サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月22日 (金)

『重力ピエロ』 伊坂幸太郎 > 「このミス」完全読破 No.21

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.21

 『重力ピエロ』 伊坂幸太郎

   「このミス」2004年版 : 3位

   受賞(候補) : (「日本推理作家協会賞」候補)
            (「直木三十五賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「キノベス」 3位
               「週刊文春ミステリーベスト10」 4位
               「本屋大賞」 5位
               「本格ミステリ・ベスト10」 21位

   読始:2006.8.3 ~ 読終:2006.8.4

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本 <2006年6月>

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎

新潮社 2006-06
売り上げランキング : 1098

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 作品が続々と映画化されるなど最近勢いに乗っている伊坂幸太郎の、出世作とも言うべき作品です。

 この作品の内容・テーマは物凄~く重~いもので、書き方によっては暗く陰鬱な作品になるであろう、というか、ほとんどの場合がそういった作品になってしまうであろう内容なのです。

 しかし、その当事者である登場人物達はとても前向きであり、交わされる会話もユーモアに溢れた粋なものであり、そして作品全体を支配する文体がもう軽々としているのです。

 この“重い内容・テーマ”と“軽い文体・登場人物”が全く正反対な対比であることで、“重い内容・テーマ”はより重さを実感することが出来るようになり、“軽い文体・登場人物”もより軽さを感じることができるんですよね。

 そして読んでいくと“重さ”は“軽さ”に中和されていき、最後には重さなど吹き飛ばして“爽快な軽さ”が心の中に充満していくのです。

 もうこれはこの作者の“技”ですよね。重量感の絶妙なバランスがこの作品の魅力を十分に引き出していると思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、この作品を読んでみて、なんか自分の中では村上春樹を初めて読んだ時のような衝撃がありました。

 でも衝撃というよりも、“あっ、これだ”って感じで、自分の住むべき家を見つけたような感覚でしょうか。

 まだこの一作しか読んでないのでわからないのですが、この作者が作品に醸し出す雰囲気が、自然に自分の中に浸透してゆく感じなのですよね。

 この作品世界の中に一時でも浸り込めたことをとても嬉しく感じることができた作品でした。

 「ミステリ」的要素で言えば他の作者の作品の方が“凄いな~”と思えるものが多かったですが、「小説」と見たらやっぱりこの作品が自分の中ではダントツの1位でしたね。

 ただそうやって思い入れが強くなると、その良さを伝えられるよう感想を書こうと思っても全然上手く書けないのです....。

 “あ~自分も上手く文章書けるようになりたいな~”と思ってしまいますね....。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★★★★ ★★★☆☆


  【 “伊坂幸太郎” 関連記事 】

  > No.809 「火星に住むつもりかい?」
  > No.794 「キャプテンサンダーボルト」
  > No.732 「首折り男のための協奏曲」

  > No.695 「ガソリン生活」
  > No.672 「死神の浮力」
  > No.627 「死神の精度」
  > No.618 「残り全部バケーション」
  > No.612 「夜の国のクーパー」

  > No.528 「PK」
  > No.384 「マリアビートル」
  > No.381 「グラスホッパー」
  > No.367 「バイバイ、ブラックバード」
  > No.312 「蝦蟇倉市事件 1」

  > No.310 「オー! ファーザー」
  > No.289 「SOSの猿」
  > No.125 「ゴールデンスランバー」
  > No.084 「アヒルと鴨のコインロッカー」
  > No.021 「重力ピエロ」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「超・殺人事件」 東野圭吾

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2006年9月 1日 (金)

『セント・メリーのリボン』 稲見一良 > 「このミス」完全読破 No.20

このミステリーがすごい!」完全読破 No.20

 『セント・メリーのリボン』 稲見一良

   「このミス」1994年版 : 3位

   受賞(候補) : 「日本冒険小説協会大賞(最優秀短編賞)」受賞

   総合ランキング : 「「このミス」20年のベスト・オブ・ベスト」 25位

   年度ランキング :

   読始:2006.7.31 ~ 読終:2006.8.2

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本(光文社文庫) <2006年3月>

セント・メリーのリボン (光文社文庫)セント・メリーのリボン (光文社文庫)
稲見 一良

光文社 2006-03-14
売り上げランキング : 147276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今から13年も前に3位に入った作品なのですが、今年発売された『この文庫本がすごい!』で2位に入っているので、長~く読み継がれている良作品ということですね。

 これは、「男の贈り物」をテーマとした幾つかの短編で出来ている作品です。

 やはりこのテーマだけあって、渋い男の世界が全編に渡って繰り広げられていますね。

 特に表題作なんかは、絵に描いたような“渋い男”が主人公で、なんとも格好良いです。

 ただこのような“男くさい”作品ではありますが、テーマが男の“贈り物”ということから想像できるように、各話でちょっとした“贈り物”、イコールちょっとした“感動”が用意されているわけです。

 その感動というのも、やっぱりテーマからして“男くさい”のですが、それでかえって感動が押し付けがましい感じがなくて、いわば「さわやかな渋さ」からくる感動なのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、決して“大感動”させられる話ではないのですが、地味で渋くてさりげなくはありながらも、じわりじわりと心に染みる作品の数々。

 この「さわやかな渋さ」は味わってみて損はないと思いますよ。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「重力ピエロ」 伊坂幸太郎

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ