サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「このミス2010年版」月別ランクイン候補作品(2009年9月) | トップページ | 『ロング・ドッグ・バイ』 霞流一 > 「このミス」完全読破 No.197 »

2009年9月 7日 (月)

週刊少年ジャンプ新連載! 「保健室の死神」 藍本松

保健室の死神  1 (ジャンプコミックス)保健室の死神 1 (ジャンプコミックス)

集英社 2010-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2009年9月に投入された新連載第1弾が、41号から始まった「保健室の死神」です。

 作者の藍本松は、昨年(2008年)の「MUDDY(マディ)で初連載となりましたが、あえなく1クール(12週)で打ち切り(突き抜け)に.....。

 その後は、赤マルジャンプ2008SUMMERに「宇宙外交販売員シャルメロ」、赤マルジャンプ2009SPRINGに「保健室の死神」が掲載され、この「保健室の死神」の同名リニューアル版で2度目の連載となりました。


 内容の方ですが、常伏中学校に新任となった養護教諭(保健の先生)・派出須逸人、通称:ハデス先生(男)が主人公の、学園アクションコメディです。

 奇怪な容姿や不気味な言動から、赴任初日から全校生徒に気味悪がられてしまったのですが、実は心優しい生徒思いの先生なのです。

 そしてこの作品中では、人の体内に乗り移りその宿主を洗脳し支配する“病魔”という悪霊的なものが存在しているのですが、ハデス先生は病魔を喰らう力を持っていて、人間に悪影響を与える病魔を退治することができるのですねェ。

 というわけで、基本的にはこのハデス先生が学園を舞台に悪霊的なものを退治していく話だと思うのですが、過去のジャンプ作品では「地獄先生ぬ~べ~」(原作:真倉翔、漫画:岡野剛)に似たタイプの作品になるのではないでしょうか。

 その「ぬ~べ~」はアニメ化されるほどの大ヒットとなったので、そういった人気面でも似たような道を歩むことが出来れば良いのですが、ただ主人公である先生のキャラクターが正反対といってもいいくらいだったり、その主人公の能力における見た目のインパクトやわかりやすさでは劣ると思うので、やはり「ぬ~べ~」とは違った魅力で勝負することになるのでしょうかね。

 それに、この第1話は、これが“読切作品です”と言われても納得できてしまうような構成で作られていたし、ヒロインと呼べるようなキャラクターがまだ出てきていないなど、第1話を読んだだけでは今後の展開などまだまだわからないので、第2話以降でどのような方向に進んでいくのかも今後の楽しみとなりそうです。


  

  投票受付期間:2009.9.7~9.21

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「藍本松」関連記事】

  > 週刊少年ジャンプ読切! 「W.C.フレンズ」 藍本松 (13.4.12)

  > 週刊少年ジャンプ読切! 「レンゴク」 藍本松 (11.12.17)

  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「保健室の死神」 藍本松 (09.9.7)
  > <JC1巻買い> 「保健室の死神」 藍本松 (10.2.4)

  > <JC1巻買い> 「MUDDY」 藍本松 (08.5.15)


 【「2009年の新連載」関連記事】

  > 「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」 麻生周一 (09.11.16)
  > 「ねこわっぱ!」 松本直也 (09.11.9)

  > 「賢い犬リリエンタール」 葦原大介 (09.9.14)
  > 「保健室の死神」 藍本松 (09.9.7)

  > 「わっしょい!わじマニア」 わじまさとし (09.7.18)
  > 「鍵人-カギジン-」 田中靖規 (09.7.14)
  > 「あねどきっ」 河下水希 (09.7.6)

  > 「AKABOSHI -異聞水滸伝-」 天野洋一 (09.5.18)
  > 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら (09.5.11)

  > 「フープメン」 川口幸範 (09.3.3)
  > 「べるぜバブ」 田村隆平 (09.2.23)

  > 「ぼっけさん」 西義之 (08.12.16)
  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 (08.12.9)
  > 「マイスター」 加地君也 (08.12.2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 「このミス2010年版」月別ランクイン候補作品(2009年9月) | トップページ | 『ロング・ドッグ・バイ』 霞流一 > 「このミス」完全読破 No.197 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ