サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『アンダードッグ』 海野碧 > 「このミス」完全読破 No.223 | トップページ | 『捨て猫という名前の猫』 樋口有介 > 「このミス」完全読破 No.225 »

2009年10月23日 (金)

『スノーフレーク』 大崎梢 > 「このミス」完全読破 No.224

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.224

 『スノーフレーク』 大崎梢

   「このミス」2010年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2009.9.5 ~ 読終:2009.9.7

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2009年2月>

スノーフレーク (角川文庫)スノーフレーク (角川文庫)
大崎 梢

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-07-23
売り上げランキング : 85431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「配達あかずきん」などの”成風堂書店事件メモ”シリーズで人気の大崎梢の作品です。

 そして今作は、女子高生が主人公の、青春ミステリ作品となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その主人公は、小学生の時に亡くなった幼なじみの男の子を忘れられずにいるのですが、その男の子が今でも生きているかもしれない可能性を見つけ、真実にたどり着こうと行動を起こすのです。

 なので、素人探偵ものといった感じなのですが、普段はおとなしめの女の子が秘めた心と力強い決意を持って前へ進んでいく姿が、なんとも健気で切なく、それでいて微笑ましくもありました。

 そんな主人公を見守り支える周りの人々との関係など、とても優しさに溢れていますし、幼なじみを想う純愛が基本となっているので、青春ミステリの”青春”部分を楽しめる人にオススメですね。

 あと、表紙の絵(後日追記:単行本版の表紙のことです→)からして、主人公は自然と宮崎あおいに脳内変換されて読んでました。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★       鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度 : ★★        おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★    人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★        感涙ウルウル度 : ★★★★
   衝撃バカミス度 : ★★       気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「捨て猫という名前の猫」 樋口有介

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『アンダードッグ』 海野碧 > 「このミス」完全読破 No.223 | トップページ | 『捨て猫という名前の猫』 樋口有介 > 「このミス」完全読破 No.225 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ