サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« (詩)「忘れられないもの」 | トップページ | 「STEEL BALL RUN (スティール・ボール・ラン)」(14) 荒木飛呂彦 »

2007年12月17日 (月)

〔MDB的ミュージックアウォード2007 〕 10位⇒7位

   *対象 : 2007年1月~11月に発売された曲

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 10位 : Kiss & Cry / 宇多田 ヒカル 】


Beautiful World / Kiss & CryBeautiful World / Kiss & Cry
宇多田ヒカル Utada Hikaru Bart Howard

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2007-08-29
オリコン年間ランキング : 20位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この歌は両A面の2曲目です。ちなみに1曲目は、映画・エヴァンゲリオンの主題歌「Beautiful World」。

 最初にちゃんと聴いたのは、カップヌードルのCMでもお馴染みのアニメキャラたちが宇多田ヒカルの歌に合わせて口パクしてるPVだったのですが、その時は“すっごい地味な歌だな~”と思ったものです。

 だけど、アニメーションが結構面白かったので何度も聴いていたら、段々とこの歌の良さがわかってきたんですよね。

 なんか良い意味で力を抜いて気楽に作った感じですね。メロディーや音もそうだし、歌詞も遊び心に溢れてて。結構聴いてると癖になってしまいます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 9位 : Baby Don't Cry / 安室 奈美恵


Baby Don't CryBaby Don't Cry
安室奈美恵 Nao’ymt

エイベックス・マーケティング 2007-01-24
オリコン年間ランキング : 48位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 小室ファミリー時代とは打って変わって最近ではR&Bを歌っているこの人にとっては、ちょっと珍しいタイプの歌なんじゃないですかね。純度の高いポップスで。

 この歌はやっぱり歌詞がいいですね。応援ソングなんですが、押しつけがましいものではなくて、さわやかな中で軽く背中を押してくれるような感じで。女性目線で書かれてはいますが、男が聴いてももちろん勇気付けられますからね。

 そしてそこに良質なメロディーが乗ることによって、この詞が心に強く深く染み入ってくるのです。

 今年一番の応援ソングはこの歌で決まりですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 8位 : ポリリズム / Perfume 】


ポリリズムポリリズム
Perfume 中田ヤスタカ

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2007-09-12
オリコン年間ランキング : 190位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この歌のような打ち込みポップスって、数年前にはよく耳にしていたのですが、最近ではあんまり聞かなくなりましたね。

 その当時もそういった曲(チャッピーとか)を結構好きで聴いていたこともあって、この歌を聴いたら懐かしいやら新鮮やらで、すぐに気に入ってしまいました。

 全体的に機械的であるにも関わらず、その中に温かみのようなものも感じられて、それでいてアレンジは攻撃的で.......。って、一筋縄ではいかないようではあっても、それらが全部調和されると、とてもシンプルなほどに良い歌になりますからね。

 それでこの歌を気に入ってから調べてみたら、この人達ってアイドルグループだったんですねェ。“今のアイドルってこんな高レベルな歌を唄うの?”って驚きましたが、アイドルといっても普通とはちょっと変わった“異端”なアイドルなようなので、大変納得しました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 7位 : 休憩時間10分 / 宇浦冴香 】


休憩時間10分休憩時間10分
宇浦冴香 Saeka Uura Takeshi Hayama

GIZA(J)(M) 2007-08-08
オリコン年間ランキング : -位

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 稲葉さんプロデュースでは3作目となるシングルです。

 現役女子高生である彼女が、レコーディングの合間に稲葉さんに学校での出来事を面白おかしく話していたら、“そういう話を歌詞にしてみたら?”とアドバイスされて、それで書き上げた詞に稲葉さんが曲をつけて出来たのがこの歌、とのことです。

 そういう経緯もあってか、これまでのシングルと比べても一番彼女らしさが出ていますよね。“この歌をしっかり自分のものにしている”って感じで。

 それに、“先生!”っていうフレーズからして、宇浦冴香版「恋心(KOI-GOKORO)」のようです。ただこの歌の場合は、“恋の前に、まだまだやりたいことがいっぱい!”って感じなんで、そこがまた可愛いところです。

 あと、サビのところのアレンジが異常に好きですね。ツボを突かれてしまいました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「MDB的ミュージックアウォード2007」 6位>4位

 「MDB的ミュージックアウォード2007」 15位>11位 <<< PREV

« (詩)「忘れられないもの」 | トップページ | 「STEEL BALL RUN (スティール・ボール・ラン)」(14) 荒木飛呂彦 »

09.音楽・CD関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ