サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『流星の絆』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.85 | トップページ | <JC1巻買い> 「PSYREN-サイレン-」 岩代俊明 »

2008年5月 4日 (日)

『キッド・ピストルズの冒涜』 山口雅也 > 「このミス」完全読破 No.80

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.80

 『キッド・ピストルズの冒涜』 山口雅也

   「このミス」1993年版 : 8位

   受賞(候補) :

   総合ランキング : 「本格ミステリ・ベスト100」 24位

   年度ランキング :

   読始:2008.3.26 ~ 読終:2008.4.3

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本 <1997年2月>

キッド・ピストルズの冒涜―パンク=マザーグースの事件簿 (創元推理文庫)キッド・ピストルズの冒涜―パンク=マザーグースの事件簿 (創元推理文庫)
山口 雅也

東京創元社 1997-02
売り上げランキング : 184792

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 “「このミス」完全読破”を始めた当初は、「このミス」で上位に入った作品だけを読んでいこうと思っていたので、1994年版の2位に入ったシリーズ3作目となるNo.15「キッド・ピストルズの妄想」をいきなり読んだのですが、その後いつのまにやら順位は関係なく読むようになっていったので、“シリーズ1作目から順番に読んでいけばよかった......”とちょっぴり後悔してしまいました。

 しかし、この「キッド・ピストルズ」シリーズというのは少々変わっていまして、今回紹介する「~の冒涜」がシリーズ1作目なのですが、一応シリーズ2作目となっている「13人目の探偵士」(「このミス」1994年版 11位)が実はゲームブックとして、デビュー作とされているNo.51「生ける屍の死」よりも前に発表されているのです。

(詳しく説明すると、以前出ていたゲームブック版「13人目の名探偵」を全面改稿して新たに小説版「13人目の探偵士」として発売されたのですが、これが出たのが「~の冒涜」より後だったので、小説版「13人目の探偵士」はシリーズ2作目とされているのです)

 そして、シリーズ4作目の「キッド・ピストルズの慢心」にしてやっとキッドとピンクの最初の事件が語られたり、さらには、シリーズ3作目の「~の妄想」に出てくる話が終わった直後にあたる、時間的に繋がっている話がシリーズ1作目の「~の冒涜」に出てきたりと、もうシリーズの順番はあってないようなものなんですね。

 なので、この「キッド・ピストルズ」シリーズに限っては、どの作品から読んでも全然OKってことなのです。だから、「このミス」的には一番評価の高かったシリーズ3作目「~の妄想」から読み始めたのは、ある意味正解だったのかもしれません。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それでこの「キッド・ピストルズ」シリーズは結構クセがあるのですが、パラレル英国の世界観も、海外翻訳風な文調も、所々に挟まってくる薀蓄も、今回はすんなり受け入れることができました。それもやはり、このシリーズの「~の妄想」や、世界観の似た「生ける屍の死」にのめり込んだ経験があったからかもしれません。

 それにしても、巨漢の元女優が謎の死を遂げていたり、園長の死体の片隅にカバの死体が寄り添っていたり、伯爵夫人による「ウンコを、いったい、おいくらでお買いになったの?」というとんでもない台詞から始まったりと、ホントに一筋縄ではいかない奇妙な連作短編集であるのはあいかわらずです。

 まあ、パンク刑事コンビという主人公自体がとんでもないキャラクターなのですが、次々に出てくる登場人物がことごとく変人だらけで、そんな中で起きる事件がこんな奇妙なものばかりなので、この独特な世界はもう最高ですね。またしてものめり込んでしまいました。

 そして、どうやらこの「キッド・ピストルズ」シリーズも、この度久々に復活したようなので、単行本化が今から楽しみですねェ。でもその前に残りの2作を読んでおかねば.....。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★         おどろおどろ度 : ★
   熱アクション度 : ★★         主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★
   衝撃バカミス度 : ★★★★     読み終り爽快度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “山口雅也”関連記事 】

  > No.971 「落語魅捨理全集 坊主の愉しみ
  > No.777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」
  > No.604 「謎の謎その他の謎」
  > No.489 「狩場最悪の航海記」
  > No.128 「キッド・ピストルズの最低の帰還」

  > No.109 「モンスターズ」
  > No.080 「キッド・ピストルズの冒涜」
  > No.051 「生ける屍の死」
  > No.028 「ミステリーズ」
  > No.015 「キッド・ピストルズの妄想」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「双頭の悪魔」 有栖川有栖

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『流星の絆』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.85 | トップページ | <JC1巻買い> 「PSYREN-サイレン-」 岩代俊明 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ