サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

MDB的短期連載小説「青い帽子」(三)

MDB的短期連載小説 「青い帽子」 (三) 】


 「青い帽子」(二)からの続き.....


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 「人間というものは、何かを求めずには生きていけないと思うんじゃ。何かを求めなくてはのう。ある人は、名誉かもしれない。ある人は、お金かもしれない。またある人は、愛情かもしれない。それは、まあ人によって、求めるものは違うじゃろう。人それぞれ顔が違うように。生命線の長さが違うように。

 まあ、求めるものが全く一緒ではなくとも、何かを求めるという行為自体は、全ての人が必ずやっているものなのじゃ。それは人生そのものなのじゃ。人生を掛けて、何かを求めるものなのじゃ。何かを求め続ける限り、人生は終わりのない旅となるのじゃ。わしの場合は、青い帽子が、人生を掛けて探し求めるものなんじゃ」


 老人の話をぼんやりと聞きながら、幻想のまんじゅうを胃の中に流し込むと、そこからイライラが発生してきた。


 一体この老人は何が言いたいんだ?人生がなんだって?求めるものがなんだって?なんで朝っぱらからこんなわけのわからない話を聞かなければならないんだろう。イライラが、見る見るうちに、胃の中から繁殖し始めた。これは、バスがもうすでに来てしかるべき時間なのに、一向に来る気配がないことも影響しているのかもしれない。でも、この時間帯にバスが遅れるのはいつものことであり、もうそのことには慣れてしまっているので、いつもはそのことに関してはそれほどイライラしないのに、この老人のへんてこりんな話を聞いているせいで、今日はいつもと違いイライラしているのかもしれない。


 一体バスのせいなのか、老人の話のせいなのか。どっちが原因なんだろうか。両方ともそうなのかもしれない。両原因が相乗効果を生み出して、いつもは現れない、イライラという感情を繁殖させたのだ。老人の話を聞いている結果、バスが来るのが遅いことにイラついているのであり、バスが来るのが遅い結果、老人の話にイラついているのだ。でも、僕としては、老人の話を聞いている結果、バスが来ないことにイラついている方が割合が大きいような気がする。それは、バスが遅れる確率よりも、この老人の話を聞く確率の方が低いからだ。


 この時間帯のバスが遅れるのは、今までの経験からいってだいたい九十五パーセントくらいだろう。それぐらい、時間通りに来ることなど滅多にないのだ。たまに、本当にたまにだけ時間通りに来るのだが、それは、僕が『どうせいつも遅く来るんだから、ちょっとくらい遅れて行っても大丈夫だろう』と高を括っていた時に限って起きるのだ。


 それに比べて、この老人の話を聞くことは、このバスを待つ列にちょっとでもずれて並んでいれば避けられたのだから、まあ、多くても一パーセントほどか。乗った電車の車両の違いや、バス停まで歩く速度の違いなどの、ちょっとした違いがあればよかったのだ。そんなちょっとした違いがあれば、老人の隣でバスを待つことはなかったのだ。


 こんな確率の少ないことに当たるのならば、良い事で当たれば良かったのに、という悔しいような悲しいような思いが、まだイライラの繁殖する速度を速めている。本当に運が悪かった。やっかいなことに巻き込まれてしまったな、と思ったが、まあこうなったら仕方がない。ここでこの老人の話を聞くことを止めてしまえば、老人の今後の人生において、人間不信や対若者拒絶症などの症状が表れないとも限らないので、もう少しだけ付き合ってあげることにした。


 「青い帽子を求めることに何の意味があるんじゃろうか。もしかしたら意味など無いのかもしれん。無いかもしれんけど、無いと言ってしまえばそれで全てがお仕舞いじゃ。何もせぬうちから諦めてしまうのは我慢ならん。たとえ青い帽子そのものに大した意味など無いのであっても、その意味を探る過程に、自分にとってかけがえのないものが見つかるかもしれんしのう。

 この世界の在りとあらゆるものの中で、意味の全くないものなど存在するはずがないとわしは思うんじゃ。何かしら意味はあるはずじゃ。その意味を見つけることによって、わしがこの世に生きてきた証、生まれてきた意味がわかると思うんじゃ。

 この七十五年、わしはいろんなことを体験してきた。楽しいこともあったし、辛いこともあった。戦争も体験したし、淡い恋も幾度か経験してきた。じゃが、死んでしまえば、そういったわしが今まで体験してきたことは全て消えていってしまう。死んでしまえば、わしの存在など無くなってしまうのじゃ。残された家族には、記憶としてわしのことが残されるじゃろう。じゃが、記憶というものはすごく曖昧なものじゃから、もはやそれはわしであってわしでない存在なのじゃ。わしによく似た別人なのじゃな。

 そんなたかだか百年にも満たない間、命を伴って生きてきたちっぽけな存在のわしが、この世に生まれてきた価値は、生まれてきた意味はあるのじゃろうか。ひとりの人間としての立派な使命を果たすことが出来たのじゃろうか。それがとても不安なのじゃ。

 全てのものに意味があるのじゃから、きっとわしにも、こんなわしみたいな存在にも、意味はあったはずじゃ。その意味が何なのか、この目で確かなものを見てみたい。そうでないと死んでも死にきれん。そこで、その確かな意味というものを、青い帽子を探ることによって見つけようとしているんじゃ」


 自分の生きてきた意味を見つけるというのはわかる。でもなぜ青い帽子なんだろう。青い帽子でないといけないのだろうか。青い帽子に何のこだわりがあるんだろう。この世に存在する全てのものに意味があるのなら、別に青い帽子でなくてもいいのに。他のものからその意味を探した方が見つけやすいだろうに。それとも、何でもいいから意味を求めているというのではなくて、青い帽子に付属する意味を探ることに何か重要な意味があるのだろうか。イライラをなるべく表に出さないように気を付けながら、そのことを聞いてみた。


 「でもなぜ青い帽子なんですか」


 「いやいや、特に深い意味はないんじゃ。何かキッカケがあったと思うんじゃが、もうずいぶん前のことじゃから、忘れてしもうたのう。もう日常的な習慣になってしまっとるからのう。いつのまにやら忘れてしもうた。まあ大したキッカケではなかったと思うんじゃが」


 と言って老人は、未だまんじゅう屋を眺めながら、白髪の中にちょこっとだけ黒髪を見ることができる頭をポリポリとかいた。


 「でも、青い帽子じゃないといけないんですね」


 「うむ、そうじゃな」


 「なぜそんなに青い帽子にこだわるんですか。別に他のものでも構わないじゃないですか。例えば、緑色の靴下とか、黄色の目薬とか、虹色の筆箱とか。大したキッカケじゃないのなら、青い帽子にこだわる必要はないんじゃないですか。青い帽子の意味するものが、あなたにとって何の価値もないものならば、取り返しのつかないことになってしまいますよ。

 それに、青い帽子なんて、そのもの自体が大雑把すぎて、意味を探り出すのにかなりの労力が必要ですし。無駄な情報もたくさん出回っているだろうし。それよりも、もっとこう、あなたの身近にあるもので、具体的な何か、例えばブランド名とか、その物の材質とか、そういう細かいところまでわかっているようなものについて、しかも図書館とかそういうちゃんとした場所で調べた方が、確実にあなたが求めている意味を探し出すことができると思うんですけど」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「青い帽子」(四)へ続く.....

2006年10月24日 (火)

MDB的短期連載小説「青い帽子」(二)

MDB的短期連載小説 「青い帽子」 (二) 】


 「青い帽子」(一)からの続き.....

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 「青い帽子について何か知っていることがあれば、教えてほしいのじゃが.....」


 今度はいくらか老人の言葉が頭に入ってきた。先ほどは、突然のことに、耳も言葉を取り入れる準備が出来ていなかったのか、頭まで回す仕事をし損なったのだろう。しかし今回は確実に、耳の、耳としての、耳のすべき仕事を果たしたようだ。それでこそ僕の耳だ。そこで老人の言葉について考えてみた。


 青い・・・・帽子?

 青い帽子。

 青い帽子!!!


 ここで最初に老人に話し掛けられた時と同じ状態になった。再び頭が回らなくなった。思考の不回転。しかし本当に回転していないのだろうか。たぶん回転はしていると思う。ただその回転は普通の回転とは違うのだろう。いつもより回転が速いのだろうか、遅いのだろうか。


 または、回転し始めてしばらくすると止まってしまうのかもしれない。そして止まったらまた回転し始める。そしてその回転が頂点に達する直前で、再び止まってしまう。永遠の繰り返し。まるで壊れたCDデッキのように。


 または、回転していることはしている。しかし、検索すべきキーワード(今回の場合は「青い帽子」)を<大脳>の中からリサーチできないのかもしれない。『ただ今検索中です』という表示が出たきり、いつまでも待たされるのだ。『お探しのキーワードは見つかりませんでした』と出れば諦められるのだが、僕の大脳の容量は無限だ。『ただ今検索中です』という表示は消えないだろう。消えなくても何かを口に出さなければ。とにかく何かを。


 「青い帽子ですか」


 「そう、青い帽子。青い帽子について知っていることを教えてほしいのじゃが」


 これで同じことを三回も言わせてしまった。二回目まではまだ許せる。しかし、三回も同じことを言わせてしまっては、誰でも怒ってしまうだろう。たとえ相手の説明が悪くても、発音が悪かったり、声が小さかったりしてよく聞き取れなかったとしても、つまり話し手に非があったとしても、「三回も同じことを言わせやがって!冗談じゃない!」となるはずだ。


 しかしこの老人は、別に怒ったようには見えず、むしろ薄っすらと微笑みを浮かべているように見えた。丸眼鏡の奥にも笑みのようなものがキラリと光るのが感じられた。


 ただ、その微笑みは、心底からにじみ出ているというようなものではなかった。まるで、コンクリートで顔の表面を幾重にも塗られ、その上を誰かが塗り立てだとは知らずに誤って歩いてしまい、足跡が付いたままの状態で固まってしまったかのように、シワだらけの微笑みに少しの変化も見せなかった。この顔は、老人にとっては微笑みではなく、何十年も積み重ねてきた平常の顔で、いつでも、どこでも、誰にでも、どんな時でも、たとえアメリカワールドカップのアジア最終予選で起きたドーハの悲劇を生で観戦していたとしても、その微笑みは変わることはないのだろう。


 そのため、あまり良い印象は持てなかった。作り笑顔のように見え、心の中では何を考えているのかわかったもんじゃなかったが、まあ怒っている顔をしているよりはましだな、と思うことにした。


 「別に教えるような大したことは知らないですけど」


 「いやいや、そんなたいそうなことじゃなくてもよろしいんじゃ。ほんに些細なことで....、例えば、小さい頃にこんな青い帽子をかぶっていたとか、最近街でこんな青い帽子を見かけたとか、どんなことでもいいんじゃ」


 しかしまだ『ただ今検索中です』という表示は消えていない。


 「昔、青い帽子をかぶったことがあるかもしれません。街で青い帽子を見たかもしれません。友達の中で青い帽子を持っている人がいるかもしれない。でも、今はどうしても思い出せません。すみませんが、ちょっとお役にはたてそうもないですね」


 がっかりさせてしまったかな、と顔色を伺ってみると、あの薄っすらとした微笑みはまだ固まったままだった。顔の四分の一ほどにかかっている太陽の光が少し眩しそうにも見えた。その部分だけ、コンクリートが剥がれてきているようにも見えた。


 「いやいや、急に見ず知らずの人にこんな突拍子もないことを聞いたんじゃ。すみませんはこっちが言う台詞じゃ。突然聞かれても、すぐに答えられるようなことじゃないわなぁ。いやぁ、すまん、すまん。年を取るとせっかちになっていかん。直そう直そうと思っとるんじゃが、どうしても物事をせっかちになって進めてしまうんじゃ。どうにかならんもんかなぁ。

 今回のことだって、前置きをしてから聞くべきじゃったのに。そうすれば、相手を驚かしてしまうことはないのじゃから。しかし、前置きを付けようにも、付けようがないからのう。天気の話や政治の話や『バスがなかなか来ませんねェ』というような話からしても、青い帽子とは何の脈絡もないから、やっぱり相手を驚かせてしまう。どうせ驚かせてしまうんなら、前置きなど付けん方が楽じゃわい。今回はこれで良かったのかもしれんのう」


 老人は独り言のように話し続けた。目線も、僕の目から、このバス停の真正面にある、営業前のまんじゅう屋の方へといつの間にか移っていた。老人の話の途中で相づちを入れようかとも思ったが、老人の頭の中には僕はもう存在していないようなので、僕も視線をまんじゅう屋の方へ移して黙っていた。


 開店までまだ時間があるようだが、店内では、白い割烹着を着たオバさんが三,四人、忙しそうに働いているのが見えた。こんな朝早くから仕事をしているなんて感心してしまう。それだけまんじゅうに対する熱意があるのだろう。まんじゅうに対する熱意。いつも何気なく口にしているまんじゅうにも、やはり作っている人のまんじゅうに対する熱意が、ベテラン指揮者のごとく、餡の香ばしさと皮のふくよかさが奏でるハーモニーを上手に引き出し、これぞ正真正銘の、まんじゅうの中のまんじゅうだと言わしめるレベルにまで持っていくのに、一役買っていたのだ。そして、熱意のこもったまんじゅうを、今すぐ喉の奥へと突っ込みたい気分になった。喉のずっと奥の方へと....。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「青い帽子」(三)へ続く.....

2006年10月22日 (日)

MDB的短期連載小説「青い帽子」(一)

【 MDB的短期連載小説 「青い帽子」 (一) 】


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 突然、老人に声を掛けられた。あまりに突然のことに、一体何が起こったのか理解できなかった。顔を見ても、今までに見たことのない顔だ。それもそのはず、僕には老人の知り合いなどいない。老人との会話も、ここ何年としていない。とにかく老人というものとは縁がないのだ。それなので、声を掛けられても、自分とは全く関係のない世界で起きている出来事のようで、つい呆然としてしまった。


 駅前に広がる喧騒としたバスターミナル。その中央左端に位置するこのバス停に並んでいるのは僕以外にも大勢いたので、別の人に話し掛けているのかとも思った。しかし、老人の目は真っ直ぐ僕の目に注がれている。丸眼鏡の奥にある目はとても細く、開いているのかどうかさえ疑わしかったが、それでも眼力のようなものが感じられたので、僕の目を見ているのだろうということは何となくわかった。その何となくさがまた僕を混乱させた。


 それ以上に混乱を招いたのは、老人の声だ。本当に老人が話しているのだろうかと疑うくらいに、高く、か細い声でささやいたのだ。まるで若い女の人の声のように。それでも不思議と聞き取れないわけではなかった。周囲の人々のざわめきや、目の前を行き交うバスのエンジンの音、一日の始まりを不安と期待を交えて呼び掛ける鳥たちのさえずり。それらが奏でる騒音の中にあって、老人の声はとても小さいのだが、まるで老人の声だけ他の物音よりも優性遺伝子を多く持っているかのように、やけにはっきり頭の中に入ってきた。突然のことに、言葉の一つ一つを理解することはできなかったので、何を言っていたのかはわからなかったのだが、声の響きだけが脳の奥の方までコダマするのだ。


 しかし、周りの人たちにはこの老人の声が聞こえてはいないようだ。僕以外の耳に届く前に、その声の高さゆえに、空気中を徐々に徐々に昇り上がり、空の彼方へ飛んでいってしまうのだ。距離的に僕の耳は届く位置にある。僕の耳にも届いていなければ良かったのに、と思っても仕方がない。間違えて届けられた宅急便のように、送り返すことなどできないのだから。老人の口から発送された宅急便を、サインなしで受け取らなければならない。いや、サインはしなくては。ただ黙ったままでいては、老人は不快な気分になるだろう。そして、


 「まったく、最近の若者ときたら。皆さん聞いとくれ。ほれ、梅ばあさんも、いつまでもそんな植木鉢など見とらんで、こっちに来なさい。それには何も生えとらんだろうが。まあいい。とにかく聞いとくれ。最近の若者ときたら、全く礼儀がなってないのじゃ。ほんにそうなんじゃ。一体どういう教育を受けてきたんじゃろう。わしにはわからん。わしにはわからんのじゃ、あやつらの考えなど。わかりたくもない。一体何様じゃと思っとるんじゃ。大勢で街中をダラダラと歩きおって。それに、だらしないオベベを着て、わけのわからん言葉をしゃべっとるし。なあ、雁じいさん。あんたもそう思うじゃろ。

 うん、うん。やはり世も末じゃのう。こんな世の中でいいのじゃろうか。いや、いかん。いかんいかん、いかんのじゃ。わしらの若い頃などは、目上の人と話をする時には、『はい』か『いいえ』しか使ってはならんと教えられたもんじゃ。それ以外の言葉を使おうものなら力道山の空手チョップばりの強烈なゲンコツが降ってきてのう。あれはほんに痛かった。しかも、『はい』と『いいえ』しか使ってはいかんと言っておきながら、『いいえ』と答えると、『おまえは、このわしに逆らうのか!その根性叩きなおしてくれるわ!!』と言ってやっぱり強烈なゲンコツなのじゃ。全くまいったもんじゃった。それでも、今の時代よりは比べようもない位に良かった。わしらの時代は良かった。ほんに良かったのう.....」


 などと、町内の老人会か何かで話題にされてしまう。こう見えても僕は、電車やバスに座っている時に近くに老人が立っていれば、そっとその場から立ち去ってさり気なく席を譲るし、エスカレーターに乗るのにタイミングがつかめず時間が掛かっていても、根気良く後ろで待ってあげているのだ。たった一回の失態で悪く言われてしまうのは、たとえ僕の耳にまで届かない場所で言っているのであっても、とても耐えられるものではない。


 「青い帽子について何か知っていることがあれば、教えてほしいのじゃが.....」


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  「青い帽子」(二)へ続く.....

2006年10月 9日 (月)

『超・殺人事件』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.22

このミステリーがすごい!」完全読破 No.22

 『超・殺人事件』 東野圭吾

   「このミス」2002年版 : 5位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「週刊文春ミステリーベスト10」 8位
              「本格ミステリ・ベスト10」 24位

   読始:2006.7.25 ~ 読終:2006.8.10

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本 <2004年4月>

超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
東野 圭吾

新潮社 2004-04
売り上げランキング : 7338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.06「名探偵の掟」が推理小説の内的要因(作品の中身)を皮肉った話なら、この作品は推理小説の外的要因(作品に携わる作者・編集者・評論家などなど)を皮肉った話なのです。もうこれを聞いただけですぐにでも読みたくなってしまいました。

 (後日追記 : この「内的要因」「外的要因」という言葉は、自分で考えたつもりでいたのですが、その後しばらくしてから「このミス」を見てみたら、丸っきり同じ言葉を使って説明されていました。つまり、意図したわけではないのですが、結果的には完全にパクリだったのです.....。)

 それでこれは短編集なのですが、読んでいて“星新一っぽいな”って思いましたね。または“ドラえもん!?”

 まず主人公が登場、そこに現実的にはありえない出来事が起き(または現実的にはありえない物が登場し)、主人公はそれを利用して大成功、しかし次第に副作用のようにマイナス面がクローズアップされてきて、最後にどんでん返しが.....。といった感じが、星新一のSFとかドラえもんなんかに似た感じだなと思ったのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、東野圭吾はこれで早くも3作品目。うち2作品が「名探偵の掟」と今作というコミカルなミステリなのですが、この手の“軽く読めるミステリ”ってのは貴重ですよね。軽く読めても「このミス」で上位に来るほど評価を受けているのですから、やっぱり実力あってこそ書けるのでしょう。

 そして今後に控える東野圭吾作品は、「白夜行」とNo.45「容疑者Xの献身」。どちらも今作とは打って変わっての大作なので、気持ちを切り替えてじっくりと読みたいと思います。まあ読むのはまだ先だと思いますが....。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


  【 “東野圭吾” 関連記事 】

  > No.873 「人魚の眠る家」
  > No.832 「ラプラスの魔女」
  > No.784 「マスカレード・イブ」

  > No.757 「虚ろな十字架」
  > No.720 「疾風ロンド」
  > No.690 「祈りの幕が下りる時」
  > No.655 「夢幻花」
  > No.598 「禁断の魔術 ガリレオ8」

  > No.580 「虚像の道化師 ガリレオ 7」
  > No.537 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
  > No.526 「歪笑小説」
  > No.479 「マスカレード・ホテル」
  > No.457 「真夏の方程式」

  > No.437 「麒麟の翼」
  > No.418 「鳥人計画」
  > No.377 「白銀ジャック」
  > No.342 「プラチナデータ」
  > No.285 「カッコウの卵は誰のもの」

  > No.266 「魔球」
  > No.236 「新参者」
  > No.184 「パラドックス13」
  > No.130 「聖女の救済」
  > No.085 「流星の絆」

  > No.053 「赤い指」
  > No.045 「容疑者Xの献身」
  > No.022 「超・殺人事件」
  > No.010 「秘密」
  > No.006 「名探偵の掟」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「ホワイトアウト」 真保裕一

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ