サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009SUMMER」 | トップページ | 「赤マルジャンプ2009SUMMER」掲載の読切作品の中で一番面白かった作品を決める投票を実施中です »

2009年8月24日 (月)

週刊少年ジャンプ読切! 「世直し伝説!!世奈押郎」 根田啓史

週刊少年ジャンプ2009年9月7日 NO.39週刊少年ジャンプ2009年9月7日 NO.39

2009
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「第5回 金未来杯」のエントリーNo.4として2009年39号に掲載されたのが、この「世直し伝説!!世奈押郎(よなおしでんせつ・よなおしろう)」です。

 作者の根田啓史(ねだ・ひろふみ)は、赤塚賞(2007年下半期)の佳作を「お母さんはスパイ」で受賞し、赤マルジャンプ2009 WINTERに「死にかけ戦士!!痩身マン」が掲載されてデビューとなりました。

 そして今年の春に発売された赤マルジャンプ2009 SPRINGに「世直し伝説!!世奈押郎」が掲載され、そのリニューアル版である同タイトルの今作にてジャンプ本誌初掲載となりました。


 内容の方は、世界規模の大不況のあおりを受けて大人たちがみなヤケクソになってしまった近未来が舞台のギャグ漫画です。

 そしてこの作品は2話構成になっていまして、1話目は、暴力的な授業を行い生徒を怖がらせる教師がいるクラスに転校してきた主人公・世奈押郎が、その教師の理不尽な攻撃にも怯まず果敢に立ち向かっていく姿が描かれています。

 2話目は「二直し:ラーメンと勇気」というサブタイトルも付いていまして、1話目で知り合ったクラスメイト・マモルの家であるラーメン屋に招かれた世奈押郎が、暴君的な父親のために荒んでいたこの一家に愛と勇気を取り戻す姿が描かれています。

 全体的な雰囲気が「北斗の拳」のパロディ風で、絵柄や台詞回しなどから70・80年代のアクション漫画を彷彿とさせていますね。

 そして、最近ジャンプ本誌や赤マルジャンプなどで新たに目にするギャグ漫画というのは、ギャグとツッコミが頻繁に応酬されたりとか、「ギャグマンガ日和」の影響を受けたようなシュール系の作品がほとんどだったように思います。

 その点でこの作品は、ツッコミを作中では全くせずに、そのツッコミは読者に委ねるような、ここ最近のギャグ漫画の流れとは全く違うタイプの作品だったこともあり、とても新鮮に感じられたので、掲載されたタイミングが絶妙だったのではないでしょうかね。


 ちなみに、扉絵に付けられている煽り文は、

悪に堕ち、悪に染まった 世の中をぶっ壊す!!

☆はびこる悪に鉄槌を!
    義憤にかられる忠義のGAG読みきり31P!!

というものでした。


 

  投票受付期間:2009.8.24~9.14

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 05dengi VS 05crown VS 05north VS 05 VS 05_2

 

  投票受付期間:2009.8.31~9.30

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「根田啓史」関連記事】

  > 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!(2017年出張版)」 根田啓史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (17.7.8)
  > 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!(2016年出張版)」 根田啓史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.28)
  > 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!(2015年出張版)」 根田啓史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.10.27)

  > 「緊縛霊媒師 佐渡原さん」 根田啓史 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.1 (15.3.2)

  > 「お母さんはスパイ」 根田啓史 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.8.4)

  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 <JC1巻買い> (10.11.9)

  > 「死にかけ戦士!! 痩身マン」 根田啓史 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.2.15)

  > 「鍵人-カギジン-」 田中靖規 <JC1巻買い> (09.12.6)

  > 「世直し伝説!!世奈押郎」 根田啓史 > 週刊少年ジャンプ読切! (09.8.24)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009SUMMER」 | トップページ | 「赤マルジャンプ2009SUMMER」掲載の読切作品の中で一番面白かった作品を決める投票を実施中です »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ