サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 週刊少年ジャンプ読切! 「LOCK ON!」 土田健太 | トップページ | 『遠い旋律、草原の光』 倉阪鬼一郎 > 「このミス」完全読破 No.192 »

2009年7月 3日 (金)

<JC1巻買い> 「べるぜバブ」 田村隆平

べるぜバブ 1 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 1 (ジャンプコミックス)

集英社 2009-07-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2009年7月に発売されたJC(ジャンプコミックス)1巻は、「べるぜバブ」です。

 金未来杯グランプリという実績を引っ提げての連載開始となった作品ですが、この1巻が発売される前に何度もセンターカラーとなったり、さらには新人としてはかなり早い巻頭カラーを飾るなど、すこぶる好評のようですね。

 ただ、ストーリー的には、主人公が校内のヤンキー共を次々に倒していくだけで、特別驚くような展開があったり強力なメインキャラが増えたりなどせず、壮大なる目標設定などもないので、最初の頃はこの漫画の楽しみ方がいまいちわかりませんでした。

 しかし、回を重ねていくごとに、段々とこの漫画の魅力が掴めてきたように思います。

 やはりヤンキー漫画ということもあって、出てくる人々の多くはむさ苦しいような荒くれ者たちなのですが、その一方で主人公とその仲間は、爽やかとまではいかないまでも、ベル坊やヒルダを筆頭に可愛らしさがあったり絵的に小ざっぱりした感じだし、やり取りもコミカルだし、全体的に軽さがあるので、その両者のバランスにより“熱すぎもせず、軽すぎもせず”といった雰囲気が出ていて、今の時代には合っているのではないかと。

 そして、主人公の周囲の主にヤンキー達が、主人公を巡って勝手に大騒ぎしているものの、最終的には主人公が圧倒的な力でもって制圧してしまう、といった展開が、シンプルながらもスカッとするような爽快さに満ち溢れているので、そこが人気に繋がっているのではないのでしょうかね。

 なので、そういった意味でのノリ的な部分では、「トリコ」と近いものがあるように感じるのですが、どうでしょう。

 それでまあ今のパターンのままず~っと続くということはありえなくて、近いうちに新たな段階へと進むことになると思うのですが、その時にどんな方向にどんな方法で進むのかによって、看板コースへの道に向かうことにもなれば打ち切りコースへの道に落ちていくことにもなるだろうから、その分岐点がいつ来るのか、その内容は、そしてその結果どうなるのか、といったところが非常に興味深いし楽しみですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単行本ならではの特典ですが、まず帯の表は、表紙と繋がった絵の上に「最強の不良が拾った赤ちゃんは・・・なんと魔王!?」と書かれています。

 裏帯の方は、ベル坊の顔のアップ絵に、おまけページの説明が少々。

 カバーを外した部分は、カバーと全く同じ絵ですね。。


 中身の方ですが、ページの合間には、ストーリーの流れに沿った1コマ漫画が計4ページ、男鹿辰巳と古市貴之のキャラクタープロフィールが各1ページずつ。

 そして最終ページには、作者の師匠的存在である岩代俊明が、弟子の1巻発売記念に描き下ろしたお祝いイラスト(雨宮 ヒルダ服バージョン)とコメント、そしてそれに対する作者の感謝コメントが収録されています。

 ちなみに、8月4日に発売される「PSYREN-サイレン-」7巻には、田村隆平が描いた「ヒルダ 雨宮服バージョン」が掲載される予定とのことです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「田村隆平」関連記事】

  > 「腹ペコのマリー」 田村隆平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.1.31)

  > 「みんなのこち亀」 田村隆平 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.10.17)

  > 「タイガー兄とドラゴン」 田村隆平 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.12.22)

  > 「べるぜバブ」 田村隆平 <JC1巻買い> (09.7.3)
  > 「べるぜバブ」 田村隆平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (09.2.23)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 週刊少年ジャンプ読切! 「LOCK ON!」 土田健太 | トップページ | 『遠い旋律、草原の光』 倉阪鬼一郎 > 「このミス」完全読破 No.192 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ