サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 週刊少年ジャンプ読切! 「詭弁学派、四ッ谷先生の怪談」 古舘春一 | トップページ | iPod(iTunes)のサウンドエンハンサー »

2009年6月10日 (水)

『六つの手掛り』 乾くるみ > 「このミス」完全読破 No.185

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.185

 『六つの手掛り』 乾くるみ

   「このミス」2010年版 : 93位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 23位

   読始:2009.5.26 ~ 読終:2009.5.27

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2009年4月>

六つの手掛り (双葉文庫)六つの手掛り (双葉文庫)
乾 くるみ

双葉社 2012-03-15
売り上げランキング : 98088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.68「イニシエーション・ラブ」で有名な乾くるみの2009年新作が、この「六つの手掛り」です。

 ただ、「イニシエーション・ラブ」のような単純明快でズバッと驚かされるようなタイプではなくて、昨年出たNo.168「カラット探偵事務所の事件簿(1)」と似たタイプですね。

 その「カラット~」と共通した部分ですが、まずは基本的なところで連作短編集だということ。

 それから、ひょうきんなキャラクターの主人公を軸に軽いタッチで書かれているものの、本格ミステリ的なトリックの部分はかなり本格的で少々難解、というところもですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 一方違った部分ですが、「カラット~」は暗号専門の探偵が主人公ということもあって、暗号的・パズル的なトリックを扱っているのに対して、今回は奇術師が主人公ということもあって、物的証拠を元に心理面を突きつつ謎を解明していきます。

 そして、連作短編のトリを務める仕掛けの部分も違います。

 どちらも「イニシエ~」ほどは大掛かりではないものの、乾くるみらしい仕掛けが施されているのですが、今回は「カラット~」よりもインパクトはなく、読む人によっては特に何も感じることなくさらっと読み終えてしまいそうなくらいで。

 ただこういうのが好きな人なら、読んだ瞬間にゾクッとしてしまったり、後で思い返してついニヤリとしてしまうような仕掛けなのですねェ。

 なので、各話のミステリ的なトリックも含めて結構通好みタイプで、“解る人にだけ解る”といった感じなのですが、ハマる人はかなりハマってしまうことでしょう。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★★★★ ★★★☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★★   鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★★     おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★         主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★      人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★         感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★★    気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “ 乾くるみ” 関連記事 】

  > No.726 「北乃杜高校探偵部」
  > No.560 「カラット探偵事務所の事件簿2」
  > No.501 「嫉妬事件」
  > No.374 「セカンド・ラブ」

  > No.360 「スリープ」
  > No.185 「六つの手掛り」
  > No.168 「カラット探偵事務所の事件簿(1)」
  > No.105 「クラリネット症候群」
  > No.068 「イニシエーション・ラブ」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「龍神の雨」 道尾秀介

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 週刊少年ジャンプ読切! 「詭弁学派、四ッ谷先生の怪談」 古舘春一 | トップページ | iPod(iTunes)のサウンドエンハンサー »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ