サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« >>MDB的コンピCD-20<< 「この邦楽シングルを聴け!2009年<完全版>」 | トップページ | 『遥かなる虎跡』 景山民夫 > 「このミス」完全読破 No.267 »

2010年1月20日 (水)

『魔球』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.266

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.266

 『魔球』 東野圭吾

   「このミス」1988年 : 18位

   受賞(候補) : (「江戸川乱歩賞」最終候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「週刊文春ミステリーベスト10」 10位

   読始:2009.12.3 ~ 読終:2009.12.4

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本 <1991年6月>

魔球 (講談社文庫)魔球 (講談社文庫)

講談社 1991-06
売り上げランキング : 33122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 後にNo.45「容疑者Xの献身」(2006年版)とNo.236「新参者」(2010年版)で1位に輝くなど「このミス」になくてはならない存在となった東野圭吾の、「このミス」初ランクイン作品です。

 高校野球の試合のシーンから始まるのですが、その後にはミステリ的な展開となり、それが高校野球と絶妙な具合に絡み合ってきます。

 一見ミステリーとは繋がらないような題材を、上手くミステリーと絡めて仕上げてしまうという挑戦的な姿勢&職人技が、20年前も今も変わらないのはすごいことですよね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それでそのミステリー部分は、別に日常の謎系というわけではなくて、謎めいた殺人事件が起きる捜査ミステリーなのです。

 このミステリー自体も、捜査の過程で様々な驚くべき事実が判明したり、その過程で胸を打つ人間ドラマが明らかにされたりして、これはかなりの読み応えでしたね。

 そしてそんな本格的なミステリーが、高校野球という題材といかに絡んでいくのか。それがまた読み所なわけでして、この部分も単なる舞台として使われているだけではなく、ミステリーの重要部分にまで関わってくるので、満足できるほどに楽しむことができると思います。

 なので、東野圭吾の中ではそれほど知名度があるわけではない作品ですが、だからといって読み逃してしまうのはもったいないくらいの良作でしたね。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★       おどろおどろ度 : ★★★
   熱アクション度 : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★★★
   下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “東野圭吾” 関連記事 】

  > No.873 「人魚の眠る家」
  > No.832 「ラプラスの魔女」
  > No.784 「マスカレード・イブ」

  > No.757 「虚ろな十字架」
  > No.720 「疾風ロンド」
  > No.690 「祈りの幕が下りる時」
  > No.655 「夢幻花」
  > No.598 「禁断の魔術 ガリレオ8」

  > No.580 「虚像の道化師 ガリレオ 7」
  > No.537 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
  > No.526 「歪笑小説」
  > No.479 「マスカレード・ホテル」
  > No.457 「真夏の方程式」

  > No.437 「麒麟の翼」
  > No.418 「鳥人計画」
  > No.377 「白銀ジャック」
  > No.342 「プラチナデータ」
  > No.285 「カッコウの卵は誰のもの」

  > No.266 「魔球」
  > No.236 「新参者」
  > No.184 「パラドックス13」
  > No.130 「聖女の救済」
  > No.085 「流星の絆」

  > No.053 「赤い指」
  > No.045 「容疑者Xの献身」
  > No.022 「超・殺人事件」
  > No.010 「秘密」
  > No.006 「名探偵の掟」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「遥かなる虎跡」 景山民夫

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« >>MDB的コンピCD-20<< 「この邦楽シングルを聴け!2009年<完全版>」 | トップページ | 『遥かなる虎跡』 景山民夫 > 「このミス」完全読破 No.267 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ