サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月26日 (月)

『キッド・ピストルズの妄想』 山口雅也 > 「このミス」完全読破 No.15

このミステリーがすごい!」完全読破 No.15

 『キッド・ピストルズの妄想』 山口雅也

   「このミス」1994年版 : 2位

   受賞(候補) :

   総合ランキング : 「本格ミステリ・ベスト100」 32位
              「短編ミステリ・オールタイムベスト(国内編)」
                36位作品 『永劫の庭』 収録

   年度ランキング : 「週刊文春ミステリーベスト10」 8位

   読始:2006.5.16 ~ 読終:2006.5.24

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本 <2000年4月>

キッド・ピストルズの妄想―パンク=マザーグースの事件簿 (創元推理文庫)キッド・ピストルズの妄想―パンク=マザーグースの事件簿 (創元推理文庫)
山口 雅也

東京創元社 2000-04
売り上げランキング : 261670

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.80「キッド・ピストルズの冒涜」 「13人目の探偵士」に続くシリーズ3作目なので、まずは前2作から読んでみようと思いましたが、やっぱり1冊ならまだしも2冊も前菜があるとお腹一杯になっちゃいそうなので、いきなり本作に突入することとなりました。

 パンクロッカーな“キッドとピンク”のカップル刑事がパラレル英国で大暴れする話なのですが、この主役達といい、脇を固める俳優陣といい、登場人物がいずれも漫画チックなほどに個性的なのが良かったですね。ホントにそのまま漫画の原作として使えそうで。視覚的インパクトが増す分、結構上手くいきそうだと思うんですけど。

 そしてこの作品は中編3作で構成されているのですが、それぞれで、重力・遺伝子・庭園についての専門的なウンチクが披露されています。

 これが物語の基盤となっているわけですが、新たに知る知識に興味深く読めたり、また一方では先のストーリーが気になってしまって長い専門的説明がうざったくなってしまったりと、自分には一長一短でしたね。

 でもこの基盤があったからこそ、漫画チックなパラレル英国の世界がよりリアルな舞台に感じられるのだとも思うのですが。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まあとにかくキャラ好きな自分にとってはとても楽しめました。ダンプリー博士なんかとくに魅力的ですし。

 だからなお一層漫画として読んでみたいな~なんて思ってしまうのです..........。“荒木飛呂彦・画”なら文句ナシなのですが。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


  【 “山口雅也”関連記事 】

  > No.971 「落語魅捨理全集 坊主の愉しみ
  > No.777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」
  > No.604 「謎の謎その他の謎」
  > No.489 「狩場最悪の航海記」
  > No.128 「キッド・ピストルズの最低の帰還」

  > No.109 「モンスターズ」
  > No.080 「キッド・ピストルズの冒涜」
  > No.051 「生ける屍の死」
  > No.028 「ミステリーズ」
  > No.015 「キッド・ピストルズの妄想」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「ハサミ男」 殊能将之

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2006年6月 8日 (木)

『砂のクロニクル』 船戸与一 > 「このミス」完全読破 No.14

このミステリーがすごい!」完全読破 No.14

 『砂のクロニクル』 船戸与一

   「このミス」1993年版 : 1位

   受賞(候補) : 「日本冒険小説協会大賞」受賞
            「山本周五郎賞」受賞

   総合ランキング : 「「このミス」が選ぶ過去10年のベスト20」 17位
               「「このミス」20年のベスト・オブ・ベスト」 22位

   年度ランキング :

   読始:2006.4.26 ~ 読終:2006.5.12

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本(新潮文庫/上・下) <1994年11月>

砂のクロニクル 上 (小学館文庫)砂のクロニクル 上 (小学館文庫)
船戸 与一

小学館 2014-05-08
売り上げランキング : 307639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 とにかく“濃い”作品でしたねェ。舞台が“中東”というだけでもう“濃さ”が想像できてしまうのですが、登場人物もストーリーもとにかく“濃”くて。

 でも別にイヤな“濃さ”ではなくて、「う~ん、この“濃さ”がたまんないんだよな~」という“癖になる濃さ”なんですよね。自分の人生じゃ絶対に生経験出来なさそうな“濃さ”でもあるし。

 だから読んでる時にはこの“濃い世界”にどっぷりと浸かってしまいました........。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 実は「このミス」の歴代ベスト3に4作品入っているのはこの作者だけなんですよね(この記事を書いている2006年時点で)。だから最低でもあと3回もこんな“濃い世界”を堪能できるってことなのです。

 とっても楽しみなんですが、やっぱりその“濃さ”ゆえ、少し間をあけないとキツそうですかねェ......。
.
.
.
  > 個人的評価 : ★★☆☆☆ ☆☆☆☆☆


  【 “船戸与一” 関連記事 】

  > No.443 「炎 流れる彼方」
  > No.031 「伝説なき地」
  > No.014 「砂のクロニクル」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「キッド・ピストルズの妄想」 山口雅也

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ