サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『断絶』 堂場瞬一 > 「このミス」完全読破 No.207 | トップページ | <JC1巻買い> 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら »

2009年10月 6日 (火)

『神器 軍艦「橿原」殺人事件』 奥泉光 > 「このミス」完全読破 No.208

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.208

 『神器 軍艦「橿原」殺人事件』 奥泉光

   「このミス」2010年版 : 33位

   受賞(候補) : 「野間文芸賞」受賞

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 14位

   読始:2009.6.5 ~ 読終:2009.7.29

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本(上・下) <2009年1月>

神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件 (新潮文庫)神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件 (新潮文庫)
奥泉 光

新潮社 2011-07-28
売り上げランキング : 241373

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 昨年(2009年版)の「このミス」では、No.126「新世界より」貴志祐介No.119「ディスコ探偵水曜日」舞城王太郎など、様々なジャンルをまたいだ集大成的な大作がランクインしました。

 そして今年(2010年版)のそのタイプの作品の筆頭として名前が挙がるのは、間違いなくこの作品でしょう。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 太平洋戦争末期の戦艦内を主な舞台としていることから、全体的には軍事小説なのですが、そこで奇怪な殺人事件が起こることからミステリー的な展開にもなりますし、物語が進むに従ってSF的になったり幻想小説的にもなるので、このごちゃまぜ感を味わうだけでも楽しむことができます。

 ただ、「このミス」の対象となるようなエンタメ小説と比べると、文章がかなり文学的でして、エンタメ小説に慣れ親しんだ人には少々文章が小難しく感じるかもしれません。

 それに、幻想的な部分がとても掴みどころがなく、かなり幻惑されてしまうと思うので、万人向けするような作品ではなかったですね。

 それでも、こういった作品が好きな人ならとことんハマってしまうくらいに、濃厚でぶっ飛んだ作品でもありました。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★      鬼畜グログロ度 : ★★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★      おどろおどろ度 : ★★★
   熱アクション度 : ★★★      主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★      人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★      感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★★    気軽に読める度 : ★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “奥泉光” 関連記事 】

  > No.766 「東京自叙伝」
  > No.610 「虫樹音楽集」

  > No.585 「黄色い水着の謎 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活2」
  > No.477 「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」
  > No.475 「モーダルな事象 桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活」
  > No.358 「シューマンの指」
  > No.208 「神器 軍艦「橿原」殺人事件」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「訪問者」 恩田陸

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『断絶』 堂場瞬一 > 「このミス」完全読破 No.207 | トップページ | <JC1巻買い> 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ