サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『切り裂きジャック・百年の孤独』 島田荘司 > 「このミス」完全読破 No.276 | トップページ | 『罪と罰の果てに』 永瀬隼介 > 「このミス」完全読破 No.277 »

2010年2月 8日 (月)

週刊少年ジャンプ読切! 「HACO」 斎藤修

週刊少年ジャンプ NO.10週刊少年ジャンプ2010年2月22日 NO.10
集英社

2010
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 3号連続ウィンタースペシャル新人読切第2弾として、週刊少年ジャンプの2010年10号に掲載された読切作品が、この「HACO(ハコ)」です。

 作者の斎藤修(さいとう・おさむ)は、十二傑新人漫画賞で最終候補や最終候補まであと一歩止まりが続いた後、赤マルジャンプ2007WINTERに「MILE=LIFE!」が掲載されてデビュー。

 その後は、赤マルジャンプ2008WINTERに「タビネコ」が掲載されて、本作にて本誌デビューとなりました。


 内容の方は、人類が滅亡したらしい世界を舞台に繰り広げられるSFアドベンチャー漫画です。

 不治の病にかかっていることがわかった少女・洸が、天才科学者である父が作った冷凍睡眠(コールドスリープ)によって未来の世界に目覚めると、世界は人類が滅亡したような廃墟と化していました。

 そして洸が目覚めるのを待ち望んでいた犬人型ナノロイド・HACOと共に、樹人と闘うなどしながらこの未来世界の秘密を探っていきます。

 技を繰り出す前に技名を叫ぶ、という昔ながらの漫画的定番演出がありますが、これに独自の設定を加えていて、さらにそれを最後のオチにまで結びつけているところがなかなか面白いですね。

 あと、自分の意志とは関係なく現代から未来へやってきた少女と、未来の世界で生きている無知で純粋な少年(的なもの)の組み合わせということで、過去のジャンプ作品の中では「Waqwaq(ワークワーク)」(藤崎竜)に似た設定のように思います(パクリという意味ではなくて)。

 その「Waqwaq」はジャンプ作品としてはかなり変化球な作風だったのですが、本作の作者である斎藤修は“好きな漫画”に「ONE PIECE」「HUNTER×HUNTER」を挙げていることから、ジャンプの王道的な作風を目指しているのではないかと推測されます。

 なので、この作品が連載となった場合、王道と変化球ということで「Waqwaq」とどれだけの違いが出るのか比較するのも面白そうですね。

 1話で完結の読切作品というよりは、これから物語が始まっていくような終わり方で新連載第1話のような内容であったので、もちろん人気次第だけれど連載化も充分ありえると思えるのですが。


 ちなみに、扉絵に付けられている煽り文は、

目覚めとともに―  新たな世界の扉は開く。

☆一人+一匹!?で世界を駆けろ!!
        新型SFアドベンチャー読切47P!!

というものでした。


 

  投票受付期間:2010.2.8~3.1

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2010年前半の読切」関連記事】

 < 超待望の新作読切祭 >
  > 「魔境旅行師グラム」 西義之 (10.6.14)
  > 「マインズ」 村田雄介 (10.6.21)
  > 「KIBA&KIBA」 稲垣理一郎 彭傑 (10.6.28)

  > 「ボクのアイドル」 河下水希 (10.4.26)

  > 「メルヘン王子グリム(2010年19号版)」 渡邉築 (10.4.12)

 < とびっきりの新人読切 >
  > 「デビル☆クラッチ」 青戸成 (10.3.20)
  > 「アラタのツクモガミ」 片山陽介 (10.3.29)

 < ウィンタースペシャル新人読切 >
  > 「戦国ARMORS」 榊ショウタ (10.2.1)
  > 「HACO」 斎藤修 (10.2.8)
  > 「死にかけ戦士!! 痩身マン」 根田啓史 (10.2.15)

 < X'mas&お年玉超豪華読切プレゼント >
  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 (09.12.14)
  > 「宇宙のSPARROW」 高橋一郎 (09.12.21)
  > 「フタガミ☆ダブル」 矢吹健太朗 (10.1.4)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 『切り裂きジャック・百年の孤独』 島田荘司 > 「このミス」完全読破 No.276 | トップページ | 『罪と罰の果てに』 永瀬隼介 > 「このミス」完全読破 No.277 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ