サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『天才までの距離』 門井慶喜 > 「このミス」完全読破 No.286 | トップページ | 『傍聞き』 長岡弘樹 > 「このミス」完全読破 No.287 »

2010年2月22日 (月)

週刊少年ジャンプ新連載! 「LOCK ON!」 土田健太

LOCK ON! 1 (ジャンプコミックス)LOCK ON! 1 (ジャンプコミックス)

集英社 2010-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2010年2~3月に投入された新連載第1弾が、12号から始まった「LOCK ON!(ロック・オン)です。

 作者の土田健太(つちだ・けんた)は、、「風影」で第7回ストーリーキングの漫画部門奨励賞を受賞した後、手塚賞や十二傑新人漫画賞で最終候補が続き、赤マルジャンプ2008SUMMERに「She Saw Game」が掲載されデビューとなりました。

 そして、2009年春に行われた“JG1読切祭”のエントリー作品として31号に「LOCK ON!」が掲載されて本誌デビューを飾り(週刊少年ジャンプ読切! 「LOCK ON!」 土田健太参照)、その同名リニューアル版で今回初の連載となりました。


 それで内容の方ですが、主人公を含むメインの登場人物のキャラクターや設定など読切版とほぼ変わりがなかったので、読切版とこの新連載第1話とを、初めて読む人に対するアピールという部分で比較して、気になったところを少し書いてみたいと思います。

 改めて読切版を読んでみましたら、これが読切作品としてはなかなか上手い作りとなっていたのですよね。

 まずメインキャラクターの関係性ですが、“性格がキツくて暴力的な栗原ニコ”と“お嬢様で明るく優しい白井雪”というヒロイン2人を対称的に見せることで、メインヒロインであるニコの素直になれない性格がよく表現されていたし、主人公の真田映がそんなニコの方により強く興味を持つことで、真田の特異性(変態性)も強調されていたと思います。

 そんな感じで、それぞれの性格やキャラクター・関連性などがわかりやすく提示されていたことで、作品における横軸(メインキャラのやり取りによる面白さ)が上手く表現されていたのではないでしょうか。

 そして縦軸にあたるストーリー面では、表向きは人気者だけど実は悪者という同級生を配することで、その悪役とメインキャラたちが次第に深く絡んでいくという流れで興味を引かせていたし、それがクライマックスにおけるスカッとした勧善懲悪にも繋がっていました。

 そのクライマックスにおいて主人公の能力も披露されていますし、“メインキャラのやり取りの軽快さ”と“悪役の非道さ”が上手く対称となっていたので、真新しさや独自の展開などはなかったものの、初めて読む人が対象となる読切作品としては非常に良く出来た構成であったと思いますね。

 それを踏まえてこの連載版第1話を読んでみましたら、ニコと雪の対称性が強調されていないなど、メインキャラの特性は掴みやすいとは言えないし、作品全体を通した軸となるストーリーも特になく、“メインキャラのやり取り”と“悪役との絡み”による対称性もなかったので、読切版と比べるとどこか散漫でメリハリがなく感じてしまいました。

 それに主人公の特殊能力が曖昧なまま終わってしまったりと中途半端な印象もあったのですが、でもこれらは連載の第1話と続きのない読切との違いでもあるのでしょうからね。

 読切の時の記事では“個人的には、この絵柄や作風からして、悪役のどす黒さやバトルシーンよりも、コメディ要素やほのぼのとした演出などにより力を入れた方がもっと面白くなるのではないかな~なんて思いました”と書きましたが、この第1話では実際にその通りになっていましたし、第2話以降もそのような部分で魅力を演出することができるならば、早期打ち切りは回避できるのではないでしょうかねェ。


  

  投票受付期間:2010.2.22~3.8

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「土田健太」関連記事】

  > 「マイ・アニマル」(ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN) (13.9.16)

  > 「LOCK ON!」 土田健太 > 週刊少年ジャンプ読切! (09.6.29)
  > 「LOCK ON!」 土田健太 > 週刊少年ジャンプ新連載! (10.2.22)
  > 「LOCK ON!」 土田健太 <JC1巻買い> (10.6.7)


 【「2010年の新連載」関連記事】

  > 「LIGHT WING」 神海英雄 (10.9.18)
  > 「әnígmә【エニグマ】」 榊健滋 (10.9.13)

  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 (10.7.12)
  > 「SWOT」 杉田尚 (10.7.5)

  > 「少年疾駆」 附田祐斗 (10.5.24)
  > 「メタリカメタルカ」 水野輝昭 (10.5.17)

  > 「詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。」 古舘春一 (10.3.1)
  > 「LOCK ON!」 土田健太 (10.2.22)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 『天才までの距離』 門井慶喜 > 「このミス」完全読破 No.286 | トップページ | 『傍聞き』 長岡弘樹 > 「このミス」完全読破 No.287 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ