サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 〔洋楽2008〕 TURNING DRAGON / CLARK | トップページ | もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』 »

2008年2月10日 (日)

『隠蔽捜査』 今野敏 > 「このミス」完全読破 No.57

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.57

 『隠蔽捜査』 今野敏

   「このミス」2006年版 : 20位

   受賞(候補) : 「吉川英治文学新人賞」受賞
            (「日本推理作家協会賞」候補)

   総合ランキング : 「この警察小説がすごい! ALL THE BEST」 5位
              「SUGOI JAPAN Award 2015」 ノミネート

   年度ランキング :

   読始:2007.11.30 ~ 読終:2007.12.05

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2005年9月>

隠蔽捜査 (新潮文庫 こ 42-3)隠蔽捜査 (新潮文庫 こ 42-3)
今野 敏

新潮社 2008-01-29
売り上げランキング : 18658

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「このミス2008年版」が出る前に、どんな本がランキング上位に入りそうか調べていたら、この作品の続編No.72「果断 隠蔽捜査2」の評判が大変よろしかったので、まずは第1作となるこの作品から読んでみました。


 タイトルからわかるように、最近流行りの警察小説です。

 主人公は、いわゆるキャリアの中でもかなりのお偉いさん。そして、エリートである自分を誇り、自分たちキャリアが日本をコントロールしているんだと、自分たちは選ばれた人間で普通の国民ではないと、公言してはばからないような人なのです。

 こう書くと、「踊る大捜査線」なんかでいかにもな悪役として出てきそうな感じに思われますが、キャリアであることを鼻にかけて偉そうにしているわけではなくて、選ばれた人間だからこそ、それこそ命をかけて職務をまっとうしなければならない、という正義の信念を心に抱き、常にそれに従って行動する人なのです。

 それで読んでいて“誰かに似てるな~”と思っていたのですが、なんとなく漫画「天才柳沢教授の生活」の柳沢教授に似た感じなんですよね。まあ、柳沢教授が“自分が理解できないことに対して、積極的に理解しようと努める”のに対し、この主人公は“自分が理解できないことに対して、理解しようとするそぶりも見せない”という違いはありますが。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そして物語の中では、警察全体を揺るがすほどの事件が起きます。それと時を同じくして、主人公の身内にも人生を大きく狂わすような重大な出来事が起きます。

 そうなったらやっぱり“この先どんな展開になっていくのか?”って気になっていくわけですが、でもそれよりも、“この2つの大きな出来事を前にして、主人公が性格的にどのように変わっていくのか?”って方が気になるんですよね。それだけ、この主人公の強い信念が揺らいでしまうほどの、大きな事件だったわけです。

 それでどのように変わったかというと.......。まあこれはネタばれになってしまうので書きませんけど。


 それにしても、この作品自体もかなり面白かったのに、続編は今作の20位から一気に4位へと大幅にジャンプアップするほどの評価なんですよね。これはもう読むのがホントに楽しみなんですが、でも今作をラストまで読んでみれば、続編が面白くならないわけがない、ってことはわかっちゃうんですけどね。

 なので、とにかく「果断」を読むならば、まずは今作を先に読むべきです。そして今作を読めば、必ずや続編の「果断」を読まずにはいられなくなるでしょう。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


  【 “今野敏” 関連記事 】

  > No.1003 「棲月 隠蔽捜査7」
  > No.0914 「去就 隠蔽捜査6」
  > No.0796 「自覚 隠蔽捜査5.5」

  > No.0661 「宰領 隠蔽捜査5」
  > No.0626 「欠落」
  > No.0587 「確証」
  > No.0486 「転迷 隠蔽捜査4」
  > No.0346 「初陣 隠蔽捜査3.5」

  > No.0302 「天網 TOKAGE2 特殊遊撃捜査隊」
  > No.0232 「同期」
  > No.0188 「疑心 隠蔽捜査3」
  > No.0072 「果断 隠蔽捜査2」
  > No.0057 「隠蔽捜査」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「片眼の猿」 道尾秀介

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 〔洋楽2008〕 TURNING DRAGON / CLARK | トップページ | もっとすごい!!『このミステリーがすごい!』 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ