サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« クイック・ジャパン(QJ) Vol.80 > 「モヤモヤさまぁ~ず2」特集 | トップページ | 『辛い飴』 田中啓文 > 「このミス」完全読破 No.129 »

2008年11月24日 (月)

『キッド・ピストルズの最低の帰還』 山口雅也 > 「このミス」完全読破 No.128

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.128

 『キッド・ピストルズの最低の帰還』 山口雅也

   「このミス」2009年版 : 32位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 25位

   読始:2008.10.31 ~ 読終:2008.11.4

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2008年5月>

キッド・ピストルズの最低の帰還キッド・ピストルズの最低の帰還
山口雅也

光文社 2008-05-22
売り上げランキング : 236717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 パラレル英国を舞台にパンク刑事のキッド&ピンクが大活躍する“キッド・ピストルズ”シリーズは、これまでNo.80「キッド・ピストルズの冒涜」、「13人目の探偵士」、No.15「キッド・ピストルズの妄想」、「キッド・ピストルズの慢心」の4作が発表されていました。

 この4作全てが「このミス」でベスト20にランクインし、「~冒涜」と「~妄想」はベスト10入り、しかも「~妄想」は1994年版の2位にランクインしていることからも、かなりの人気シリーズだということがわかります。

 ただ、4作目の「~慢心」が発表されたのが1995年なので、このシリーズはかなりの間音沙汰ない状態が続いていたわけですが、実に13年ぶりという待望の帰還を果たしたのがこの最新作「~最低の帰還」なのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 収録されているのは、2007年に雑誌「ジャーロ」に掲載された3編に、1995年に発表されていた30ページほどの短めな2編。新しい3編の間に古い2編が挟まれるようにして並んでいます。なので、新作とはいえ13年前の話も入っているのですが、読んでいてもその年代の違いに違和感は全然感じませんでしたね。

 これまで読んだ「~冒涜」「~妄想」との比較としましては、この2作よりは衝撃度や“なんだこりゃ~”度は控え目になっている感じでしょうか。

 ただ、キッドとピンクとブル博士が奇妙奇天烈な事件の謎に挑む、というシチュエーションがあるだけで、なんとも嬉しくなってしまいますねェ。

 でもまだその暴れっぷりには満足していないので、またそんなに間を置かずに新作を読ませていただきたいもんです。ってその前に「13人目の探偵士」と「~慢心」を読まねば。

 あと、冒頭に収録されている「キッドとピンクの伝記作家による本書に関する覚書」には、「~慢心」のネタバレ的なことが書かれていたので、「~慢心」をまだ読んでいない自分は“しまった!”と思ったわけですが、本書を読む限りはそれほど影響はない感じでしょうかね。まあ、「~慢心」の方も読んでみないことにはわかりませんが。


  > 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★★   鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★         人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★         感涙ウルウル度 : ★
   衝撃バカミス度 : ★★★      読み終り爽快度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “山口雅也”関連記事 】

  > No.971 「落語魅捨理全集 坊主の愉しみ
  > No.777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」
  > No.604 「謎の謎その他の謎」
  > No.489 「狩場最悪の航海記」
  > No.128 「キッド・ピストルズの最低の帰還」

  > No.109 「モンスターズ」
  > No.080 「キッド・ピストルズの冒涜」
  > No.051 「生ける屍の死」
  > No.028 「ミステリーズ」
  > No.015 「キッド・ピストルズの妄想」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「辛い飴」 田中啓文

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« クイック・ジャパン(QJ) Vol.80 > 「モヤモヤさまぁ~ず2」特集 | トップページ | 『辛い飴』 田中啓文 > 「このミス」完全読破 No.129 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ