サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« <JC1巻買い> 「AKABOSHI -異聞水滸伝-」 天野洋一 | トップページ | 『贖罪』 湊かなえ > 「このミス」完全読破 No.211 »

2009年10月18日 (日)

『1Q84 BOOK 1・2』 村上春樹 > 「このミス」完全読破 No.210

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.210

 『1Q84 BOOK 1・2』 村上春樹

   * 文庫化の際に『1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編』 『~後編』
     『1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編』 『~後編』に分冊

   「このミス」2010年版 : 75位

   受賞(候補) : 「毎日出版文化賞」受賞

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
                 (文庫ランキング) 1位
               「大学読書人大賞」 3位
               「本屋大賞」 10位
               「ベストSF2009」 11位
               「キノベス」 22位

   読始:2009.7.23 ~ 読終:2009.8.1

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本(1・2) <2009年5月>

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
村上 春樹

新潮社 2012-03-28
売り上げランキング : 76

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「趣味 : 読書」(2006年2月23日の記事)を読んでもらえればわかるように、“「このミス」完全読破”を始めるまでは、小説など年に1冊読むかどうかという生活でした。

 その“年に1冊読むか読まないか”の対象であったのが、何を隠そう村上春樹だったのです。

 "「このミス」完全読破”を始めて2年以上が経った今現在では、小説を手に取らない日などほとんどないというくらいに状況が変わったわけですが、そんな中でこの村上春樹の新作を読んで自分がどのように感じるのか、といったところもこの作品を読む上での楽しみの一つでもありました。

 そしてこの作品は、とにかく売れに売れまくって、社会現象になるほどの大騒ぎとなりました。

 その大きな要因として、発売までに大まかな内容さえもいっさい表に出さないという、情報飢餓を与える戦略の成功が挙げられると思うのですが、この記事でもそれに即して、まあ元々内容やストーリーに関してはなるべく曖昧に書くようにしているのですが、今回は今まで以上に曖昧にしてみましょう。

 それではどんなことを書いていくのかといいますと、これを書いている時点ではまだ「このミス」2010年版のランキングが発表されていないということもあり、果たしてこの「1Q84」は「このミス」の対象となり得るのか否か、といったことに絞って書いてみたいと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 村上春樹といえば純文学作家という印象があるものの、対象が広義のミステリーである「このミス」目線で過去の作品を見てみると、直球ど真ん中というわけではないものの、対象の範囲にはなんとか入っている内容だったように思います。特に「このミス」創刊前に発表された初期の作品なんかは。

 ただ、知名度がすでにかなりのものがあったので、直球的内容ではなかったこともあり、わざわざ票を入れる所までいかなかったのも納得できます。

 そして今回の作品なのですが、これまで以上に、「このミス」的に直球に近づいていたのには驚きました。

 読んでいると、それまでに読んでいた他の「このミス」対象作品と比べても違和感とか突出した感じはなかったし、”あっそういえばこれって村上春樹作品だったんだっけ”ってふと気付いたりしたほどでしたから。

 でもその中にも村上春樹らしさというのは存分に出ていたので、小説といえば村上春樹だった時代の自分と、”「このミス」完全読破”を始めて以降の自分、どちらの時代の自分にとっても楽しむことのできる作品でしたね。

 なので、以前に比べて、すでにヒットしている作品や流行作家の作品でも素直に票が入る傾向にあるように思える最近の「このミス」では、対象となるどころか、ランクインする可能性も大いにあり、さらには上位に入ってくる可能性もあるのではないか、と思っています。

 しかし、発売から数ヶ月が経った頃に、続編である「1Q84 BOOK 3」が来年にも発売されることが発表されました。

 いわゆる「ねじまき鳥クロニクル」の時と同じ方式ということで、まあこれは予想できたことなのですが、となると現時点では一応未完の状態ということなので、そのことを考慮すると、「このミス」ランクインの可能性は少し下がってしまうかな~と思うのですけどね。果たしてどうなるでしょうか(後日追記:結果はランク外でした。でも1票だけとはいえ入っていました)。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★      鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★        おどろおどろ度 : ★★★
   熱アクション度 : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★★    人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★★★   感涙ウルウル度 : ★★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “村上春樹”関連記事 】

  > No.331 「1Q84 BOOK 3」
  > No.210 「1Q84 BOOK 1・2」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「贖 罪」 湊かなえ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« <JC1巻買い> 「AKABOSHI -異聞水滸伝-」 天野洋一 | トップページ | 『贖罪』 湊かなえ > 「このミス」完全読破 No.211 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ