サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『薄暮(沈黙の画布)』 篠田節子 > 「このミス」完全読破 No.213 | トップページ | 『最上階ペンタグラム』 南園律 > 「このミス」完全読破 No.215 »

2009年10月20日 (火)

『イン・パラダイス(劇薬)』 渡辺容子 > 「このミス」完全読破 No.214

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.214

 『イン・パラダイス』 渡辺容子

   * 文庫化の際に『劇薬』に改題

   「このミス」2010年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2009.8.6 ~ 読終:2009.8.7

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2008年11月>

劇薬 (双葉文庫)劇薬 (双葉文庫)
渡辺 容子

双葉社 2014-11-13
売り上げランキング : 72071

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この作品を称するならば、”パチンコ・ミステリ”といったところでしょうか。

 とはいっても、パチンコ業界を舞台にしていたりとか、パチンコの蘊蓄がこれでもかと繰り広げられるわけではないのですが。

 パチンコ店に毎日のように集う常連さん達を中心に話が進んでいくというだけなので、パチンコに興味のない人でも何の問題なく楽しめる、ライトな”パチンコ・ミステリ”って感じですかね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それに、主人公はまだ若い女性なので、パチンコが持つ悪い部分のイメージはそれほど感じずに、軽い気持ちで楽しむことが出来ると思います。

 その主人公は、もちろんパチンコ店の常連なのですが、ある顔なじみ(パチンコ店の常連)が謎の失踪を遂げたのに端を発して、素人探偵となって真相を突き止めていく、といった話です。

 その課程で、主人公の秘密の過去が絡んできたり、悩める恋模様が演じられたりと、予想外に物語の奥行きが深くて、少々驚きつつ楽しめました。

 そして、女性が主人公の素人探偵ものだと、どうしても主人公の行く方向に都合の良い偶然が次々と訪れて奇跡的に真相に到着、といった感じの作品が多いように感じていたのですが、この作品は個人的にはそれを感じることはありませんでしたね。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★     人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★      感涙ウルウル度 : ★★★
   衝撃バカミス度 : ★★       気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「最上階ペンタグラム」 南園律

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『薄暮(沈黙の画布)』 篠田節子 > 「このミス」完全読破 No.213 | トップページ | 『最上階ペンタグラム』 南園律 > 「このミス」完全読破 No.215 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ