サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『GOTH リストカット事件(夜の章、僕の章)』 乙一 > 「このミス」完全読破 No.09 | トップページ | 『黒い家』 貴志祐介 > 「このミス」完全読破 No.12 »

2006年4月27日 (木)

『そして夜は甦る』 原尞(りょう) > 「このミス」完全読破 No.11

このミステリーがすごい!」完全読破 No.11

 『そして夜は甦る』 原尞(りょう)

   「このミス」1988年 : 2位

   受賞(候補) : (「山本周五郎賞」候補)

   総合ランキング : 「「このミス」が選ぶ過去10年のベスト20」 13位
              「「このミス」20年のベスト・オブ・ベスト」 28位
              「本格ミステリ・ベスト100」 68位

   年度ランキング : 「週刊文春ミステリーベスト10」 7位

   読始:2006.4.18 ~ 読終:2006.4.20

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本 <1995年4月>

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))
原 りょう

早川書房 1995-04
売り上げランキング : 153446

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~>

 本来なら次はNo.10「秘密」東野圭吾なのですが、書きたいことが多いのにそれを上手く書けずに時間が掛かってしまいそうなので、まあこれはまとまりそうになったら順番関係なく書いてみたいと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さてさて、本当はこの“このミス完全読破”はだいたい1998年以降の作品を読んでいこうと思ってたんですね。手広くしても読みきれないと思って。だけどなんだか思ってたより読破ペースが速かったんで、そんならばってことで「このミス」創刊号にまで範囲を広げることとなったのです。

 それで今回のが、記念すべき創刊号の1位、ではないけど、創刊号の2位を飾った作品なのです!

 というわけで、この作品が発表されたのは、なんと今から18年も前の1988年なのです。なんと自分が小学生の時!!ホント時代を感じてしまいます......。

 “時代を感じる”というと、ミステリ小説の中で一番時代を感じさせるものといえば、“連絡手段”だと思うのです。仲間内での連絡だったり、犯人とのやり取りだったり。ミステリ小説では大事な部分ですよね。

 今の時代であれば、携帯電話で簡単に電話でもメールでもいつでもどこでも出来てしまうのですが、たとえばNo.08「マークスの山」高山薫では、主な連絡手段は“ポケベル”なのです。なのでその場では“至急連絡求ム”というのを伝えるのみしかできず、折り返しの電話が掛かってきてやっとのことで用件を伝えられるわけです。面倒くさいですねェ。

 ところがこんなのは甘い甘い。18年も前のこの作品で重要な連絡手段となっているのは、“電話応答サービス”なるものなのです。これはあんまりよくわからないのですが、電話が掛かってきて留守だった時にこの“電話応答サービス”に転送されるのか直接自分で掛けてもらうかして、そこでオペレーターに伝言する、というものなのです。これまた一段と面倒くさいですねェ。携帯電話のありがたさを物凄く感じてしまいます。

 このように、“ミステリ小説”というのは、“連絡手段”によってそれぞれの時代が色濃く反映されされるわけなのです。まあこれは“ミステリ小説”に限ったことではないけれど、やはりジャンルの特色からして“通信手段”反映度は他ジャンルを圧倒してるんじゃないですかね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そんで肝心の作品の感想なのですが.......。

 実は今この文章を書いてる時点で、この作品の後すでに2冊読み終えていて、現在3冊目の真っ最中ということもあって、ほとんど印象に残ってないんですよね........。

 しかも、この作品の前に読んだのが、個人的に内容に思い入れ強過ぎて簡単な感想書くことさえ難しい状態の『秘密』だったし、この作品の後に読んだのが、超衝撃的な『黒い家』だったので、破壊力抜群な作品に挟まれてしまったため、ほとんど印象に残ってないんですよね........。

 でも、これを読み終えた後に、この探偵さんが再度活躍する1989年1位の『私が殺した少女』を読むのが楽しみになってたので、面白かったのは間違いないのですけど。

 ただやっぱり読む順番のせいで.........。

 あとこの作者の名前「リョウ(尞)」って登録されてないんですねェ。見た感じだと普通にありそうに思っちゃうんだけど.......。


  > 個人的評価 : ★★☆☆☆ ☆☆☆☆☆


  【 “原尞(りょう)”関連記事 】

  > No.1009 「それまでの明日」
  > No.0777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」

  > No.0351 「愚か者死すべし」
  > No.0321 「さらば長き眠り」
  > No.0260 「天使たちの探偵」
  > No.0135 「私が殺した少女」
  > No.0011 「そして夜は甦る」


  NEXT MYSTERY ⇒⇒⇒⇒ 「黒い家」 貴志祐介

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 『GOTH リストカット事件(夜の章、僕の章)』 乙一 > 「このミス」完全読破 No.09 | トップページ | 『黒い家』 貴志祐介 > 「このミス」完全読破 No.12 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ