サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『この闇と光』 服部まゆみ > 「このミス」完全読破 No.88 | トップページ | 生誕29周年の「キン肉マン」が週刊少年ジャンプに復活! »

2008年6月15日 (日)

『ソロモンの犬』 道尾秀介 > 「このミス」完全読破 No.97

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.97

 『ソロモンの犬』 道尾秀介

   「このミス」2008年版 : 35位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 13位

   読始:2008.6.3 ~ 読終:2008.6.3

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2007年8月>

ソロモンの犬 (文春文庫)ソロモンの犬 (文春文庫)
道尾 秀介

文藝春秋 2010-03
売り上げランキング : 23732

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 道尾秀介作品は、最初に読んだNo.41「向日葵の咲かない夏」は凄い面白かったんだけど、続いて読んだNo.49「シャドウ」No.58「片眼の猿」は面白かったとはいえちょっと期待外れで、特に「片眼の猿」なんかは“「このミス」完全読破”の中で唯一の★1つ評価だったりするのです(これを書いている時点で)。

 とはいえ、★評価とその作家が好きかどうかというのは、そのままイコールになるほど単純なものでもないのですよね。この道尾秀介作品にしても、アッと驚く仕掛けが自分的に爆発するか不発弾に終わるか、という部分での楽しみもあって、当たり外れはあるけどトータルで見るとやっぱり好きな作家の一人なのです。

 なので、残念ながら「このミス」にランクインしませんでしたが、それとは関係なくこの「ソロモンの犬」を読んでみたわけです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そして内容の方は、大学生の男女4人組を中心とした青春ミステリで、ある事故をキッカケにしてそれまでの様々な関係が形を変えていき、そうした中で驚くべき真相へと近づいていくのですが、やはりラスト前には読み手をアッと驚かすような仕掛けが施されていました。

 それで今回は素直に驚くことができ、作品全体としても「向日葵の咲かない夏」とは違った種類での面白さを感じたのですが、それではちょっとイマイチに感じた「片眼の猿」と今作とでは何が違かったのか?ということを考えてみました。

 それはたぶん、この“仕掛けとその伏線”以外の部分でどれだけ楽しめたか、にあるんだと思うのです。「片眼の猿」の場合はその部分がそんなに惹かれるほどではなかったため、仕掛けの部分が強調されて目に映ったために、そこにあざとさを感じてしまったのではないかと。

 そして今回の「ソロモンの犬」の方は、仕掛け以外の部分がとても面白かったので、仕掛けをそんなに気にすることなく読み進めることができ、よって仕掛けに素直に驚くことができて、全体的にも面白く感じたのでしょう。

 というわけで、やっぱり「このミス」にランクインしたかどうかと、自分が好きな作品かどうかというのは、そのままイコールになるほど単純なものでもないってことですね。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★       鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度 : ★★★★     おどろおどろ度 : ★
   熱アクション度 : ★★★      主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★     人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★       読み終り爽快度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “道尾秀介” 関連記事 】

  > No.947 「サーモン・キャッチャー the Novel」
  > No.827 「透明カメレオン」
  > No.749 「貘の檻」

  > No.682 「鏡の花」
  > No.617 「笑うハーレキン」
  > No.583 「ノエル -a story of stories-」
  > No.546 「光」
  > No.498 「水の柩」

  > No.432 「カササギたちの四季」
  > No.396 「月と蟹」
  > No.340 「月の恋人~Moon Lovers~」
  > No.312 「蝦蟇倉市事件 1」
  > No.311 「光媒の花」

  > No.294 「球体の蛇」
  > No.233 「花と流れ星」
  > No.186 「龍神の雨」
  > No.169 「鬼の跫音」
  > No.121 「ラットマン」

  > No.117 「カラスの親指」
  > No.097 「ソロモンの犬」
  > No.058 「片眼の猿」
  > No.049 「シャドウ」
  > No.041 「向日葵の咲かない夏」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「ドリーミング・オブ・ホーム&マザー」 打海文三

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『この闇と光』 服部まゆみ > 「このミス」完全読破 No.88 | トップページ | 生誕29周年の「キン肉マン」が週刊少年ジャンプに復活! »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ