サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『秘密』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.10 | トップページ | 『もう誘拐なんてしない』 東川篤哉 > 「このミス」完全読破 No.90 »

2008年6月 3日 (火)

週刊少年ジャンプ新連載! 「どがしかでん!」 濱田浩輔

どがしかでん! 1 (ジャンプコミックス)どがしかでん! 1 (ジャンプコミックス)

集英社 2008-11-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今クールの新連載は2作のみなのですが、一方が2週連続巻頭カラーという類をみないド派手なスタートとなった「トリコ」 島袋光年なだけに、もう一方の新連載である「どがしかでん!」は、ちょっと地味でおざなりな当て馬的存在に思ってしまいますね。

 しかし、意外とそんな感じであまり期待されずに始まった作品の方が、結果的に長く連載されてしまったりするもんですからね。まあ今クールの2作に関しては、両作ともに長く続くような作品になってくれれば嬉しいのですが。


 それでこの「どがしかでん!」は、タイトルからしたらどんな漫画かさっぱりわかりませんが、バスケットボールを題材としたスポーツ物なのです。

 ジャンプでバスケというと、もう言うまでもなく「スラムダンク」という先駆者がいるわけで、どうしても比較対象とされてしまうのは仕方がないことなのですが、その先駆者があまりに偉大すぎる存在なために、かなりの重圧となってしまうのではないかという不安もあります。

 ただ第1話を読んでみた感じでは、絵柄も雰囲気も全く別物だし、同じバスケを題材としているけれど、それほど先達と比較されたり意識されたりっていう感じではなさそうですかね。まあそこらへんは、試合が始まってみてどうなるか、でしょうか。


 それにしても、「テニスの王子様」が終了した後のジャンプは、スポーツ物は「アイシールド21」しか残っておらず、まさに“スポーツ物・冬の時代”といった様相なだけに、この作品には期待が高まってしまいますね。

 それで<JC1巻買い> 「K.O.SEN」 村瀬克俊でも書きましたが、失敗に終わっているスポーツ物の特徴として、「主人公はそのスポーツをやる気がない初心者で、だけどそれをやらねばならない状況になって、それでもやってみたらかなり高い素質があって、実は主人公の親はかつてその競技の実力者で、主人公はその親や過去の出来事にトラウマを持っていて....」というパターンが多いように思うのです。

 ただこの「どがしかでん!」の場合は、いじめられっ子ではあるけれどトラウマ的な心の闇はないようだし、第1話の感じだと、ヒロインを中心にとにかく前向きな勢いがあって、「やりたいことをやってやる!」って情熱が伝わってくる内容だったので、その点は結構良い感じなんじゃないですかね。


 あと気になったのは、主人公(一見平凡なんだけど、実はかなりの潜在能力の持ち主)とヒロイン(大金持ちの美人お嬢様で、ちょっと自己中気味)の関係が、「タカヤ-閃武学園激闘伝-」に似ているところです。

 この「タカヤ」は、ラブコメなのかと思ったらいつのまにか格闘技物になって、それが一段落したと思ったら突然に異世界ファンタジー物に移行するなど、かなりの迷走っぷりを披露した作品だったので、「どがしかでん!」も二の舞になってしまわないかと心配ですね。本誌のアンケートでの、この作品に対する“今後どのような展開を望むか”の項目を見たら、余計に心配になってしまいます......。

 自分としては、どのような方向に行くんであっても、“バスケ漫画”という基本軸だけはしっかりと保っていてほしいですね。そして、ジャンプのスポーツ漫画の代表格にまで成長してくれたら最高なんですが。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「濱田浩輔」関連記事】

  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔 (12.2.25)
  > <JC1巻買い> 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔 (12.6.26)

  > <JC1巻買い> 「AKABOSHI -異聞水滸伝-」 天野洋一 (09.10.14)

  > 赤マルジャンプ2009SUMMER(「戦国主義 信長×コント」) (09.8.19)

  > <JC1巻買い> 「いぬまるだしっ」 大石浩二 (09.2.9)

  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「どがしかでん!」 濱田浩輔 (08.6.3)
  > <JC1巻買い> 「どがしかでん!」 濱田浩輔 (08.11.18)


 【「2008年の新連載」関連記事】

  > 「アスクレピオス」 内水融 (08.9.23)
  > 「チャゲチャ」 澤井啓夫 (08.9.13)

  > 「いぬまるだしっ」 大石浩二 (08.8.26)
  > 「バクマン。」 大場つぐみ 小畑健 (08.8.12)

  > 「どがしかでん!」 濱田浩輔 (08.6.3)
  > 「トリコ」 島袋光年 (08.5.20)

  > 「ダブルアーツ」 古味直志 (08.3.24)
  > 「バリハケン」 鈴木信也 (08.3.17)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 『秘密』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.10 | トップページ | 『もう誘拐なんてしない』 東川篤哉 > 「このミス」完全読破 No.90 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ