サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『ふたり狂い』 真梨幸子 > 「このミス」完全読破 No.201 | トップページ | 『パラドックス実践 雄弁学園の教師たち』 門井慶喜 > 「このミス」完全読破 No.203 »

2009年9月23日 (水)

『IN』 桐野夏生 > 「このミス」完全読破 No.202

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.202

 『IN』 桐野夏生

   「このミス」2010年版 : 68位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2009.7.8 ~ 読終:2009.7.9

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2009年5月>

IN (集英社文庫)IN (集英社文庫)
桐野 夏生

集英社 2012-05-18
売り上げランキング : 34026

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 1998年版の1位に輝いたNo.34「OUT」と対をなすようなタイトルの作品です。

 ですが、別に続編というわけではないし、同じシリーズものというわけでもなく、全く関係ないと言ってしまってもよいような内容なのです。

 ただ、読み終えてから振り返ってみると、人間の心の闇が外に向かっていた「OUT」に対し、今作では内へ内へと向かっていくようでもあったので、そういった大きなテーマ的な部分において対となっているのかもしれませんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そしてこの作品の主人公は、結婚していながら妻子ある男性と不倫中の女性作家です。

 この主人公が、不倫をテーマにした他作家の小説に秘められた謎を探っていくことで、二つの不倫劇が語られていくのです。

 なので、恋愛話が中心になって、しかもそれが不倫の恋愛だということで、とても濃密でゾクッとするような人間ドラマを味わうことができます。

 あくまでそういった人間ドラマが中心となってくるのですが、小説の謎を追いかける過程でミステリー・サスペンス的な展開となっているし、作中作の存在によって二つの不倫劇が複雑に絡み合い物語の行方を惑わすので、ミステリ好きの方でも充分に楽しめるのではないでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★        鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度 : ★★         おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★★    人間味ドラマ度 : ★★★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★★    感涙ウルウル度 : ★★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気楽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “桐野夏生” 関連記事 】

  > No.887 「バラカ」
  > No.313 「ナニカアル」
  > No.202 「IN」
  > No.120 「東京島」
  > No.034 「OUT」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「パラドックス実践 雄弁学園の教師たち」 門井慶喜

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『ふたり狂い』 真梨幸子 > 「このミス」完全読破 No.201 | トップページ | 『パラドックス実践 雄弁学園の教師たち』 門井慶喜 > 「このミス」完全読破 No.203 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ