サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵』 歌野晶午 > 「このミス」完全読破 No.92 | トップページ | 『魍魎の匣』 京極夏彦 > 「このミス」完全読破 No.94 »

2008年6月 9日 (月)

『女王国の城』 有栖川有栖 > 「このミス」完全読破 No.93

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.93

 『女王国の城』 有栖川有栖

   「このミス」2008年版 : 3位

   受賞(候補) : 「本格ミステリ大賞」受賞

   総合ランキング : 「本格ミステリ・ベスト・オブ・ベスト10(1997-2016)」 9位
              「本格ミステリ・オールタイムベストアンケート」 78位

   年度ランキング : 「週刊文春ミステリーベスト10」 1位
               「本格ミステリ・ベスト10」 1位
               「黄金の本格ミステリー」 選出

   読始:2008.5.12 ~ 読終:2008.5.17

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2007年9月>

女王国の城 上 (創元推理文庫)女王国の城 上 (創元推理文庫)
有栖川 有栖

東京創元社 2011-01-26
売り上げランキング : 13177

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「探偵江神」シリーズ(または「学生アリス」シリーズ)もこれで第4作目、最新作を読むことになりました。

 そしてこの作品は、前作No.81「双頭の悪魔」から15年という長い年月を経て発表された待望の作品なのですが、自分としてはその前作「双頭の悪魔」を読んでから1ヶ月ほどしか経っていないので、この“15年ぶり”という重さを実感することは残念ながら出来ないのです。

 ただ、今作が発表されるまで15年もの間があったとはいえ、作中では前作から数ヶ月しか経っていないわけで、しかもその当時の世相を反映するような会話や逸話が出てきたりもするので(なにより携帯電話が使われていないってとこで時代が感じられます)、“15年ぶり”という重さは知らず知らずのうちに実感していたりするのですけどね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そしてこのシリーズは“正統派の本格ミステリ”として人気を博しているのですが、本格要素以外(ストーリーとかキャラクターとかアクションシーンとか)における面白さというのが、前作の「双頭の悪魔」以上でしたね。なので、実際に事件が起きて推理が始まるまでが結構長いのですが、そんなことは気にならないくらいに話の中にのめり込んでしまいました。

 それで今作もこのシリーズお馴染みの「読者への挑戦」が出てくるのですが、本格要素以外の部分も面白く読み進めていたために、あまり自分で推理していなかったので、そのトリックには単純に驚くことが出来ました。

 ただ今回はこの“本格ミステリ的謎やトリック”以外にも、作品全体にはっきりとした形ではないんだけどなんかモヤモヤした感じでの謎があるのですが、そっちの謎の方も最後にスッキリと解決されるのです。自分としては、こっちの謎が解明された時の方が驚いちゃいましたね。


 この「探偵江神」シリーズは、全5作で完結させる構想のようなので、次作がシリーズ最終作となる可能性が高そうです。そして今回で4作全て読み終えることが出来たので、記念すべき最終作はリアルタイムで読むことが出来そうです。

 だけど、今度は何年くらい間が開いてしまうのか心配ではありますねェ。さすがに十何年は長すぎるので、それでもあんまり早くても有り難味が薄れてしまいそうなので、ほどよい時期に発表されるといいですね。今から楽しみです。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★★   鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★★★       主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★         感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★       読み終り爽快度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “有栖川有栖” 関連記事 】

  > No.959 「狩人の悪夢」
  > No.853 「鍵の掛かった男」

  > No.727 「江神二郎の洞察」
  > No.677 「論理爆弾」
  > No.503 「真夜中の探偵」
  > No.422 「長い廊下がある家」
  > No.355 「闇の喇叭」

  > No.216 「赤い月、廃駅の上に」
  > No.093 「女王国の城」
  > No.081 「双頭の悪魔」
  > No.067 「孤島パズル」
  > No.061 「月光ゲーム」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「魍魎の匣」 京極夏彦

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵』 歌野晶午 > 「このミス」完全読破 No.92 | トップページ | 『魍魎の匣』 京極夏彦 > 「このミス」完全読破 No.94 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ