サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『夏期限定トロピカルパフェ事件』 米澤穂信 > 「このミス」完全読破 No.40 | トップページ | 『向日葵の咲かない夏』 道尾秀介 > 「このミス」完全読破 No.41 »

2007年11月26日 (月)

「ジョジョの奇妙な冒険 “The Book”」 乙一

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another dayThe Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day
乙一 荒木 飛呂彦

集英社 2007-11-26
売り上げランキング : 1881

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 長年待ち続けた“乙一による小説版「ジョジョの奇妙な冒険」”がとうとう発売になりました!!

 まあ前にも書いたように(「何年も待ち望んでいた乙一版「ジョジョ」がいよいよ発売!」)、一時は発売されるのを諦めていたくらいなので、実際にこうして手にとってみると感慨深いものがありますね。

 ただ、すぐには読めないだろうから、読める時になってから買ってもよかったんですけどね。でもやっぱりこんだけ待ち焦がれてきたので、発売日に買わずにはいられませんでした(まあ数日前から売ってたとこもあったようですが)。


 まず装丁が凄いですね。重圧感があって、洋書のような感じなのですが、帯に仗助の絵が書いてなかったらこれがジョジョの本だとは絶対にわからないですから。でも一方でそこがジョジョっぽくもあるんですけど。まあ漫画原作小説とは思えないような装丁は、デスノートの小説版なんかを見て予想はしてましたからね。

 そしてビニールに包まれて売られていたのですが、すぐに読み始めるわけではないこともあってか、このビニールを破りにくい......。中も見てみたいんだけど、しばらくはこのまま破かずにいそう......。


 それにしても、この本を読み始めたとして、“20年近く読み続けているジョジョの小説版”として読むのか、“最近好きになった乙一の小説”として読むのか、一体どっちになるんでしょうね。両方を兼ねるとは思うのですが、でも読み進めるにつれてどちらかに軸がぶれるとも思うんですよね。これがどうなるのか、読む時の楽しみにしたいです。


 あと、読み終えたとして、この感想をどこに書くのか?という問題もありますね。一応「このミス」常連の“乙一”ってことなんで「このミス」完全読破かなとも思ったけど、でもやっぱり漫画が元の小説だし、「このミス」の対象になるのかな?と。

 でもまあ、ミステリ的要素が多そうとはいえ「デスノート」も20位以内には入らないながらも票が入ってたし、これまでも1票も入っていない作品を「このミス」完全読破で取り上げたこともあったし、それになにより“乙一”ってことなので、「このミス」完全読破に感想を書いてみたいと思います。

 まあ読むのすらまだ後なんで、ここに感想載せるのはずいぶん先になりそうですねェ......。


 *でもって、読後の感想はこちら(『The Book-jojo's bizarre adventure 4th another day-』 乙一 > 「このミス」完全読破 No.56)をご覧ください

« 『夏期限定トロピカルパフェ事件』 米澤穂信 > 「このミス」完全読破 No.40 | トップページ | 『向日葵の咲かない夏』 道尾秀介 > 「このミス」完全読破 No.41 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ