み出すタイプ(世奈押郎)の方が、この作者には合っているのではないかな~と思いましたね。


 ちなみに、扉絵に付けられている煽り文は、

不正や悪事は許さない!!
     世を憂い、世を救う英雄譚!!

☆不埒な悪を叩き斬るGAG読切C(センター)カラー25P!

というものでした。


 

  投票受付期間:2010.2.15~3.8

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【「根田啓史」関連記事】

  > 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!(2017年出張版)」 根田啓史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (17.7.8)
  > 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!(2016年出張版)」 根田啓史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.28)
  > 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!(2015年出張版)」 根田啓史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.10.27)

  > 「緊縛霊媒師 佐渡原さん」 根田啓史 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.1 (15.3.2)

  > 「お母さんはスパイ」 根田啓史 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.8.4)

  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 <JC1巻買い> (10.11.9)

  > 「死にかけ戦士!! 痩身マン」 根田啓史 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.2.15)

  > 「鍵人-カギジン-」 田中靖規 <JC1巻買い> (09.12.6)

  > 「世直し伝説!!世奈押郎」 根田啓史 > 週刊少年ジャンプ読切! (09.8.24)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 「このミス2010年版」ランクイン作品数珠つなぎオススメ本ガイド(1-5位) | トップページ | 『巡査の休日』 佐々木譲 > 「このミス」完全読破 No.282 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ