サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 〔洋楽2006〕 I DON'T FEEL LIKE DANCIN'(ときめきダンシン) / SCISSOR SISTERS | トップページ | 〔洋楽2008〕 Wax Simulacra / THE MARS VOLTA »

2008年1月30日 (水)

『鏡の中は日曜日』 殊能将之 > 「このミス」完全読破 No54

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.54

 『鏡の中は日曜日』 殊能将之

   「このミス」2003年版 : 15位

   受賞(候補) : (「本格ミステリ大賞」候補)

   総合ランキング : 「本格ミステリ・オールタイムベストアンケート」 54位

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 4位

   読始:2007.11.20 ~ 読終:2007.11.24

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : ノベルス <2001年12月>

鏡の中は日曜日 (講談社文庫)鏡の中は日曜日 (講談社文庫)
殊能 将之

講談社 2005-06
売り上げランキング : 78561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この作者の作品はNo.16「ハサミ男」に次いで2作目となるので、この「ハサミ男」同様の驚きを期待して読んでみました。

 まず第一章では、明らかに大人であろう人物が子供のような行動をする話が、その人物目線で書かれているので、最初からとても奇妙な感じがあるのですが、その話の所々に、まるで小説のような文章が割り込まれているのです。

 この人物の話だけでもなんだかよくわからないのに、それとは関係ない文章が紛れ込んでいるため、一体これはどんな話なんだ、と不安な気持ちになってしまいます。

 続く第二章では普通の小説になるのですが、現実の話と小説の中の話が交互に出てくるのです。その二つの話は関連性が大きいのですが、互いが互いを補完していく感じがなかなか面白いですね。そして両話共にだんだんと核心に近づいていくのがわかるので、2倍に得した気になってしまいます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そして最後となる第三章では、待ってました!!の驚くべき事実判明が出てきます。こういった“これまでの世界観がガラリと変わる驚き”は久々だったので、なかなか気持ちが良かったですねェ。

 それに、驚きの事実が判明してから、その説明があって全貌が掴めるようになるまでの間の、あの頭にいくつもの“?”がうごめいている感じというのは、ホントに何度体験しても素晴らしいもんです。それにその後のスッキリ感というのも、この手の小説を読まないと味わえないですからね。

 「ハサミ男」に比べると“単純明快な驚き”という点で劣るかもしれませんが、この作品もやっぱり、楽しい驚きで楽しませてもらいました。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


  【 “殊能将之”関連記事 】

  > No.951 「キマイラの新しい城」
  > No.883 「殊能将之 未発表短篇集」
  > No.149 「黒い仏」
  > No.054 「鏡の中は日曜日」
  > No.016 「ハサミ男」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「首無の如き祟るもの」 三津田信三

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 〔洋楽2006〕 I DON'T FEEL LIKE DANCIN'(ときめきダンシン) / SCISSOR SISTERS | トップページ | 〔洋楽2008〕 Wax Simulacra / THE MARS VOLTA »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ