サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『怪盗グリフィン、絶体絶命』 法月綸太郎 > 「このミス」完全読破 No.42 | トップページ | 「ジャンプスクエア」創刊第2号 »

2007年12月 8日 (土)

〔MDB的ミュージックアウォード2007〕 20位⇒16位

   *対象 : 2007年1月~11月に発売された曲

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 20位 : 熱帯夜 / RIP SLYME 】


熱帯夜熱帯夜
RIP SLYME Luis Gonzaga RYO-Z

WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 2007-07-25
オリコン年間ランキング : 116位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 リップスライムは独自の路線を突き進んでいる感じですが、この歌なんかも聴いた瞬間に“リップスライムだ!”と間違いなくわかりますからね。

 “自らがジャンル”を体現する貴重なグループだと思っているので、今後も革新的でありながらも“リップスライムらしい”音楽を期待したいです。

 ちなみに、この歌の他に「スピードキング」も昔のゲームのピコピコ音でなかなか良かったのですが、PVにおけるエロさ具合も評価して「熱帯夜」の方がランクインしました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 19位 : CHU-LIP / 大塚 愛 】


CHU-LIPCHU-LIP
大塚愛 愛 Ikoman

エイベックス・トラックス 2007-02-21
オリコン年間ランキング : 66位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 最近のヒットチャート常連アーティストといったら、真面目でちゃんとした歌がほとんどなわけですが、やっぱりこの歌みたいに、子供に受けそうな遊び心があって気楽に聴けるポップソングも必要だと思うのです。

 大塚愛は、真面目なバラードも歌いつつも、たまにこういったちょっとバカバカしい感じの歌も歌ったりするのがいいですよね。

 なので、上に書いたリップスライム同様に、最近のチャート常連の中ではかなり貴重な存在だと思うのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 18位 : CHE.R.RY / YUI 】


CHE.R.RYCHE.R.RY
YUI northa+

ソニーミュージックエンタテインメント 2007-03-14
オリコン年間ランキング : 36位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 YUIといえば、歌い上げるバラードやちょっと激しめのロックのイメージですが、やっぱりこういったポップソングの方が、今の等身大の自分を素直に表現できているようで、聴いていて一番いい感じです。

 でもって曲もかなり良いし、詞もこれまた同年代の女の子に共感されそうな可愛い感じのラブソングに仕上がってますからね。

 自分は男で若くもないので、さすがにそこんとこは共感したりはしないですが、それでも“良質のポップソングだな~”と、こっちまで素直な気持ちになって聴くことができるのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 17位 : Happiness / 嵐 】


HappinessHappiness
嵐 北川吟 NAOKI-T

ジェイ・ストーム 2007-09-05
オリコン年間ランキング : 15位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今年のジャニーズ系のシングルは、結構良い歌揃いだったと思うのですが、その中でも最終的に唯一「MDB的ミュージックアウォード」にランクインしたのが、嵐のこの歌です。

 今年の嵐といえば、ドラマ「花より男子2」の主題歌となった「Love so sweet」の方が大ヒットしたし有名だと思うのですが、自分的には断然こっちの方ですね。

 嵐は、ジャニーズグループの中では一番穏やかでホンワカとした雰囲気がして、メンバー仲がすごく良いように見えるのですが、この歌はそういった嵐の良いところを余す所なく引き出していると思うのです。PV観てもそんな感じだし。そこに前向きな歌詞が乗っているのですから、やっぱり名曲ですよねェ。

 ちなみに、今年になってやっと嵐のメンバー5人の顔とキャラクターをはっきりと憶えました。でも名前まではまだちょっと不安.......。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 16位 : Discommunication / 9mm Parabellum Bullet 】


Discommunication e.p.Discommunication e.p.
9mm Parabellum Bullet

EMIミュージック・ジャパン 2007-10-10
オリコン年間ランキング : 318位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この歌を初めてPVで観た時には、その激しすぎるカッコ良さにシビレましたね。かつてthee michelle gun elephantを初めて聴いた時の衝撃に近いような。まあそこまではいかなかったけど。

 激しい中にもメロディーが流れるようなんで、聴いているとついつい歌の世界に吸い込まれていくような気分になってしまいます。サビ後のギターのギューン!ギューン!も格好良すぎですし。

 まあ、ボーカルの声がもうちょっと荒々しければもっと自分好みのバンドになったのにな~とも思うのですが、これがメジャーデビューCDなわけですし、これからどんな感じに成長していくのか今から楽しみですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「MDB的ミュージックアウォード2007」 15位>11位

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「MDB的ミュージックアウォード」関連記事】

  > MDB的ミュージックアウォード2011 (11.12.24)
  > MDB的ミュージックアウォード2010 (10.12.8)
  > MDB的ミュージックアウォード2009 (09.12.10)

  > MDB的ミュージックアウォード2008 (08.11.29)
  > MDB的ミュージックアウォード2007 (07.12.8)
  > MDB的ミュージックアウォード2006 (07.12.2)

« 『怪盗グリフィン、絶体絶命』 法月綸太郎 > 「このミス」完全読破 No.42 | トップページ | 「ジャンプスクエア」創刊第2号 »

09.音楽・CD関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ