サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『丸太町ルヴォワール』 円居挽 > 「このミス」完全読破 No.288 | トップページ | 『SOSの猿』 伊坂幸太郎 > 「このミス」完全読破 No.289 »

2010年2月25日 (木)

「light prayer」「future nova」 School food punishment (CD)

light prayerlight prayer
内村友美 school food punishment

ERJ 2009-12-02
売り上げランキング : 4831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 最近は日本でもダンスミュージックとロックが融合したようなエレクトロ・ロックを演奏するミュージシャンが増えてきてなんとも嬉しい限りなのですが、そんな中でもとてつもない衝撃を受けてしまったのが、アニメ映画「東のエデン 劇場版 The King of Eden」の主題歌でもあるこの歌です。

 まあとにかく幾つもの音の連鎖反応がとても素晴らしくて、生命を宿した一つ一つの音が徐々に集まり、グワーッと積み重なって宇宙まで届かんばかりの塔を作り上げてしまうような、そんな迫力が感じられますからね。

 それでいて、メロディーや全体的な雰囲気にポップさを兼ね備えているので、このそれぞれが主張しすぎないバランス感覚もなかなかのものです。

 そんなわけで、去年の12月に出た作品なのですが、いまだに飽きずに聴いているくらいに気に入ってしまいました。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


future nova/after laughterfuture nova/after laughter
school food punishment

ERJ 2010-03-10
売り上げランキング : 5113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 そして来る3月10日に発売される新曲がこの「future nova」で、「東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise Lost」の主題歌となっています。

 「light prayer」に比べるとポップさが強調された感じで、Aメロなんかは“(音的に)おとなしい感じなのかな”と思ったほどでした。

 それでも曲が進んでいくほどに音がだんだんと積み重なって、サビでは気持ちの良い音の連鎖反応を味わうことができました。

 まあ音的には「light prayer」よりもシンプルだと思うのですが、それでもこれだけ心躍るほどのかっこいい音楽となるのは、やっぱりセンスの問題なのでしょうね。

 もうこのバンドの音、そして歌は、感覚的な部分で自分にかなり合っていると思うので、今後の自分の音楽人生の中でかなり重要な存在となってくるのかもしれませんねェ。アルバムも楽しみです。


« 『丸太町ルヴォワール』 円居挽 > 「このミス」完全読破 No.288 | トップページ | 『SOSの猿』 伊坂幸太郎 > 「このミス」完全読破 No.289 »

09.音楽・CD関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ