サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『倒立する塔の殺人』 皆川博子 > 「このミス」完全読破 No137 | トップページ | 「このミス2010年版」月別ランクイン候補作品(08年11月) »

2008年12月26日 (金)

〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 10位⇒7位

>> 「MDB的ミュージックアウォード2008」について <<

   *対象 : 2007年12月~2008年11月に発売された曲

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 10位 : 藤沢ルーザー / ASIAN KUNG-FU GENERATION 】


藤沢ルーザー藤沢ルーザー
後藤正文 Matthew Kelly Sharp

KRE(SME)(M) 2008-10-15
オリコン年間ランキング : 281位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 最初に聴いた時は、もっとアグレッシブでガツンと来るものを期待していたので“ちょっと物足りないかな~”と思ったのですが、何度か聴いているうちにだんだんとその良さがわかってきて、今ではかなりのお気に入りとなりました。

 なんか全体的に力が抜けた感じの印象があって、3分にも満たない長さ(2番がないですし)なのでアッという間に終わってしまうのですが、そのせいで逆に中毒性が効いているようで。

 それに、サビの部分なんて“間の抜けた伸ばし方だな~”なんて失礼なことを考えていたのですが、これも何度も聴いているうちにカッコ良く感じてきましたから。

 やっぱり一聴しただけで全てを判断しちゃダメだということですねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 9位 : How Do I Survive ? / Superfly 】


How Do I Survive ?How Do I Survive ?
越智志帆 A.Fraser P.Rodgers

Warner Music Japan =music= 2008-09-10
オリコン年間ランキング : 358位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 Superflyはこれで2曲目のランクインです。

 こちらは、どことなくLOVE PSYCHEDELICO的というか、60年代のサウンド的というか、ちょっと懐かしい感じがする歌なのですが、その中にも今の時代だからこその要素も詰め込まれていて、これまたカッコ良いとしか言い様のない作品ですね。

 そしてやはりボーカルに耳がいってしまいがちですが、この演奏がまた素晴らしくて。特にサビに入った時の、こう身体全体をグイッと持っていかれそうなほどの盛り上げ方が、聴いていて嬉しくなってきちゃいますからねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 8位 : マスタッシュ / 木村カエラ 】


マスタッシュ/memories(original version)マスタッシュ/memories(original version)
木村カエラ Masao Nisugi

コロムビアミュージックエンタテインメント 2008-09-10
オリコン年間ランキング : 193位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 最初は、両A面のもう一作「memories (original version)」の方が気になっていて、こっちの方はオマケ程度にしか思っていなかったのですが、やはり何度も聴いているうちに、この「マスタッシュ」の方が断然好きになってしまいました。

 気持ちが良いくらいに爽快なポップスであり、パンチを効かせながら飛び跳ねるようなロックでもありますからね。

 木村カエラはもうちょっとパンキッシュな歌の方が合っていると思っていましたが、こういったポップロックもまた良いもんですねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 7位 : Jasper / 木村カエラ 】


Jasper (DVD付)Jasper (DVD付)
木村カエラ ヒダカトオル

Colombia Music Entertainment =music= 2008-02-06
オリコン年間ランキング : 173位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 木村カエラが続けてのランクインです。

 この歌は石野卓球プロデュース作品なのですが、もう聴いてみればまさしく電気グルーヴ、これぞ電気グルーヴといった歌ですね。

 ここまで直球な電気サウンドだと、誰が歌っても電気グルーヴの歌でしかなくなってしまうところだと思うのですが、それでもこの歌は、あくまで“木村カエラの歌”として成り立っているので、やはりヴォーカルとしての力・個性があるんだなぁと改めて思いましたね。まあそこら辺のことは以前にも書いているので(下を参照)、詳しくはそちらを。

 電気グルーヴの歌も木村カエラの歌も好きな自分にとっては、電気グルーヴの歌としても楽しめ、木村カエラの歌としても楽しめ、そして両者が見事なまでに融合した歌としても楽しめ、まさに贅沢すぎる作品でした。例年だったら1位になっていてもおかしくなかったのですけどねェ。


 [ この歌の感想記事は、こちらもどうぞ ]
   >> 「Baby cruising Love / Perfume」 & 「Jasper / 木村カエラ」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 6位 ⇒ 4位

 〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 15位 ⇒11位 <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 MDB的ミュージックアウォード2008

 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 20位 ⇒16位
 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 15位 ⇒11位
 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 10位 ⇒ 7位
 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 6位 ⇒ 4位
 ・〔MDB的ミュージックアウォード2008〕 3位 ⇒ 1位

« 『倒立する塔の殺人』 皆川博子 > 「このミス」完全読破 No137 | トップページ | 「このミス2010年版」月別ランクイン候補作品(08年11月) »

09.音楽・CD関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ