サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« <JC1巻買い> 「保健室の死神」 藍本松 | トップページ | 『ビッチマグネット』 舞城王太郎 > 「このミス」完全読破 No.274 »

2010年2月 5日 (金)

<JC1巻買い> 「賢い犬リリエンタール」 葦原大介

賢い犬リリエンタール  1 (ジャンプコミックス)賢い犬リリエンタール 1 (ジャンプコミックス)
葦原 大介

集英社 2010-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2010年2月に発売されたJC(ジャンプコミックス)1巻の2冊目が、「賢い犬リリエンタール」です。

 週刊少年ジャンプ新連載! 「賢い犬リリエンタール」 葦原大介を見てもらうとわかるように、デビュー前における読切作品の掲載され方などから、とにかく期待がかけられている新人であることが伝わってきました。

 しかし、こうして初めての連載作品が始まってみますと、掲載順やセンターカラーの数などからして、当初の期待ほどの結果は出ていなうような感じです。

 まあ、この1巻を読んでみれば、ここまでアンケート的に苦戦気味であろうことは予想出来ますけどね。

 この漫画の一番わかりやすい魅力といったら、リリエンタールのマスコット的なキャラクターでしょう。

 なので、このキャラクターを活かした“万人に受けるようなほのぼのコメディ”を基本に話が進んでいくのかと思いきや、とても不思議で子供には少々難解そうなミステリー的ストーリーが繰り広げられていくのです。

 そのため、パッと見は一般受けを狙った作品であるようだけど、中身は玄人好みといったような感じなので、外見から入った人は中身の難解さに戸惑い離れていき、こういった中身が好きな人は外見の印象から読む前に流してしまう、といったケースが多いのではないでしょうか。

 ただ、そんなギャップもこの作品の魅力だし、他のジャンプ作品にはない魅力でもあるし、そういった部分は連載が続いていけば自然と伝わっていくものだと思うので、打ち切りの波にのまれることなくまだしばらくは続いてほしいですけどね。

 そのためにも、わかりやすい面白さを前面に出した回を、時々挟んでもらえるといいのですが。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単行本ならではの特典ですが、まず帯の表は、表紙と繋がった絵の上に、「リリエンタール ともうします! どうぞよろしくおねがいします!!」と書かれています。

 裏帯の方は、「リリエンタールを待ち受けるコイツらは!?」という文字の下に、2巻に登場するのであろう人物等の絵、そして2巻は4月2日(金)に発売予定との宣伝が。

 カバーを外した部分は、カバー部分と全く一緒です。

 中身の方ですが、てつこ・兄・アキラ・ゆき・さくらのプロフィールが各1ページずつ(星座のみ架空のもの(ぺんぎん座など)となっています)。

 第3話でリリエンタールと兄が観ていたテレビ番組のキャラクター・ライトニングみつひこ&魔女カナリーナの裏設定の説明が1ページに、日野家の間取りが1ページ。

 そして本編の後には、おまけまんがとして、「リリエンタールの一日」「てつこの一日」「「兄の一日」が各1ページ描かれています。

 さらに最終ページには、リリエンタールの絵と共に、スタッフや担当・マネージャーなどの名前が平仮名で書かれています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「葦原大介」関連記事】

  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「ワールドトリガー」 葦原大介 (13.2.8)

  > 週刊少年ジャンプ読切! 「実力派エリート迅」 葦原大介 (11.10.7)

  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「賢い犬リリエンタール」 葦原大介 (09.9.14)
  > <JC1巻買い> 「賢い犬リリエンタール」 葦原大介 (10.2.5)


 【「2010年発売の“JC1巻買い”」関連記事】

  > 「SWOT」 杉田尚 (10.12.7)
  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 (10.11.9)

  > 「少年疾駆」 附田祐斗 (10.8.6)
  > 「メタリカメタルカ」 水野輝昭 (10.8.5)

  > 「詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。」 古舘春一 (10.6.9)
  > 「LOCK ON!」 土田健太 (10.6.7)

  > 「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」 麻生周一 (10.6.4)
  > 「ねこわっぱ!」 松本直也 (10.3.5)

  > 「賢い犬リリエンタール」 葦原大介 (10.2.5)
  > 「保健室の死神」 藍本松 (10.2.4)

  > 「わっしょい!わじマニア」 わじまさとし (10.1.31)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« <JC1巻買い> 「保健室の死神」 藍本松 | トップページ | 『ビッチマグネット』 舞城王太郎 > 「このミス」完全読破 No.274 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ