サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『誰か』 宮部みゆき > 「このミス」完全読破 No.77 | トップページ | 『サクリファイス』 近藤史恵 > 「このミス」完全読破 No.79 »

2008年4月24日 (木)

『消失!』 中西智明 > 「このミス」完全読破 No.78

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.78

 『消失!』 中西智明

   「このミス」1991年版 : 20位

   受賞(候補) :

   総合ランキング : 「本格ミステリ・ベスト100」 76位

   年度ランキング :

   読始:2008.3.25 ~ 読終:2008.3.25

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本 <1993年7月>

消失! 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)消失! 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)
中西 智明

講談社 2007-10-05
売り上げランキング : 525853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この作品が「このミス」でランクインしたのはずいぶん前の1991年版で、その順位もギリギリの20位ということもあって、古臭くて地味なものをイメージしてしまうかもしれません。

 しかしそんな古さなど全く感じさせないし、とても軽快に読み進められるので、今読んでも全然遜色はないと思います。

 一応「消失!」というタイトルから推察できるように、中身はバリバリの本格ミステリなのですが、全然難しい感じはないし、ページ数もそれほどでもないので、本格ミステリが苦手だというような人でも気軽に読め、そして楽しめるに違いありません。

 それは、「消失」ではなくて「消失!」とビックリマークが付いていることからも、その気軽さが表れているように感じないこともないような。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それでこの作品はタイプ的には“世界観が一変するような驚きの真相”系です。なのでここにも詳しくは書かないのですが、なるべく事前に情報を入れずに読んだ方が面白い種類の作品ですね。

 しかもその“驚きの真相”というのが一つに留まらないので、これはもうサービス満点です。“たたみ掛けるような....”といった感じではないのですが、間を空けながら何回かガツンガツンと衝撃を受けるって感じでしょうか。

 ただ、この手のタイプでは代表的なNo.2「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶午No.16「ハサミ男」殊能将之なんかと比べると、バカミス度はかなり高いと思うので、そこら辺で好みが別れちゃうかもしれませんけどね。

 だけどまあとにかく気軽に読めて気軽に楽しめる作品なんで、ぜひ一度気軽に手にとってみてください。そして頭を空っぽにした状態で読んでみてください。ハマる人は完全にハマるはず。

 ちなみに、この作品は最近まで絶版になっていたようで、こんだけ“気軽に~”“気軽に~”と繰り返し書いていながら、とても気軽には読めない代物だったのです。だけど昨年末にノベルズとして復刻されたので、めでたく気軽に読むことが出来るようになったのでした....。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度 : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度 : ★★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度 : ★★         主キャラ魅力度 : ★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★★      感涙ウルウル度 : ★
   衝撃バカミス度 : ★★★★     読み終り爽快度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「サクリファイス」 近藤史恵

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『誰か』 宮部みゆき > 「このミス」完全読破 No.77 | トップページ | 『サクリファイス』 近藤史恵 > 「このミス」完全読破 No.79 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ