サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「このミス2010年版」対象作品を事前に読んでしまおう!<反省会> | トップページ | 週刊少年ジャンプ読切! 「フタガミ☆ダブル」 矢吹健太朗 »

2009年12月30日 (水)

「MDB的ミュージックアウォード2009」 15位>11位

>> 「MDB的ミュージックアウォード2009」について <<


   *対象 : 2008年12月~2009年11月に発売されたシングル曲

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 15位 : I do it / ステレオポニー 】


I do it(初回生産限定盤)(DVD付)I do it(初回生産限定盤)(DVD付)
ステレオポニー

SMR(SME)(M) 2009-04-22
オリコン年間ランキング : -位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 昨年1位のステレオポニーが今年もランクインとなりました。

 その昨年1位「ヒトヒラのハナビラ」に続くデビュー2作目の「泪のムコウ」が、大型タイアップ付きでヒットしたものの自分的にはイマイチだったのですが、3作目となるこの歌は“こういうのを待ってました”って感じでした。

 YUIからの楽曲提供を受けた曲なのですが、やはり小気味よい音が素晴らしいですね。特にサビにおける唸るようなベースのラインや、リズムカルなドラムなど、聴いていて気持ちの良い音なので、これからもこの演奏力を磨いていってほしいものです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 14位 : WAO! / ユニコーン 】


WAO!【初回生産限定盤】WAO!【初回生産限定盤】
阿部義晴 ユニコーン

キューンレコード 2009-02-04
オリコン年間ランキング : 77位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ユニコーンの復活第1弾シングルということで、衝撃度ではNo.1でした。

 独特のゆるい雰囲気に“あ~やっぱユニコーンだな~”となりましたが、特に“これぞユニコーン!!”といった感じのメロディーが押し寄せてくる大サビが、“よっ!待ってました!”と思わず声を掛けたくなってしまうほどに懐かしくもあり新鮮で、とても感動的にもなりますからねェ。

 この歌の感想は、こちらもどうぞ!
    >>> WAO!/ ユニコーン (CD)


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 13位 : 星に願いを / flumpool 】


星に願いを 通常版星に願いを 通常版
flumpool

Amuse Soft Entertainment = music = 2009-02-25
オリコン年間ランキング : 85位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 自分が好きになる歌の定義をあえて挙げるならば、“ロックな音・ポップなメロディ・ダンスなリズム”の全ての要素が絶妙に混ざり合っている歌、となるのですが、この曲なんかはまさにその直球といった感じですね。

 その中でもこの歌の場合は、流れるようで美しいメロディがいいですねェ。そしてそのメロディを支えるような音とリズムによって、よりメロディが輝きを放っているようですから。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 12位 : ウォーアイニー / 高橋瞳 × BEAT CRUSADERS 】


ウォーアイニーウォーアイニー
タカハシヒトミ 高橋瞳×BEAT CRUSADERS

SMR 2009-09-09
オリコン年間ランキング : -位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 高橋瞳の歌を聴くのはガンダムのテーマ曲「僕たちの行方」以来で、その時は少年っぽいボーカルでしたが、あれから4年も経ったこともあってか、すっかり大人の女性的な色気のあるボーカルに変わっていました。

 ただそれでも以前のような少年的なあどけなさもあって、その両者によってポップでパンキーなボーカルとなっているので、この表現力の成長ぶりにはホントに嬉しく思ってしまいますねェ。

 そしてこの歌も“ロックな音・ポップなメロディ・ダンスなリズム”の要素が絶妙に融合していると思うのですが、その中でも音とリズムがかなりのカッコ良さで、そこに高橋瞳のボーカルが乗ることでポップスさやパンキーさも極上のものになっていました。

 自分的には、BEAT CRUSADERSのボーカルはそれほど好みでもないので、またこのコラボで曲を作ってほしいな~と思ってしまいますねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 11位 : SAHARA~feat.稲葉浩志 / SLASH 】


SAHARA~feat.稲葉浩志SAHARA~feat.稲葉浩志
スラッシュ

ユニバーサルインターナショナル 2009-11-11
オリコン年間ランキング : 112位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 自分が年季の入ったB'z好きだということは、このブログでもB'z専用のカテゴリーを作っていることからわかってもらえると思うのですが、洋楽の中で唯一長年に渡りファンであり続けているのが、GUNS N' ROSES(以下「ガンズ」)なのです。

 そのガンズについてここで説明しようとすると長くなってしまうので、CHINESE DEMOCRACY / GUNS N' ROSES (CD)を見てもらいたいのですが、B'zの稲葉さんと元ガンズのスラッシュのコラボ作品ということで、これはもう自分的には信じられないことなのです....。

 しかもこれがカッコイイことカッコイイこと....。稲葉さんの絡みつくようなハイトーン・ボイスが全編に渡り炸裂しまくっているし、そこにさらにスラッシュのギターが絡まってきたりするのですからねェ。それにB'zでは聴くことのできないようなタイプの曲ですし。

 そして、この歌と2曲目のガンズのカバーである「PARADISE CITY」(ファーギーのボーカルがアクセル激似で驚愕!)、それとスラッシュなど旧メンバーが去った後で作られたガンズの「CHINESE DEMOCRACY」を聴き比べてみたら、むしろスラッシュこそがガンズだったのかな~と初めて思ってしまいました。

 なので、これまでは“アクセルがいれば=ガンズ”と思っていましたが、これからは、実現する可能性がほとんどない“オリジナルでの再結成”を待ち望み続けなければならないのでしょうかね.....。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「MDB的ミュージックアウォード2009」 10位 ⇒ 7位

 「MDB的ミュージックアウォード2009」 20位 ⇒16位 <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 MDB的ミュージックアウォード2009

 ・「MDB的ミュージックアウォード2009」 20位 ⇒16位
 ・「MDB的ミュージックアウォード2009」 15位 ⇒11位
 ・「MDB的ミュージックアウォード2009」 10位 ⇒ 7位
 ・「MDB的ミュージックアウォード2009」 6位 ⇒ 4位
 ・「MDB的ミュージックアウォード2009」 3位 ⇒ 1位

« 「このミス2010年版」対象作品を事前に読んでしまおう!<反省会> | トップページ | 週刊少年ジャンプ読切! 「フタガミ☆ダブル」 矢吹健太朗 »

09.音楽・CD関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ