サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『モンスターズ』 山口雅也 > 「このミス」完全読破 No.109 | トップページ | 『芝浜謎噺 神田紅梅亭寄席物帳』 愛川晶 > 「このミス」完全読破 No.110 »

2008年8月26日 (火)

週刊少年ジャンプ新連載! 「いぬまるだしっ」 大石浩二

いぬまるだしっ 1 (ジャンプコミックス)いぬまるだしっ 1 (ジャンプコミックス)

集英社 2009-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今クールの新連載は、2作品ともに連載開始号で表紙を飾ることができませんでした。

 まず新連載第1弾の「バクマン。」は、大場つぐみ&小畑健の「デスノート」コンビということもあって、普通なら表紙を飾らないことなどありえないわけですが、ちょうど全連載漫画の主役キャラが一同に揃う表紙が定番となっている合併号と重なってしまったため、表紙にはならなかったのです。

 その代わり、第2話が掲載されている今週発売号で、きっちりと1週遅れの表紙を飾っているわけなのですけどね。

 そして新連載第2弾となるのがこの記事の主役・「いぬまるだしっ」なのですが、そんな理由で「バクマン。」が1週ズレて表紙を飾ったため、その煽りを食ってこちらも新連載開始号で表紙を飾ることはかなわなかったのです。

 まあ、そんな事情がなくとも表紙にはならなかったのでしょうけどね。巻頭カラーさえ「アイシールド21」に譲っているし、前作の「メゾン・ド・ペンギン」の時も表紙ではなかったし(そしてそれをネタにしてました)。

 ただ、こういったギャグ漫画(特に自虐系ギャグ漫画)の場合、“扱いが悪いほど扱いが良い”ということなので、この“表紙にも巻頭カラーにもならず”という扱いは、逆にオイシイってことなんですけどね。それに来週の第2話では“業界初のおしりカラー”というよくわからないフィーチャーされっぷりですし。


 そんな「いぬまるだしっ」ですが、前作同様にギャグ漫画であることには変わりがないものの、幼稚園児とその先生が主役ということもあってか、「メゾン・ド・ペンギン」や過去に発表した読み切り作品よりもずいぶんと一般受けしそう、というか、絵を見ただけで読まずに飛ばしたくなる度がかなり激減しているようですね。なんか普通の漫画って感じで。

 それでホントに一般受けするまでに人気になるにはどうしたらよいのか、というところを第1話を読んだ時点で考えてみたのですが、ギャグ漫画であるという基本線はそのままでも、そこにコメディ要素を多かれ少なかれ投入していった方がいいのではないかと。過去に大ヒットした、小さい子供が主役の主に小学生向けの漫画たちのように。

 ただ前作なんかみても、下ネタ・下品・自虐的なギャグがほとんどだったので、そういった持ち味を控え目にしないといけなくなるのですが、その持ち味を充分に発揮した前作は失敗に終わっているわけだし、ここらで新たな領域に足を突っ込んでもいいんじゃないかと思うのです。まあ下品なネタがあっても「クレヨンしんちゃん」とか「おぼっちゃまくん」みたいになればOKですけどね。

 まあいずれにしろ、今後どのような方向に進んでいくのかわからないし、そこが面白いところでもあるのですが、今のジャンプはギャグ漫画があきらかに不足しているので、ギャグ漫画勢復活の起爆剤的存在になってほしいですね。ってそれはちょっと期待を掛けすぎか。まずは突き抜け(1クールで打ち切り)にならないくらいのレベルでいいから面白くなりますように.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「大石浩二」関連記事】

  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.10.2)
  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.12.13)

  > 「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」 大石浩二
     > 週刊少年ジャンプ読切! (14.4.29)

  > 「いぬまるだしっ ~タイでもまるだしっ~」 大石浩二
     > 週刊少年ジャンプ読切! (13.8.2)

  > 「氷上布武」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.1.4)

  > 「信魂さんいらっしゃい」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.5)

  > 「いぬまるだしっ」 大石浩二 <JC1巻買い> (09.2.9)
  > 「いぬまるだしっ」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (08.8.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 『モンスターズ』 山口雅也 > 「このミス」完全読破 No.109 | トップページ | 『芝浜謎噺 神田紅梅亭寄席物帳』 愛川晶 > 「このミス」完全読破 No.110 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ