サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『少女』 湊かなえ > 「このミス」完全読破 No.165 | トップページ | 『人間動物園』 連城三紀彦 > 「このミス」完全読破 No167 »

2009年4月 5日 (日)

『神君幻法帖』 山田正紀 > 「このミス」完全読破 No166

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.166

 『神君幻法帖』 山田正紀

   「このミス」2010年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2009.3.5 ~ 読終:2009.3.9

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2009年2月>

神君幻法帖 (徳間文庫)神君幻法帖 (徳間文庫)
山田 正紀

徳間書店 2013-10-04
売り上げランキング : 352487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この作品は、山田風太郎の「甲賀忍法帖」「くノ一忍法帖」を始めとした“忍法帖シリーズ”を完全再現した、いわばオマージュ作品です。

 自分はその“忍法帖”の方はまだ読んだことがないので、両者の相違点についてはわからなかったのですが、その分かえってオリジナルとして楽しむことが出来ました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まあとにかく忍者達がハチャメチャに暴れまくる作品でして、それぞれの忍者が特殊能力(幻法)を持っているのですが、それを使った頭脳戦やら肉弾戦というのがまた迫力あって、攻守激しく入れ替るどんでん返しの連続で楽しかったですね。

 ただ、そういった面で充分に楽しむには、忍者達の特殊能力について事前に知らない方が良いのは当然のことなので、読む前に帯や冒頭に書かれている能力の説明を目にしない方がいいでしょう。

 そしてそんな奇怪でとんでもなくてインパクト大の超人的な幻法について、科学的・歴史的な説明が真面目に律儀に加えられているのですが、そこが何ともバカバカしくて面白かったですねェ。ちなみにこの描写も、本家を踏襲しているようですね。

 単行本の巻末には作者インタビューが載っていて、そこでは“忍法帖シリーズ”を始めとした山田風太郎作品に対する愛ある話が語られているので、こちらも見逃せません。ちなみにこのインタビューで、“忍法”ではなく“幻法”にした理由なんかも知ることが出来ます。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★         鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★        おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★★★★★    主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★★     感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★★★   気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “山田正紀”関連記事 】

  > No.669 「復活するはわれにあり」

  > No.575 「ファイナル・オペラ」
  > No.570 「マヂック・オペラ 二・二六殺人事件」
  > No.561 「ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件」
  > No.549 「ふたり、幸村」
  > No.166 「神君幻法帖」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「人間動物園」 連城三紀彦

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『少女』 湊かなえ > 「このミス」完全読破 No.165 | トップページ | 『人間動物園』 連城三紀彦 > 「このミス」完全読破 No167 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ