サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『悪果』 黒川博行 > 「このミス」完全読破 No.133 | トップページ | 『第三の時効』 横山秀夫 > 「このミス」完全読破 No.134 »

2008年12月23日 (火)

〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 15位⇒11位

>> 「MDB的ミュージックアウォード2008」について <<

   *対象 : 2007年12月~2008年11月に発売された曲

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 15位 : Hi-Five / Superfly 】


Hi-FiveHi-Five
Superfly 越智志帆 M.Jagger J.Croce

Warner Music Japan =music= 2008-04-23
オリコン年間ランキング : 474位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 まあとにかく前へ前へと押し出していくような力強さが溢れていて、爽快でド派手な歌ですね。

 ただ、ド派手といえども演奏の方はとても凝っていて、プロの技が集大成となってお祭り騒ぎをしているといった感じもあるので、ホントにカッコ良すぎです。

 これはライブで聴いたらより盛り上がるんでしょうねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 14位 : 情熱の代償 / GIRL NEXT DOOR 】


情熱の代償 / ESCAPE(DVD付)情熱の代償 / ESCAPE(DVD付)
GIRL NEXT DOOR 千紗 Kenn Kato

エイベックス・エンタテインメント 2008-11-19
オリコン年間ランキング : 259位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 avax設立20周年を記念して大々的な宣伝と共にデビューしたのがこのGIRL NEXT DOORなのですが、そういった売り出し方なのでやっぱり“結果的に大コケすればいいのに”と思ってしまいました。

 でも実際に歌を聴いてみれば、90年代のヒット曲好きとしては懐かしさもあり気に入ってしまうのですよね。ただどこか物足りなさも感じてはいるのですが。

 そんなGIRL NEXT DOORの3ヶ月連続リリースの最後を飾ったのがこの歌なのですが、この歌は無条件で好きですね。

 ドン!ドン!という重い音と、それを追いかけるように裏打ちでカッ!カッ!っていう軽い音が、曲の始めから終わりまで絶えず続くのですが、この2つの音の単純な連続性を聴いているだけでもう気分は高まってしまいます。

 だからこの音だけ聴いていればいいような気もしますが、これに少し哀しげな歌が乗っかることで、よりこの音が際立つようでして。ぜひとも重低音全開で聴きたい歌ですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 13位 : LIFE / キマグレン 】


LIFELIFE
キマグレン KUREI GIRA MUNDO

UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2008-05-14
オリコン年間ランキング : 117位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 この歌はまずPVで何度も聴いていたのですが、CDで聴いてみたら「ハーイエッ イエイエイエッ」の部分がPVの時よりあっさりしている様だったので、最初はちょっと物足りないような気がしていました。全体的にも、もうちょっと盛り上がり所を作ったほうが良いんじゃないかとも思ったりして。

 ただ何度も聴いていたら、この歌はこのあっさりとした構成だからこそ良さが出るんだなということがわかりましたね。あんまりしつこくされたりとか大袈裟に盛り上がられるよりは、じっくりと聴かせてくれることで、じんわりとこの歌が心に染み込んで来るようで。

 それに音も派手さはないけれどこの歌をジワジワと盛り上げていてカッコ良いですからね。今年に限らず最高に好きな夏ソングになりそうな感じです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 12位 : BURN -フメツノフェイス- / B'z 】


BURN -フメツノフェイス-BURN -フメツノフェイス-
B'z 松本孝弘 稲葉浩志

VERMILLION RECORDS(J)(M) 2008-04-16
オリコン年間ランキング : 32位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 B'zの今年唯一のシングルがここに登場。というわけで、B'zの3連覇は残念ながらなりませんでした。

 電子的なアレンジとダンスミュージック的なリズムがいつにも増してカッコ良くて、なんか宇宙規模の壮大ささえ感じさせるほどの歌ですね。

 ただ、昨年の「SUPER LOVE SONG」がシンプルな音ながら一つ一つの音が存在感を出しまくりで聴いていて圧倒されたのに対し、この歌は音が拡散されている感じで、なんか実態を掴む事が出来ないような感覚にもなってしまいました。

 その理由として、ドラムとベースを今回は控え目にして作られていたからではないかと思うのですが、自分としてはそここそが楽しみたいところでもあるので、ちょっとB'zのシングル曲としては物足りないところがありましたかね。


 [ この歌の感想記事は、こちらもどうぞ ]
   >> BURN-フメツノフェイス- / B'z (PV)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 11位 : Love,too Death,too / ポルノグラフィティ 】


Love,too Death,too(初回生産限定盤)Love,too Death,too(初回生産限定盤)
新藤晴一 岡野昭仁 ak.homma

SE(SME)(M) 2008-10-08
オリコン年間ランキング : 104位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 このなんとも気の抜けた感じが良いですね。

 って“気が抜けた”という表現だとちょっと誤解されそうな感じですが、気が抜けたというよりも力が抜けたといいますか、肩に力が入っていなくてとてもリラックスした状態でこの歌を楽しんでいるような、そんな印象を持ちました。

 なので音も軽いように思うのですが、でもちゃんと聴いてみればもう凝りに凝っていまして、ホーンセクションや裏打ちのリズムなんかで躍動感がアップしているし、それぞれの音がさり気ないながらも憎いくらいに効いているのです。

 自分は、裏打ちのリズムと途中で拍手音が入っている歌を好きになるんだ、ってことに最近気付いたのですが、そうなるとこの歌を好きになるのも必然だってことですねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 10位 ⇒ 7位

 〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 20位 ⇒16位 <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 MDB的ミュージックアウォード2008

 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 20位 ⇒16位
 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 15位 ⇒11位
 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 10位 ⇒ 7位
 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 6位 ⇒ 4位
 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 3位 ⇒ 1位

« 『悪果』 黒川博行 > 「このミス」完全読破 No.133 | トップページ | 『第三の時効』 横山秀夫 > 「このミス」完全読破 No.134 »

09.音楽・CD関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ