サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「作家!!ベスト5」 > 「このミス」完全読破・100冊突破記念企画 | トップページ | 『ステップ』 香納諒一 > 「このミス」完全読破 No.108 »

2008年8月17日 (日)

「If I'm not the one / SEXY SENORITA」 谷村奈南 (PV)

If I’m not the one/SEXY SENORITA(DVD付)If I’m not the one/SEXY SENORITA(DVD付)
渡辺なつみ shungo. 飯田哲也

エイベックス・マーケティング 2008-08-13
売り上げランキング : 80

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 前作「JUNGLE DANCE」のPVの感想記事を書いたところ(「JUNGLE DANCE / 谷村奈南 (PV)」)、予想以上に(アクセス数的に)好評だったので、続く新曲の感想も書いてみたいと思います。

 今回は、「If I'm not the one」と「SEXY SENORITA」のダブルA面なのですが、それぞれが1曲目に入っている2パターンのCDが発売されています。そしてそれぞれその1曲目のPVが収録されているDVDが付いているので、やはり2パターンとも欲しくなってしまいますね(ちなみに、DVDが付いていないCDもあります)。

 そんな2曲のPVですが、それぞれの歌のオープニングとエンディングが繋がっていて、ループを描いているような凝った作りとなっています。この頭とお尻だけでなく、途中の映像でもリンクしているところがいくつかあるので、これはもう“2曲で1つ”のPVでして、両作品を観ないことには始まらないわけなのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まずは「If I'm not the one」。

 とても綺麗なバラードで、まさに王道といった感じです。やはりこういった歌を聴くと、歌の上手さが改めて解かりますねェ。曲が海外直輸入といった感じのストレートさで、あまり日本的な感じはしないのですが、そういった歌を歌いこなすのはかなりの技量が必要ですからね。

 ただ、これはこれまでの作品の時も思ったのですが、もうちょっとメロディに日本的なもの、耳に残る中毒性のあるメロディだったり、コブシを回す的なものを、嫌味にならない位に入れた方が、曲のヒットに繋がるんじゃないかな~と思うのです。

 まあ単純にヒット狙いに走るのも、薄っぺらな感じがしてどうかとは思うのですが、歌よりもほとんど外見でのみ注目されているのが現状なので、このタイミングで歌自体もヒットさせて、“歌手・谷村奈南、ここにあり!!”って歌手としての存在感を世間に見せつけてほしいのですけどね。

 そしてPV映像の方ですが、やはりバラードということもあって、露出やエロス度は控え目ですね。その分歌を堪能できるのですが。

 ただ、サビの部分では、上の写真のように胸より上に何も付けていないアップの映像なのですが、ここで胸の谷間がギリギリにチラッとだけ覗いているところが、もう何とも言えずに良いですね。このさりげなさが、わかってらっしゃる!って感じで。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 続いては、「SEXY SENORITA」。

 この歌はもうタイトルを見てわかるように、前作「JUNGLE DANCE」をさらにパワーアップしたようなラテンダンス踊りまくりな歌です。

 もう“谷村奈南といえばこういう歌”といったイメージになりつつありそうですが、こういったあまり激しくなく少しゆったりとしたようなダンス曲はやはりこの人に合ってますからねェ。

 ただこちらの歌の方も、もう少し日本的なメロディを取り入れた方が良いんじゃないかな~と思うのですけど。全盛期の小室哲哉的なメロディをちょこっとでも入れれば、視覚だけでなく聴覚にも今以上にもっと刺激を与えることが出来るはず。

 そしてPV映像の方ですが、やはりこういったタイプの歌ですから、セクシーな衣装で踊りまくりで、エロ度は最高ですね。特に、前かがみになった後、背中を反らすようにして艶かしく顔から順に上げていく踊りでは、もう胸がこぼれ落ちてしまうんじゃないかと心配してしまうくらいにドキッとさせられてしまいました。

 それからなんといっても、金髪ショートカットのカツラをかぶった姿がもう最高過ぎです。セクシー度もエロ度も可愛さも数倍アップしています。

 もともと自分は髪が短めの人が好きなのですが、それとは別に“胸の大きな人はショートカットが似合う説”を常々唱えているのです。そしてこれはまさにこの説を実証してくれたようなもんですからね。普段からこれ位の長さにしてくれたらな~なんて切に願ったりなんかして。

 そしてなんといっても見逃せないのが、ラストの場面における、斜め後ろから撮った胸チラ・ショットでしょう。最初に観た時は“うぉぉ~ここまで撮っちゃっていいの!?”って驚いちゃいましたからね。そしてこの場面も、金髪ショートカット姿だったところがポイントです。なので余計に“うぉぉ~”となってしまいました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 「谷村奈南」 関連記事】

  > Crazy For You / 谷村奈南 (PV) (09.2.10)
  > 「If I'm not the one / SEXY SENORITA」 谷村奈南 (PV) (08.8.17)
  > JUNGLE DANCE / 谷村奈南 (PV) (08.4.30)

« 「作家!!ベスト5」 > 「このミス」完全読破・100冊突破記念企画 | トップページ | 『ステップ』 香納諒一 > 「このミス」完全読破 No.108 »

09.音楽・CD関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ